2018年10月5日 更新

フォルクスワーゲンのディーゼルエンジン仕様のセダン パサートとはどんな車か!?

フォルクスワーゲンの生産、販売する4ドアセダンの車です。また、5ドアワゴンも存在しています。1960年代後半、フォルクスワーゲン・K70(ロータリーエンジンを搭載したNSU・Ro80のレシプロエンジン版)などがあったものの、商業的に成功していたとは言えず、フォルクスワーゲンの主力車種は依然ビートルであり、その状態から脱却するために開発されたのがパサートであるそうです。今ではディーゼルエンジン搭載の低燃費にも優れている最新セダンとして人気を出しています。今回は、そのパサートの現行型モデルについての魅力を御紹介していきます。

フォルクスワーゲンのディーゼルエンジン仕様のセダン パサートとはどんな車か!?

パサートってどんな車??

Passat | セダン/クーペ | フォルクスワーゲン公式 (45423)

パサートはフォルクスワーゲンが生産、販売する車で、鋭く切り立ったヘッドライト左右からリヤエンドまで、一直線に伸びるキャラクターラインが特徴です。

そして、光を受けることで様々に表情を変化させる面と、緻密な輝きを放つ線が織りなす表現豊かなサイドビューに、力強さを感じさせるショルダーラインとフェンダーアーチは筋肉質な造形をイメージさせます。
そして、高い機能性を備えたシートや徹底してこだわり抜いたインテリア、先進のドライビングサポート技術も充実し、快適で疲れにくいドライブをお愉しみいただけます。

より遠くへ、より長く乗るほど、Passatとディーゼルの相性の良さに気づく作りになっているとこのことです。

パサートの魅力を御紹介します!

クリーンディーゼルが広げたクルマ選びの可能性 | CAR | BRUDER (45429)

高解像度ディスプレイには速度計とタコメーターに加え、好みに合わせて数種類のモードから選択したグラフィックを表示できます。

まるで、未来のスポーツカーをイメージさせるようなデジタルメーターの様にも見えます。

2.0L TDIエンジン

Passat | セダン/クーペ | フォルクスワーゲン公式 (45431)

トルクフルなエンジンは発進時の加速や高速道路での合流など、軽くアクセルペダルを踏み込むだけで静かに気持ちよく加速します。

全モデル標準装備の安全性やその他の安全機能

全モデルに搭載されている基本予防安全性能により、どのモデルでも安全性に長けているので、多くの方が安心して運転を楽しむことができます。

車が安定して走っている時に事故は起こりにくく、不安定な状態になった時に事故の確率は高まります。

フォルクスワーゲンは、危機回避のテクノロジーとして、全モデルにESC(エレクトロニック・スタビリゼーション・コントロール)を標準装備しています。ESCはセンサーにより車両の不安定な挙動を感知すると、多くの電子制御機能をコントロールしてブレーキやエンジン出力を統合制御するシステムになっています。

また、基本予防安全性能にはABS(アンチロック・ブレーキング・システム)EBD(電子制御式ブレーキ圧配分システム)も搭載されていることから、滑りやすい路面などで急ブレーキをかけた場合でも、タイヤをロックしないように前後輪の制動力を適切に配分し、タイヤのグリップ力を失うことなくスリップを防ぐことが可能となっています。

更に、ドライバーのブレーキをしっかり踏めていない場合でも、その足りない分の踏み込み量を援助してくれるシステムになっています。
 (45435)

ポストコリジョンブレーキシステム

Stage3.二次被害防止 | Volkswagen オールイン・セーフティ|Volkswagen (45437)

衝突の危険を最大限回避する機能を搭載するとともに、起こってしまった事故の被害を最小限にとどめます。

そのための備えが、ポストコリジョンブレーキシステムです。

これは、衝突や追突時の衝撃をエアバッグのセンサーが検知することで作動。自動でブレーキをかけて車両を10km/h以下になるまで減速させて、対向車線へのはみ出しによって起こる多重事故の危険を低減させるシステムです。

もちろんドライバーの操作でブレーキを解除することも可能です。
Stage3.二次被害防止 | Volkswagen オールイン・セーフティ|Volkswagen (45441)

また、高速走行中急ブレーキをかけると、ブレーキランプが自動点滅し、後続車に緊急制動を知らせます。

まとめ

パサートは、フォルクスワーゲンの車種であるアルテオンとデザインは少し似ていますが、そこまでスポーティーさを大きく演出していなく、TDIエンジンが搭載されていることな特徴であると思います。

落ち着いた走行や静粛性をより追求したセダンがこのパサートであると思います。

中高年の方にとって好みそうなデザイン性と性能を誇っているとも言え、家族を持った主人の方が、ディーゼルエンジンならではの能力を引き出した無難なセダンとして、このパサートを1台購入を検討することも良いかと思っています。

また、ワゴンスタイルも存在しているので、アウトドアやゴルフをする際には最適な車と言えます。
20 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

tatsuyantyan tatsuyantyan