2019年9月19日 更新

アウディが、新型SUV「Audi A1 citycarver」を初公開!

「Audi A1 citycarver」は、9月10日にドイツのフランクフルトモーターショー2019で初公開され、新型A1ラインナップに加わったモデルです。今回はこのクルマの詳細を紹介していきます。

アウディが、新型SUV「Audi A1 citycarver」を初公開!

「Audi A1 citycarver」の詳細

「Audi A1 citycarver」は、「Audi A1 Sportback」をベースにしたSUVモデルです。「Audi A1 Sportback」は、アウディのプレミアムコンパクトカーとして、存在感のあるダイナミックなデザインのエクステリアをはじめ、細部まで吟味された高い質感のインテリア、そして排気量を感じさせない軽快な加速など、コンパクトカーの域を超える充実した仕様になっています。
そのSUVモデルとして、9月10日に初公開された「Audi A1 citycarver」はどのような仕様になっているのか、以下に紹介していきます。

エクステリア

若々しく、都会的:Audi A1 citycarver | Audi Japan Press Center - アウディ (66301)

「Audi A1 citycarver」のエクステリアの特徴は、力強いオフロードスタイルです。大きな八角形のシングルフレームグリルは、アウディのQモデルを連想させ、立体的な造形のハニカムインサートは、マットブラックに塗装されています。フロントグリルの上に設置された2つの特徴的なスロットは、「Audi A1 Sportback」とはデザインが異なっており、ステンレススチールペイントが施されたアンダーボディプロテクションは、「Audi A1 citycarver」のオフロードモデルとしてのキャラクターを強調しています。ホイールアーチとデザインが見直されたサイドシルは、コントラストカラーのアドオンパーツが装着されています。同じくデザインが見直されたリヤバンパーは、フロントエンドの力強いスタイルを反映しています。

また「Audi A1 citycarver」には、9つのボディカラーが設定されています。また、コントラストカラーのルーフ(ミトスブラックメタリックまたはマンハッタングレーメタリック)も用意されています。ブラックスタイリングパッケージを選択すると、ボディのロワーセクションにアタッチメントが標準装備されます。これらのアタッチメントは、グレーを基調として、ディープブラックのステンレススチールペイント仕上げが施されています。

インテリア

若々しく、都会的:Audi A1 citycarver | Audi Japan Press Center - アウディ (66305)

「Audi A1 citycarver」のインテリアでは、優れたデザインとドライバー重視のコントロールパネルが完璧に調和しています。たとえば、デジタルインストルメントクラスターは、エアベントとともにコンパクトなユニットを形成しています。エアベント、センタートンネルコンソール、ドアには、ミント、コッパー、オレンジ、シルバーグレーのアクセントが装着されます。Sラインでは、グレーで統一されたインテリアカラーも提供します。

さらに、標準仕様のインテリアに加えて、3つの装備ライン(アドバンスト、デザインセレクション、Sライン)が用意されています。Sラインでは、クロス/合成皮革またはアルカンターラ/合成皮革のシートを選択できます。インテリアデザインセレクションには、コンツァー/アンビエントライティングパッケージが含まれます。

サスペンシション

若々しく、都会的:Audi A1 citycarver | Audi Japan Press Center - アウディ (66308)

「Audi A1 citycarver」のサスペンションは、バランスの取れた乗り心地と正確なハンドリングを特徴としています。オプションのダイナミックパッケージを装着すると、ハンドリングはさらに俊敏になります。このパッケージには、スポーティなレッドキャリパー付きブレーキディスク、アウディドライブセレクト ダイナミックハンドリングシステム、サウンドアクチュエーター、アジャスタブルダンパー付きサスペンションが含まれます。4つのモード(オート、ダイナミック、エフィシエンシー、インディビジュアル)を選択可能なアウディドライブセレクトも個別に装着可能です。ダイナミックパッケージを選択すると、最大18インチのホイールを装着することができます。

緊張感のあるスポーティなボディラインを特徴とするこのクルマは、ベースモデルと比較して、最低地上高が約4cm引き上げられています。それにより、より快適にクルマに乗り込むことが可能で、視認性も向上しています。引き上げられた地上高のうち、35mmは新しいサスペンションによるものです。残りは、直径16インチから選択可能な、大径ホイールによるものです。

まとめ

今回は、9月10日に初公開された新型SUVである「Audi A1 citycarver」の詳細を紹介してきました。
新型A1ラインナップに加わったもっとも先進的なこのモデルは、都会の雑踏、郊外のワインディングロード、高速道路、そしてオフロードを含め、あらゆる環境で快適に走行することができます。国内での発売などはまだ未定ですが、発売が今から楽しみなモデルになっています。
13 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kannburi kannburi