2018年11月13日 更新

ワンランク上の限定車500 Lusso(チンクエチェント ルッソ)が300台限定で登場!価格はお買い得な240万円

毎年いろいろな特別仕様モデルや限定モデルを多数展開しているフィアット500チンク!今回は、上品さと高級感をアップさせた限定モデルとなっているとの事。更には、ベースモデルよりもお買い得になっていると言ううわさも・・・。このモデルを検証してみます。

ワンランク上の限定車500 Lusso(チンクエチェント ルッソ)が300台限定で登場!価格はお買い得な240万円

限定車500 Lusso(チンクエチェント ルッソ)のコンセプト等

かわいさと上品さがあふれ出す、ワンランク上の限定車「500 Lusso(チンクエチェント ルッソ) 」。
イタリアの高級家具ブランドであるポルトローナ・フラウデザインのレザーシート、専用デザインの15インチ アルミホイール、クローム仕上げのエクステリアミラーハウジングを特別装備。
すべてが上質な500 Lussoといっしょに、贅沢気分を全身で味わってもらいたいとの願いから登場しているでしょう。

ベースモデルは、上級グレードとなる500 1.2 Lounge、通常は設定のないポルトローナ・フラウ社製のレザーシートや、アルミホイール、ドアミラーカバーなどの特別装備を採用したことで、より上品で高級感のある雰囲気を演出していますね。

Lusso(ルッソ)とは、イタリア語で贅沢や高級という意味との事。

FCAジャパンでは、Fiat 500(フィアット・チンクエチェント)の限定車「500 ルッソ」を2018年11月17日に300台限定で発売開始に。価格は240万円(税込)とのこと。

限定車500 Lusso(チンクエチェント ルッソ)のデザインや装備

 (50393)

ボディカラーは、
①ミントグリーン(シートカラー:ブラウン)
②ボサノバ ホワイト(シートカラー:ブラウンまたはボルドー)
イタリアの高級家具ブランドポルトローナ・フラウのレザーを使用することで、高級感と気品のある空間に。

エクステリアカラーは、上品なホワイトカラーと艶やかな明るさを表現したミントグリーンになっておりますね。どちらも、チョット贅沢な雰囲気を演出したカラーではないでしょうか。
 (50392)

フィアットの歴史とベースグレードのラウンジについて

フィアットは、1899年にイタリア北部のトリノで誕生。これまでにたくさんの名車を開発し、110年以上も世界中の人々に愛されているカーブランドですね。

注目なのは、1936年に誕生した500(チンクエチェント)は、いくつもの映画にも登場し、人々とストーリーをつく
シンボルとして親しまれていたこと。2007年には三代目500が誕生し、私たちの日々に寄り添い続けていますね。
この3代目が現行モデルとなっています。


現行モデルの特徴
丸くてキュートなフォルム、ドアを開けた瞬間、ワクワクしちゃうインテリアがポイント。
500にはおしゃれでクールな魅力がたっぷり!そしてコンパクトだから、細い道で対向車とすれ違うのも、ラクラクに。

ちょっとしたカーブでも、安定感バツグンの足回り。7つのエアバッグに加え、横滑りを制御するESCや、車輪のロックによる滑走を低減するABS などを標準装備!可愛くて、走りやすくて、安全性をも確保したモデルが、現行の500のメインテーマと言えるでしょう!

・・・今回のルッソのベースモデルラウンジ・・・
ラウンジがベースモデルということで、上位クラスの標準装備に
バイキセノン ヘッドライト(光軸自動補正式)
ヘッドライトウォッシャー(ポップアップ式)
フロントフォグランプ
LEDデイランプ
ヒーテッド電動ドアミラー

レザーステアリングホイール(オーディオ / ハンズフリーコントローラー付)
Frau社製 専用レザーシート
フルオートエアコン(ダストポーレンフィルター付)
ラゲッジルームランプ
リアパーキングセンサー(アラーム式)
などが標準のポップよりも充実した装備になっているとの事。すでに上位グレードモデルであるラウンジに、今回は更に専用シートなどを装備したのが500 Lusso!!!
 (50394)

限定車500 Lusso(チンクエチェント ルッソ)の特別装備

特別装備

・ポルトローナ・フラウ社製レザーシート

・15インチ 18スポークUデザインアルミホイール

・クローム仕上げエクステリアミラーハウジング
 (50395)

限定車500 Lusso(チンクエチェント ルッソ)のパワートレイン等

1.2 8Vエンジンは排気量1,240cc。長く親しまれているFire(ファイヤー)シリーズエンジンにリファインを重ねることで圧縮比を上げ、パワーアップを図りました。同時に、動力性能を一切損なうことなく同クラス中トップの燃費経済性を達成しています。このエンジンは最高出力51 kW(69 PS)を5,500 rpmで発生。

最大トルク102 Nm(10.4 kgm)を3,000 rpmという低い回転数で生み出すことが特徴です。最高速度は160km/h<欧州参考値>としていますが、これだけではありません。1.2 8Vエンジンを搭載した500は、平均燃料消費量を19.4km/ℓ、CO2排出量は120g/kmを実現しています。

また、スタートから100km/hまでの発進加速テストでは12.9秒を達成。卓越した燃費経済性と優れた加速性能を両立させることに成功しました。
 (50405)

まとめ

この限定モデルは、カラーや内装が気に入ればとてもお買い得なモデルではないでしょうか。

ベースモデルの500ラウンジは、267万円。
この限定モデルは、240万円との事ですので、凄くお買い得になっています。

限定300台ですので、気になる方はお早めにフィアットのお店に足を運んでみてはいかがでしょうか?
17 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me