2019年10月20日 更新

かっ飛びSUV!三菱エアトレックターボRは速い!

SUV流行りの今、「豪華なSUV」や「オフロード風味強めのSUV」は数あれど、「速いSUV」は国産車では少ないのではないのでしょうか。そもそもSUVとは「Sport Utility Vehicle=スポーツ多目的車」の略であり、スポーツと言ったらやはり速さが必要でしょう。クルマにおいて速さ=ターボだと筆者は思っているので、今回紹介するクルマはSUVの定義にピッタリです!

かっ飛びSUV!三菱エアトレックターボRは速い!

どんなクルマ?

エアトレック(三菱)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット】 (67875)

三菱エアトレックは2001年1月にデビューしましたが、ターボRは2002年6月のマイナーチェンジ時に追加されました。

このクルマは一言で言えば、ランサーセディアワゴンの車高を上げ、ランエボ譲りの4WDシステムを組み込んだものです。日常からレジャーまで、オンロードからオフロードまで難なくこなすオールラウンダーなクルマです。

元々は2.0Lか2.4Lの直4NAエンジンを積んでいましたが、ターボRにはランエボ譲りの4G63ターボが載っています。

フォレスターやエクストレイルのターボモデルに比肩するためのグレードかと思いきや、ハイパワーではなく新ジャンルを追求するためのターボということで、穏やかな特性に仕上げられているようです。

ノーマルグレードとは外観もインテリアも差別化が図られていますが、エボリューション的なエアロが与えられているわけではありません。

やはり、走りの性能だけが突出していない新たなジャンルのクルマということですね。

スペック

MITSUBISHI LANCER EVO 5 CP9A 4G63 ENGINE - JDMDistro - Buy JDM Parts Online Worldwide Shipping (67874)

全長×全幅×全高:4,465mm×1,750mm×1,540mm
ホイールベース:2,625mm
最小回転半径:5.7m
車両重量:1,520kg
エンジン:4G63ターボ
出力:240ps/5,500rpm 35.0kg-m/2,500rpm
総排気量:1,997cc
燃料タンク容量:60L
トランスミッション:5速AT
駆動形式:フルタイム4WD
サスペンション:前マクファーソンストラット、後マルチリンク
ブレーキ:前ベンチレーテッドディスク、後ディスク
タイヤサイズ:215/60R16

このスペックでやはり目を引くのは「4G63ターボ」でしょう。ランエボ譲りのターボエンジンですが、前述の通り出力が抑えられ、低中速寄りのセッティングになっています。

実際に乗ってみると、狙い通り低中速のトルクが太くとても乗りやすいクルマに仕上がっています。少し多めにアクセルを踏み、2,500rpmのトルクのピークを越えたあたりからの伸びも実に快活です。

また足回りもノーマルに比べ強化されています。硬めのスポーツサスペンションが装備され、車高は10mmダウンしています。

加えてロアアームバーが装備されたり、ボディの補強も施されたりしており、剛性はノーマル比30%増となっているそうです。

エクステリア

エアトレック(三菱)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット】 (67876)

前後バンパー、グリル形状、ホイールのデザインがノーマルと異なるものが与えられていますが、そこまで派手なものではありません。

正直なところ、ターボRで一番目を引くのはボンネットのエアインレットでしょう。

新たなジャンルを追求するというコンセプトは大変に良いと思いますが、「エアトレックエボリューション」も見てみたかったなという気もします。

インテリア

エアトレック(三菱)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット】 (67877)

エクステリア同様、インテリアもターボR専用のものが2つ用意されています。

どちらもブラック基調で、カーボン調の「エモーショナルスポーツ」とブルー木目調の「エレガントスポーツ」ですが、正直エレガントスポーツはちょっとクセが強めと言うか、万人向けではないかなという気がします。

シートはさほどホールド性の良いものではありません。普通ならここにケチをつけたくなる所ですが、これは新たなジャンルのクルマで、走りを追求するモデルではないことを思い出しましょう。

ホールド性は今ひとつでも、その分乗り降りが楽なので普段使いに便利です。

まとめ

エアトレック(三菱)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット】 (67878)

エアトレックターボRは、走りをギンギンに追求したクルマではなく、普段クルマを使うシチュエーションに新たな価値を加えてくれるクルマでした。

他のターボを搭載したSUVとは違い、ターボの存在だけで売るクルマではないようですが、クルマ好きなら4G63ターボはどうしても意識してしまいますよね。

中古市場は今ほぼ底値のようで、5万km以下の個体が50万円弱で出ています。SUVが欲しい人はもちろんですが、4G63ターボを味わってみたい!という方にもオススメのクルマです。
15 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ミナト自動車㈲ ミナト自動車㈲