2018年12月16日 更新

マツダ CX-5のオススメカラーや上質なインテリアの仕組み

マツダのSUV「CX-5」という車をご存知でしょうか? 力強い存在感とスタイリッシュで街乗りに似合う近代的なデザインを持つ車です。 今回は、そのCX-5のオススメのカラーや上級感のあるインテリアについて詳しくご紹介していきたいと思います。

マツダ CX-5のオススメカラーや上質なインテリアの仕組み

CX-5のオススメカラー

【MAZDA】CX-5 アクセサリー - エアロパーツなど多彩なカスタマイズアイテム (52251)

マツダのアテンザを思い浮かべたのであれば、赤いボディカラーが印象的であることが分かります。
アテンザは赤いエクステリアがよく似合い、洗練されたデザインで他の車種とは異なった魅力的な雰囲気を漂わせています。
CX-5もアテンザと同様に、街乗りに良く似合うデザインであり、機能性がかなり高いです。
人が快適に過ごすためのワンランク上の機能や性能を持つ車がCX-5と言えます。
マツダの軽自動車を除く車には「匠塗 TAKUMINURI」という塗装技術が施されています。
この技術は、車をエネルギッシュに魅せて、濁りのない深みと艶感を実現させています。
光が反射して見える部分のハイライトはより明るく、影となるシェードはより暗くすることでデザインに磨きをかけています。
【MAZDA】CX-5 エクステリア・ボディカラー - 生命感あふれる魂動デザイン (52253)

CX-5の外観の色は8種類あります。
赤のイメージが強いCX-5ですが、人気の色は他にも存在しています。
3位となる色が「ジェットブラックマイカ」になります。
無難な色でもあり、漆黒感と鮮やかさが両立されています。
迷ったらこの色を選択するのも良いかと思います。
また、インテリアカラーとエクステリアカラーを上手く組み合わせて好みのデザインに仕上げるのも良いと思います。
そして2位がスノーフレイクホワイトパールマイカになります。
黒と同様にシンプルなカラーであり、スポーティーな印象も少し与えます。
最後に1位となる色はソウルレッドクリスタルメタリックになります。
赤いカラーはマツダのシンボルカラーとされていて、他の車種にはなかなか見られない個性的な色であると思います。
この色は特別色として有料オプション価格でも他の色も比べて高くなっています。
しかし、シンボルカラーであり、派手でも違和感を感じさせずに個性を出すことができる赤はとてもオススメです。

ラグジュアリー性の高いインテリアの秘密

【MAZDA】CX-5 アクセサリー - エアロパーツなど多彩なカスタマイズアイテム (52254)

CX-5の室内空間はゆとりがあり、シートの座り心地は良く、高級車に乗っているような感覚になります。
それは、マツダの車が人間の感覚に合わせたシート作りや室内空間を演出しているからなのです。
【MAZDA】CX-5 心地よい空間 - すべての乗員が楽しい時間を過ごせる室内空間 (52255)

CX-5のインテリアのシートはウレタンを採用しています。
これは、人間の下半身に合う作りに仕上げてあり、快適な座り心地を実感できるように作られています。
人が快適に気持ちよく座るための作りになっていることがマツダ車の特徴です。
そして、この座り心地の良いシートとラグジュアリー性を感じさせる室内空間は、乗る人をとても楽しくさせます。
また、このシートは長距離向けに作られているので、低燃費なグレードを選ぶことでこの車の魅力が発揮できることが分かります。
【MAZDA】CX-5 心地よい空間 - すべての乗員が楽しい時間を過ごせる室内空間 (52256)

更に、上位グレードでは、人がシートに座った際に熱などを吸収するフロントシートを採用しています。
夏場などで、熱こもりを吸収しやすい機能はかなり便利であると思います。
ましてや、SUVであることからアウトドアで長距離移動をする目的に使用する方が多いと思いますので、このシートは最適だと思います。
更に、シートの熱吸い出し口を広範囲に広げることで局所的な冷え防止にも注力しています。

CX-5が長距離運転に向いている理由はここにもあった!

【MAZDA】CX-5 アクセサリー - エアロパーツなど多彩なカスタマイズアイテム (52257)

長時間運転をしていると脚が疲れやすくなると思います。
信号待ちなどでブレーキを踏みながら片脚を休めながら運転していませんか?疲れはなかなか取れないと思います。
しかし、CX-5であればその不満をボタン1つ押すだけで解決できるのです。
CX-5には電動パーキングブレーキが付いていて、オートホールドボタンを1度押せば、それ以降は停車時にブレーキを踏まずにブレーキ状態を保持できます。
人のために作られた快適なシートや機能、SUVらしい走りを持った車であることが分かります。

まとめ

このCX-5という車は長距離運転に向いています。現行型のCX-5にはディーゼルモデルも存在し、低燃費による走行と上質なインテリアのシートによる快適な長距離運転を可能にしています。
更に、SUVであるCX-5は街乗りにも向いているデザインを持ち、4WD駆動によりあらゆる路面において心強い走りを実現してくれます。
CX-5の4WD機能はi-ACTIV AWDという2WDと4WDを積極的に自動制御をして走りを充実させる機能となっています。
先進的なSUVに合う、まさに先進的な駆動切替技術と言えます。
車が路面の状況を検知し、前輪が滑りやすい状態にある時に自動で制御するのです。
ディーゼルモデルの4WD仕様であれば、走行性能に関して言えば他の車種よりもワンランク上と言えます。
21 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

tatsuyantyan tatsuyantyan