2018年10月16日 更新

フィアット500Xが、マイナーチェンジを迎えそう!!!フロントデザイン・リアデザイン等が大きく変更に!

イタリア発のクロスオーバーSUVである500Xが、待望のマイナーチェンジを迎えそうです。内外装をアップデートしているとの事。このモデル詳細を検証してみます。

フィアット500Xが、マイナーチェンジを迎えそう!!!フロントデザイン・リアデザイン等が大きく変更に!

新型フィアット500Xのエクステリア等

フロントビュー

新型画像

 (47602)

実は、先日筆者は、80台限定の500Xエクストリームの記事を書きました。その中でももしかしたら、そろそろモデルチェンジもあるかもと記載しました。そんなことを言っていたら、、、モデルチェンジ情報が入ってきちゃいました!!!

フロント部分での最大の変更点は、ヘッドライトモジュールの大幅な変更。ランニングライト部分が刷新されているのが伺えますね。併せてフォグランプデザインの変更も行われ、シュッとした印象に。

500Xの特徴でもあるバンパーに組み込まれているフロントディフェーザーも意匠変更されており、スッキリした雰囲気にバージョンアップしているのではないでしょうか?さらにフィアットエンブレムを中心に左右に伸びるクロムカラーのウィング形状が、細くなってもいますね。

現行型画像

 (46972)

サイドから見た印象としては、大きなデザイン偏光が内容に思われます。このモデルが、マイナーチェンジであることが伺える部分ですね。

新型500Xは、アーバン、シティークロス、クロスプラスの3つのグレードと3つのガソリンエンジンが用意されている模様。ユーザーは、新色トリコートアイボリー、メタリックブルーイタリア、テクノグリーンなど14種類のカラーから選択可能に。

グレードによる差異

①アーバン
LED DRLとリア・ライト
16インチアロイホイール
テクノレザー・ステアリングホイール
Apple Car PlayとAndroid Auto7インチUconnect
ダブルUSBポート
エアコン
クルーズコントロール
電動パーキングブレーキ
60/40スプリットリアシート
交通標識認識とインテリジェントスピードアシスト
レーンアシストシステム
6つのエアバッグ
電子安定性制御(ESC)

②シティークロス
フロントフォグライト
3.5インチカラーTFTモニター
自動気温コントロールエアコン
リアパーキングセンサー
17インチのアロイホイール
サテンクロームインサート
ボディカラー同色ドアミラー

③クロスプラス
LEDヘッドライト
18インチアロイホイール
ルーフバー
プライバシーリアウィンドウ
Parkviewのリアパーキングカメラ
夕暮れセンサー
フロントアームレスト
7インチのタッチスクリーンにTomTomナビゲーション

現行型では、ポップスター・ポップスタープラス・クロスプラスとなっておりますので、最上位モデルのクロスプラス以外は、日本でもグレード名変更になるやも知れませんね・・・。
 (47603)

新型画像

 (47604)

リア部分での大きな変更点は、テールライトの大幅なデザイン変更ではないでしょうか?リアの印象を1番替える部分が、テールライトですよね?!このデザインが大幅に変わるということは、印象も大きく変わることでしょう!

さらにリアのディフェーザーデザインも大きく押し出しの強いデザインになっており、クロスオーバーSUVであることを強調している部分。

現行型画像

 (46973)

16インチ・17インチと18インチのホイールが用意されているとの事。

アーバンでは、16インチアロイホイールを採用
シティークロスでは、17インチアロイホイールを採用
クロスプラスでは、18インチアロイホイールを採用
 (47605)

新型フィアット500Xの内装

すべてのグレードに、UconnectTM 7インチHD LIVEタッチスクリーンシステムが付属しています.AppleCarPlayインテグレーションとAndroid AutoTM互換性が標準装備されているとの事。
高解像度の7インチタッチスクリーン
Bluetoothハンズフリー
インターフェイス
オーディオストリーミング
テキストリーダーと音声認識機能
iPodの統合機
能を備えたAuxとUSBポート
ステアリングホイールのコントロール
を標準装備。

新型では、ファブリックカラーの選択、座席の幅広い設定とゆったりとしたブーツで7種類の構成から選択できる模様です。

おなじみの3つの円形要素で配列されたメーター周りは継承されていますね。スピードメーターとタコメーターが付いた2つのアナログダイヤルがサイドに配置され、中央の3.5インチTFTディスプレイがドライバーに重要な情報を提供する仕組み。
 (47606)

新型フィアット500Xのパワートレイン

1000㏄3気筒エンジンは、120HPと190Nmを発生、6速マニュアルミッションとの事。1300㏄4気筒エンジンでは、150HPと270Nmを発生、6速デュアルクラッチオートマを採用しているようです。

さらに、本国仕様になるかもしれませんが、1000㏄3気筒バージョンで、110HP発生+6速マニュアルミッションの設定が行われるとの事。ユーロ6Dの公害低減基準を満たすようにして搭載。

現行型(日本国内)より10HPほど出力アップしていそうですね。排気量と出力のバランス等を筆者なりに見ていると、インタークーラーターボ付きにして若干出力を抑えて、キビキビ乗りやすく、落ち着いた運転ができるモデルといえるのではないでしょうか???

まとめ

日本に初めて500Xが導入されたのが2015年。このモデルも3年が経過しており、そろそろ何かしらの変更やアップデートがおこなわれることに期待も有ったのではないでしょうか?

本国では、£16.995からのスタートとの事です。日本円にすると250万円ほどとなっております。現行モデルが、2,927,000円からのスタートですので大きな価格変動が無い雰囲気ではないでしょうか!
23 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me