2018年9月11日 更新

60周年記念としてスバル レガシーアウトバックX-BREAKが新発売!実は非常にお買い得なモデルではないでしょうか???

今回は、60周年記念車としてレガシーアウトバックにて特別仕様車が設定されました。いろいろな特別装備が付いていながら、実はベースモデルより価格がお安くなっていると言うお買い得なモデルといえるのではないでしょうか???

60周年記念としてスバル レガシーアウトバックX-BREAKが新発売!実は非常にお買い得なモデルではないでしょうか???

スバル レガシーアウトバックX-BREAKのコンセプトは???

コンセプトは、「人生を贅沢に愉しむ人へ」向けた特別仕様モデル

明け方の海へ向かって駆ける。思考をフラットにして、自分だけの時間を心から味わうことの出来る人に向けたモデルとの事。なによりも贅沢を感じる瞬間を歓び、愛すべきかけがえのないパートナーと分かち合うことの出来る空間を演出しているのでしょう。

アウトバック X-BREAKとは、上質とアクティブを調和させた、唯一無二の存在となることを大事に、クルマとともに人生を愉しむ人に向けた、またはなった欲しいと願うスバルからお届け。

スバルアウトバックったどんなクルマでしょうか???

初代は、アメリカではアウトバックとして、日本では、元々スバルレガシーグランドワゴンやランカスターと言う名称で販売。当時のカテゴリーとしては、レガシーのグランドワゴン的な存在。

2代目は、日本ではレガシーランカスターとして販売がスタート。当時のレガシーのセダン・ワゴン共用デザイン等でなく、ワゴン専用モデルとなっていたのがポイント。

世界共通の名称として使われていた「アウトバック」に日本も統一された3代目。この頃から、環境性能等への配慮もされており、ハイオクガソリンではなくレギュラーガソリン仕様というモデルが販売されていました。このモデルから四輪駆動システムがSymmetrical AWD(シンメトリカルAWD)となっており、スバルの四駆技術が全面に押し出されてもいますね。

2009年から販売開始の4代目は、パワートレイン等の変更は無かったのですが、同じエンジンでも内容をアップデートしたことで、軽量化やフリクションロス低減を行っておりました。このモデルのマイナーチェンジでは、スバルの安全技術であるアイサイトも搭載されておりました。

2014年発売の5代目(米国名)アウトバックは、現行型となります。このモデルでは、レガシーがセダンのみとなり、アウトバックがワゴンという区分けになりました。ステアリングは、電動高出力性能のコントロールユニットを内蔵したパワーステアリングを採用しました。

ブレーキは、高応答性ブースターを新採用するなど、応答性、コントロール性をさらに向上。駆動系では、アクティブトルクスプリットAWDだけでなく、特に滑りやすい路面などで、エンジン・駆動力・ブレーキなどを総合的に制御して、悪路走破性を高めるX-MODEを新採用もしています。

このモデルにて、大人の風格を漂わせながらも、ワクワクする特別仕様車が発売開始との事。このモデルを追いかけてみます!
 (42546)

スバル レガシーアウトバックX-BREAKの特別装備内容等

磨き抜かれた洗練のスタイルと洗練されたブラックが引き締めるデザインとカラーとなっている様です。このエクステリアに映えるイエローグリーンのアクセントが、このモデルを更にアップデートしていますね。丹精でありながらヤンチャな感が顔をのぞかせているのではないでしょうか?!

・フロントグリル(ピアノブラック調&ラスターブラック塗装+イエローグリーン加飾)
・フロント&リヤドア・サイドクラッディング「フロントはOUTBACK ロゴ入り(イエローグリーン)」
・18インチアルミホイール(ダークメタリック塗装)
 (42547)

ボディーラインを更に引き締めるであろうブラックカラードドアミラーも特別装備
 (42548)

落ち着いた印象とマッド感を引き立たせるOUTBACKリヤオーナメント/シンメトリカルAWDリヤオーナメント(ラスターブラック)

エクステリアカラーは
クリスタルホワイト・パール
マグネタイトグレー・メタリック
クリスタルブラック・シリカ
ダークブルー・パール
ワイルドネスグリーン・メタリック
全五色をラインアップ。
 (42549)

スバル レガシーアウトバックX-BREAKの内装等

ドアを開けたら鮮やかなイエローグリーンステッチが目を引くとの事。磨き抜かれた上質でスタイリッシュな空間の中に遊び心が目を覚ますことでしょう!心地よい大人のクオリティと洗練された空間が広がるモデルと仕上がっているのではないでしょうか?!

 (42550)

メタルメッシュ+ブラック塗装加飾パネル(インパネ、ドアパネル)に撥水ファブリック/合成皮革シート(グレー/グレー&ブラック、イエローグリーンステッチ)
 (42551)

傷つきづらいカーゴフロアボード(ラゲッジスムーザー機能付)に、夜でも安心の機能としてフロント&リヤドア・プルハンドル照明(X-BREAK用ホワイト)
 (42552)

大型マルチインフォメーションディスプレイ付メーター(X-BREAK用ホワイトリング照明付)を特別装備に!これで見たいものを更に楽に視野に納めることが可能に。
 (42553)

スバル レガシーアウトバックX-BREAKのパワートレイン等

エンジン 2500cc DOHC
駆動方式 AWD(常時全輪駆動)
トランスミッション リニアトロニック
最高出力 175PS/5800rpm
最大トルク 24.0kgf・m/4000rpm
燃費(国土交通省審査値) JC08モード 14.8km/L

まとめ

この特別仕様モデルは、3,402,000円(税込み)となっております。実は筆者も驚いているのですが、このモデルのベース車は、LEGACY OUTBACK Limitedととの事?!、と言うことは3,564,000円がベース車となっているので、大変お買い得である・・・実質の安下げになっているのではないでしょうか???
 (42569)

24 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me