2019年9月29日 更新

フィアットから限定500/500C 120th Tuxedoが発売!

フィアットが、120周年記念限定モデル第二段となる500/500C 120th Tuxedoを9/19から285台限定で販売開始しました。モデル名にもなっているタキシードにちなみ、フォーマルな中に華やかさを表現したモデルになっていそうです。同モデルをご紹介します。

フィアットから限定500/500C 120th Tuxedoが発売!

フィアット 限定500/500C 120th Tuxedoの概要等

FCAジャパンは、「Fiat 500/500C」(フィアット・チンクエチェント/チンクエチェント・シー)モデルにブランド創業120周年を祝う限定車の第二弾作品として、「500/500C 120th Tuxedo」(ワンハンドレッド・トゥウェンティース・タキシード)モデルを設定して、2019年9月19日から、合計285台限定で販売開始しました。

販売台数は、500 120th タキシードは限定185台、500C 120th タキシードは限定100台です。価格は2,641,091円~2,837,455円(消費税8%含む)となっています。

同限定モデルは、装備が充実した1200㏄エンジン搭載モデル「1.2 Lounge」をベースにしていて、バイキセノンヘッドライトやフルオートエアコン、Beats オーディオシステム(500のみ)、リアパーキングセンサー、ガラスルーフ(500のみ)などを標準装備しています。
 (66653)

フィアット 限定500/500C 120th Tuxedoの特徴等

フィアット120周年を記念して登場させたのが、「500/500C 120th Tuxedo」となっています。モノトーンカラーでエレガントに彩られたボディカラーが、最大のポイントです。足元を艶やかに飾るブロンズのアルミホイールは、華やかな存在となっていて、ボルドーアクセントが入ったシートやブラックのインストルメントパネルは、上質なインテリア空間を演出しています。

伝統と文化に、120年間にわたる感性の調和が生み出すフォーマルな装いが、華やかなドライビングシーンへと導いてくれて、まさにフォーマルなタキシードをオマージュしているのではないでしょうか。

500/500C 120thTuxedoは 、フォーマルな場で着用するタキシードにインスピレーション受けたことで、ドレッシィな装いをエクステリアや内装カラーリングで表現し、タキシードは、モデル名にもなっていますね。

同限定車は、3層仕上げのエクステリアパールペイントとなるアイスホワイトをベースに、ルーフならびにピラー、ドアミラーをブラック仕上げとしたビコローレ(2トーン)のボディカラーがポイントです。通常のビコローレとは違い、各ピラーの付け根の部分から色が切り替わる特別なカラーリングに仕上げています。

 (66654)

フィアット 限定500/500C 120th Tuxedoの特別装備等

16インチ 24スポーク Xデザインブロンズ アルミホイールに195/45R16のタイヤがチョイスされています。アクセントカラーとなるブロンズのクロスメッシュデザインを採用した専用16インチアルミホイールですね。

120周年記念エクステリアバッジは、120周年記念バッが神々しく輝いていて、上質な雰囲気に仕上がっています。このモデルが、120周年モデルであることをワンポイントで表現しています。
 (66655)

タキシード専用インストルメントパネル(ブラック)にTFTメータークラスター(ECOインジケーター付)ブラックが採用され、さらに縦ストライプを特徴とする専用ファブリックシートによって、通常モデルとは一味違うブラックを基調としたシックな雰囲気となっています。

Beats Audio プレミアムサウンドシステムは、米国人気ミュージシャンであるドクター・ドレが開発したBeatsAudioです。 楽曲を手がけたアーティストが意図した通りのサウンドを奏でる高音質スピーカーを7基(サブウーハー含む)配置しています。440Wの大出力で上質なサウンドとなっています。
 (66656)

フィアット 限定500/500C 120th TuxedoをARISAKが表現

フィアット120年の歴史を表現して「500 120th TUXEDO」が企画されています。華やかさと艶やかさ、そして気品を表現したモデルです。ARISAKは、同モデルをシャッターを切るたびに写し出される、過去と未来の絶妙な対話という形で撮影しているようです。またイタリアと日本の伝統文化の共演をコンセプトに、この限定モデルを映し出して行こうともしていますね。

ARISAKとは、
フィギュアスケートを10年行っていたことからインスパイアされたことで、表現の一部として写真を撮り続けているアーティストです。彼女は、アートディレクションも手がけ、独自のDARK FANTASYスタイルで雑誌や広告など活動しています。実は故フランキー堺が祖父でもあります。

VOGUE ITALIA写真審査サイト”PHOTO VOGUE”にて審査通過されたポートフォリオを展開し、VOGUE JAPAN 2018年10月号にて若手アーティスト10人に選ばれた、現在注目の写真家です。
 (66657)

フィアット 限定500/500C 120th Tuxedoのプレゼントキャンペーン

日本とイタリア、2つの国の感性を堪能できる豪華プレゼントが当たる企画がスタートしています。応募方法は、欲しいプレゼントを選んでTwitterで投稿するだけという簡単なシステムです。

応募条件
・応募時点で、満18歳以上の方で日本国内にお住まいの方となっています。
・応募は、おひとり様につき1回限りです(複数回のお申し込みは無効です)。
・当選の権利を金銭その他の物品と交換することはできません。また、第三者に譲渡することもできません。
・FCAジャパン株式会社の社員および関係者は応募できません。

・当選発表について
①当選者の発表は、2019年11月下旬以降の賞品発送をもってかえさせていただきます。
②応募内容に誤りがあった場合、当選が無効となりますのでご注意ください(メールアドレス、住所・電話番号の不備によりご連絡できない場合は、当選が無効になります)。
応募期間は、2019年9月19日(木)-10月31日(木)です。

折角のプレゼントキャンペーンとなっていて、比較的応募もしやすい形式ですので、ご興味のある方は、応募だけでもしてみては如何でしょうか。
 (66663)

まとめ

フィアット120周年記念モデル 第二弾として500/500C 120th Tuxedoが販売開始になりました。第一弾は、9/7から販売開始になっている500 Super Pop Centoventiです。フィアットは、120周年記念を全面に押し出していると言えますね。同モデルに興味のある方は、店頭に見に行くのが良いでしょう。
20 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me