2018年10月5日 更新

フォルクスワーゲンのSUV ティグアンの性能や機能とは!?

ティグアンは、クロスオーバーSUVとして登場し、その知性を秘めた胸躍るダイナミズムなデザインや、均整のとれた美しいフォルム、ティグアンならではのフェンダーアーチの組み合わせなど、硬質的で力強い印象が、見るものの心を惹きつけます。気分的に国産車以外のSUVに乗りたいと感じる場合、安全性の高く実用性のあるフォルクスワーゲンのSUVであるティグアンを購入の選択肢として入れてみるのも良いかと思います。今回は、そのティグアンが先進技術を取り入れ、どのように進化をしたのかを魅力と共に御紹介していきたいと思います。

フォルクスワーゲンのSUV ティグアンの性能や機能とは!?

ティグアンってどんな車??

フォルクスワーゲン・ティグアン - Wikipedia (45400)

見た目の力強そうなデザインから、悪路や悪天候下でも常に安定した走行を実現し、運転しやすいサイズ感と相まって、 いつもの都市をより軽快かつパワフルに駆け抜けることができます。

ドイツでコンパクトSUV販売台数No.1を誇る実力に、クリーンディーゼル×4WDを搭載したティグアンは、多くの方を魅力します。

ティグアンの魅力を御紹介!

Tiguan | SUV | フォルクスワーゲン公式 (45403)

新プラットフォームの搭載「MQB」

このMQBという技術は2012年2月1日に発表され、複数セグメントに投入する車種を一括企画し、エンジンやシャシー、ボディ、電子制御などの設計要素や変動要素を定義し、各設計要素の組み合わせ方を定義しています。

よって、多様な車種を少ない開発工数で作ることを可能にするものとしています。
フォルクスワーゲン・MQB - Wikipedia (45406)

ダイナミックコーナリングライト

Stage1.予防安全 | Volkswagen オールイン・セーフティ|Volkswagen (45408)

ハンドル操作に連動し、ヘッドライトの照射エリアを細かく調整する「ダイナミックコーナリングアシスト」という機能も搭載されています。峠道や対向車の多い道や、カーブの道などで能力を発揮することが多いと感じます。

夜の視界が見づらい時間帯にカーブする時など、対向車を確認するタイミングが通常の車のライトに比べて早くなると思います。よって、衝突事故を未然に防ぐもう1つの便利な機能が付いたと言えます。

全モデルに搭載されている基本安全性能

Stage1.予防安全 | Volkswagen オールイン・セーフティ|Volkswagen (45411)

全モデルに搭載されている基本予防安全性能により、どのモデルでも安全性に長けているので、多くの方が安心して運転を楽しむことができます。

クルマが安定して走っている時に事故は起こりにくく、不安定な状態になった時に事故の確率は高まります。フォルクスワーゲンは、危機回避のテクノロジーとして、全モデルにESC(エレクトロニック・スタビリゼーション・コントロール)を標準装備しています。

ESCはセンサーにより車両の不安定な挙動を感知すると、多くの電子制御機能をコントロールしてブレーキやエンジン出力を統合制御するシステムになっています。
2.0L TDIエンジン

2.0L TDIエンジン

街をパワフルに駆け抜けるクリーンディーゼル×4WDの都会派SUVで、最大トルク340Nm、最高出力150PSの2.0ℓ TDI®エンジンの搭載により、低回転から力強く、アクセル操作にも余裕が生まれます。

先進の4WDと組み合わせ、街なかをキビキビと駆け抜けることができます。
Tiguan | SUV | フォルクスワーゲン公式 (45415)

4motion

Tiguan | SUV | フォルクスワーゲン公式 (45417)

第5世代のハルデックスカップリングを採用した最新の“4MOTION”を搭載しています。

制御ユニットがドライバーのアクセルワークだけでなく、ホイールスピードやステアリングアングルなどのパラメーターを車自身が分析して、理想的な駆動トルクを計算し、瞬時にして前後輪のトルク配分を変更します。

よって、路面状況に合わせて最適な走行をすることが可能となっているのです。

低負荷走行時には前輪だけにトルクを配分して燃料消費を抑え、発進・加速時には、後輪へのトルク配分を増加するなど、状況に応じて前輪・後輪のトルク配分を連続的に変化させることで、力強い発進加速や高速走行時の安定性、低路での優れたトラクション性能を実現し、あらゆる走行シーンでスムーズかつ安定した走りを実現します。

まとめ

ティグアンは、フォルクスワーゲンの中でも代表的なSUVとも言えるほどの人気度と知名度を誇っています。また、高出力と低燃費を両立した1.4ℓ TSI®エンジンも搭載されています。

更に、DSGトランスミッションにより、変速ショックを殆ど感じないスムーズな走行を実現することに繋げています。そして、安全性に優れているフォルクスワーゲンの特徴から、アウトドアでも愉しく安心した時間を過ごすことができると思います。

モバイルオンラインサービスでは駐車場やガソリンスタンドの料金を確認できるので、利便性にも優れている1台とも言えます。

最新のテクノロジーを活かした機能が豊富のインテリアは、未来のSUVをイメージさせるほどの上質感と機能性を持っていると言えます。
22 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

tatsuyantyan tatsuyantyan