2018年7月7日 更新

2019年に日本での販売が終了するVWビートル。特別限定The Beetle Exclusiveが登場しました。

半世紀以上にわたり販売されてるフォルクスワーゲン・ビートル。歴代のモデルが、更新されていくと近い将来1世紀に成りそうな予感。現行型の国内最終限定モデルが販売されました。2019年に販売終了となる同モデルを調査。

2019年に日本での販売が終了するVWビートル。特別限定The Beetle Exclusiveが登場しました。

フォルクスワーゲン ビートルってどんなクルマ?

初代

 (35426)

初代は、1938年の生産開始以降、2003年まで半世紀以上も継続生産され、国際的な自動車市場で多大なる成功となったモデル。四輪自動車としては世界最多の累計生産台数2152万9464台の記録を打ち立てた伝説的大衆車でもあります。

1945年から本格生産開始になり、西ドイツ国内はもとより、アメリカ合衆国をはじめとする国外への輸出でも1950年代から1970年代にかけて大きな成功を収め、おびただしい程の販売数量となりました。

1978年以降排ガス規制の影響があり、アメリカなど多くの国で登録が出来ない事情もありましたが、販売できる諸国での人気も高く実に2003年まで継続販売されていました。

1998年に初代と重なる形で販売開始された2代目ニュービートル。スタイルは、市販型では地味で類型的な印象の強かったデザインの刷新役として、世界的に注目。

初代ビートルの不変のスタイリングであった(円弧)のモチーフに現代化したデザインが特徴でり、また室内空間でも、大きな円形メータークラスターを採用するなど初代を踏襲している部分も多いモデル。

エンジンは直列4気筒の1600㏄と2000㏄SOHC(NA)で、フォルクスワーゲンの最新技術であるFSIエンジンは搭載されてことがありません。

2008年モデルでは、北米仕様は直列5気筒2500㏄のみの設定。欧州仕様では、直列4気筒1600㏄と同1800㏄ターボ、同1900㏄TDIディーゼルが設定されました。

2011年より登場したザ・ビートル。新型フォルクスワーゲン・ジェッタと共通のA5プラットフォームを採用したことにより、初代よりも長くしたモデル。

同モデルからフォルクスワーゲンの主力エンジンである1200㏄TSIエンジンと7速DSGの組み合わせとなり、ボディーデザインとは違い先進的なパワートレインを搭載しておりますね。

このザ・ビートルは、2019年に日本市場では販売終了となる予定のモデルです。この限定車で最終となる模様です。今回は、The Beetle Exclusiveという特別限定モデルが5/29から登場しました。このモデルを調査してみます。



2代目

 (35425)

特別限定The Beetle Exclusiveの装備等

 (35419)

コンセプトは、最後の限定車なので、ちょっとリッチに仕立てているのがポイント。

世界中でみんなを笑顔にしてきたビートルならではの楽しさに、リッチな装備をプラス。ダイヤモンドステッチを施した美しいナパレザーシート、安心感を高める先進のセーフティシステムなどを追加、いろいろ拘った仕様に。乗るたびに豊かな気分で満たされるスペシャルモデルへアップグレード。

Deep Black Pearl Effectから250台。Pure White250台。全国で合計500台との事。
 (35420)

人気の特別装備や限定装備 をプラス

 (35422)

エクステリアやインテリアでの人気アイテム等をさらに標準装備。

①リヤビューカメラ"Rear Assist"
ギヤをリバースに入れると車両後方の映像をモニターに。画面には、ガイドラインが表示され、車庫入れや縦列駐車などの際に安全確認をサポート。

②パークディスタンスコントロール(フロント/リヤ)
バンパーに設置したセンサーにより障害物などを感知して警告音でお知らせ。

③Volkswagen純正ナビゲーションシステム"716SDCW"

④バイキセノンヘッドライト(ハイトコントロール機能付)

⑤18インチアルミホイール

⑥LEDテールランプ

⑦ダークティンテッドガラス(リヤ/リヤ左右、UVカット機能付)
 (35421)

特別限定The Beetle Exclusiveの内装

 (35423)

① レザーハンドブレーキ&レザーマルチファンクションステアリングホイール&レザーシフトノブ&センターアー  ムレスト(Exclusive専用カラードステッチ)/パドルシフト)

② ダッシュパッド、ドアトリム(ブラック)

③Exclusive専用ナパレザーシート(スポーツシート&ランバーサポート)

④ Exclusive専用ドアシルプレート

⑤2ゾーンフルオートエアコンディショナー(運転席/助手席独立調整、自動内気循環機能付)/アレルゲン除去機能付  きフレッシュエアフィルター(花粉/ダスト除去外気導入フィルター)

内装では、かなりの特別仕様感をかもしだしていますね。ナパレザーは、高級感を生み出すアイテムとしては上品な素材で落ち着いたカラーリングでも有ります。
 (35424)

特別限定The Beetle Exclusiveのパワートレイン他

1200cc直列4気筒SOHC インタークーラー付ターボ、最高出力105ps。

フロントサスペンション:マクファーソンストラット(スタビライザー付)
リヤサスペンション:4 リンク(スタビライザー付)
フロントブレ ーキ:ベンチレーテッドディスク
リヤブレーキ:ディスク
使用タイヤサイズ:235/45 R18
 (35433)

まとめ

今回で限定モデルは、最終となるようです。そして2019年には、フォルクスワーゲン・ザ・ビートルの国内販売も終了との事。こちらもホームページに正式でアナウンスされております。

今回の特別限定数量モデルは、3,330,000円となっております。カブトムシと呼ばれた初代に踏襲したスタイルがポイントでかわいらしくもあり、現代的でもあるこのモデルに興味の沸いた方は、一見してみてはと思います。
23 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me