2018年7月23日 更新

新型アウディTTが2018年秋にモデルチェンジとの事!日本へも年末年始あたりに導入か???

現行型のアウディも登場して3年が経過しようとしております。同車がモデルチェンジするとの情報が入って来ました。このモデルのアップデートを考察してみます。

新型アウディTTが2018年秋にモデルチェンジとの事!日本へも年末年始あたりに導入か???

アウディTTってどんなクルマ?

初代TT

 (36961)

TTは、ドイツアウディの製造モデルであるが、フォルクスワーゲン・ゴルフをベースに仕上げた前輪駆動FFと4WDのスポーツカー。車名のTTは、イギリス・マン島で開催されていたレースイベント「ツーリスト・トロフィー」に由来しています。

1998年に登場したアウディTT。デザインテーマは、ドイツ系アメリカ人のフリーマン・トーマスによるもので、Audi DKW Monzaのオマージュという説が有力。円のモチーフをエクステリアだけでなくインテリアともに反復表現していることもポイント。

パワートレインは、1,800cc I4 ターボチャージャーと3,200cc VR6型エンジンを搭載し、ミッションは、5速MT・6速MT・6速DSGを組み合わせていました。

2代目は、2006年から販売開始。エクステリアは、初代TTのイメージを踏襲しながら、当時のアウディの特徴であるシングルフレームなどを取り入れた躍動感あふれるデザインへアップデート。

ASF(アウディ・スペースフレームテクノロジー)を採用したことによりボディの7割がアルミニウム製とし、ねじれ剛性は従来と比べてクーペは50%、ロードスターは120%アップし、同じプラットフォームのゴルフより100kg近くも軽量になっていました。

パワートレインは、1,800ccI4 筒内噴射 ターボ・2,000cc I4 筒内噴射 ターボ・2,500cc I5 筒内噴射 ターボ・3,200cc VR6型エンジン・2,000cc I4 噴射ポンプ ディーゼルという豊富なラインアップに。組み合わされたミッションは、6速MT・6速DSG・7速DSGへ。

現行型となる3代目は、2015年から販売開始。2000㏄直列4気筒DOHCエンジン インタークーラー付ターボチャージャー・2000㏄コモンレール式直噴ディーゼル(日本正規輸入なし)となり、ミッションは、6速 Stronicトランスミッションまたは、6速MT。

このモデルも3年が経過し、モデルチェンジを迎えるとの情報が入りました。このモデルの進化がどうなっているかを調査してみたいと思います。

2代目TT

https://www.goo-net.com (36962)

via https://www.goo-net.com

新型アウディTTのエクステリアデザイン

フロントビュー

 (37333)

今回のモデルチェンジで大きな変貌点、それはやはりバンパーやグリルデザイン。フロントには3次元のシングルフレームラジエーターグリルが装備され、大きなサイドエアーインレットは、基本バージョンでも幅を強調するデザインを採用しているとの事。

ヘッドライトデザインも進化をして、搭載されていることが伺えますね!外部デザイン及び内部モジュールも大きく変更されて搭載。

現行モデル

 (36963)

サイドビュー

今回のモデルチェンジは、サイドビューとしての変更点は、大きく感じられませんでした。マイナーチェンジの意味合いが大きいと言うことでしょう!
 (37334)

リアビュー

 (37335)

大きくデザイン変更されているのは、LEDモジュールのテールライトデザインではないでしょうか?!フロント同様にリアも変更されているでしょう!

現行モデル

https://www.audi.co.jp (36964)

via https://www.audi.co.jp
 (37336)

筆者はがいつも思うのですが、アウディのヘッドライトのデザインは、毎回進歩して搭載されているのではないでしょうか?

いつも斬新なLEDマトリックスが採用されていると思いませんか???

現行モデル

 (36969)

新型アウディTTの内装

 (37337)

現行モデル

現行モデルと比較して、やはり新型での大きな変貌はバーチャルコックピットの採用。12.3インチディスプレイにデジタル形式で表示。運転手は2つのモードを選択することが可能となっており、クラシック表示では、スピードメーターとタコメータが中心に表示される模様。

インフォテイメントモードでは、ナビゲーションマップなどのコンテンツが拡大表示。新しいスポーツディスプレイは、オプション設定となっている模様。

現行型同様に、スリムなインストルメントパネルは航空機の翼をモチーフにしてもいます。
 (36965)

新型アウディTTのパワートレインや安全装備は???

日本国内仕様では、1800㏄または2000㏄TFSI直列4気筒DOHCエンジン インタークーラー付ターボチャージャーの搭載となることは現行型と同様ではないでしょうか?6速マニュアルトランスミッションまたは7スピードデュアルクラッチトランスミッションのどちらかを選択。

スポーティーなサスペンションとクワトロドライブを可能にする足回り。プログレッシブステアリング、4リンクリアサスペンション、電子安定化制御などが標準装備。車輪選択トルク制御は、速いコーナリングで即作動へ、カーブの内側の無負荷車輪に対する正確なブレーキ介入も行われるようです。

安全装備では、
アウディサイドアシスト
車線逸脱警報システム
アウディアクティブレーンアシスト
車線変更アシストアシスト
周辺の表示とリアビューカメラ
を装備しているとの事。

1800㏄タイプ画像

 (37180)

まとめ

新モデルとなるアウディTTは、フルモデルというよりはマイナーチェンジと言う意味合いが強いと考えます。エクステリアデザインや内装関連をアップデートして、ヨーロッパ市場では2018年9月ごろから販売開始となりそうです。

日本への導入は、2018年末または年明けくらいではないでしょうか?!

35 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me