2018年7月20日 更新

WRX STI 特別仕様車「TYPE RA-R」が登場、、、アレ?!既に限定500台が完売となる事態に・・・???

スバルからWRX STIから特別仕様車であり、限定500台と言うモデルが登場、7/19発売開始とアナウンスが入りました。筆者も早速内容を読んでいたところ・・・、同日の夜には完売御礼のアナウンスとなっている事態に、、、。人気のWRX STI「TYPE RA-R」を追いかけてみます。

WRX STI 特別仕様車「TYPE RA-R」が登場、、、アレ?!既に限定500台が完売となる事態に・・・???

そもそもSTIって???

STIとは、スバルテクニカインターナショナル株式会社の略称。1988年に設立されてからつねに量産技術でモータースポーツへ挑み続けるスバルのテクニカル部門であります。

スバルの走りを極限で進化させ、 これまで30年にわたりSTIが貫いてきたクルマづくりの信念もあります。それは、レースカーでもコンプリートカーでも、「世界一、気持ちいい走り」を目指すこと。誰が乗っても安心で、気持ちいい走りこそ、速さに通じるという信念。

現在STI生誕 30周年を迎えて、モータースポーツに参戦するエンジニアたちが究極の「意のままの走り」に挑んだコンプリートカーを提案。ズバリ、「記録への挑戦」を意味するRA-R(Record Attempt-Racing)と名付けたモデルが今回のWRX STI。

開発コンセプトは、「軽さ」「速さ」「愉しさ」の追及。徹底した軽量化を図った上で、329PSのバランスドBOXERを搭載しモアパワーへ昇格。足回りには、ローダウンサスペンション、ハイグリップタイヤ、Highμブレーキパッドを採用。加速、減速、コーナリング性能を限界まで高めることで、「走る」「曲がる」「止まる」という運動性能を純粋に追い求めたSTIコンプリートカーへ登り詰めたともいえますね!
 (37094)

WRX STI 特別仕様車「TYPE RA-R」モデル概要等!

WRX STIをベースとする「TYPE RA-R」は、「軽・速・愉」をテーマに、クルマの本質である「走・曲・止」という性能を極限までチューニングしたモデルとなっている様です。STI創立30周年記念コンプリートカーであり特別限定車。

軽量化パーツの採用やパーツそのものの取り外しによって、グラム単位での軽量化を積み重ねた同車は、ベースであるWRX STIとの比較でも約10kg軽く、「S208」や「S207」と比較して約30kgの軽量化を達成。また、エンジンはSTIコンプリートモデル最高のパフォーマンスを装備。

さらに「TYPE RA-R」の性能をフルに引き出すためのSTIパフォーマンスパーツを豊富に用意もされているとの事で、ドライバーの感性に合わせて更にカスタマイズすることも可能。

参考URL
https://www.subaru.jp/wrx/ra-r/driving/parts.html

ボディーカラーは?
WRブルー・パール
クリスタルホワイト・パール
クリスタルブラック・シリカの4」カラーより選択。
ピュアレッド
 (37055)

WRX STI 特別仕様車「TYPE RA-R」の装備内容

 (37056)

①足回り/メカニズム
・倒立式ストラット&コイルスプリング(ローダウン)
・リヤダンパー&コイルスプリング(ローダウン)
・BBS製STI 18インチ×8 1/2JJアルミホイール(マットブラック)
・245/40ZR18(97Y)タイヤ(ミシュラン パイロット スポーツ4S)
・brembo製フロント18インチベンチレーテッドディスクブレーキ[ドリルドディスクローター&モノブロック対向
 6ポットキャリパー(シルバー塗装、STIロゴ入り、STIパフォーマンスパッド)]
・brembo製リヤ18インチベンチレーテッドディスクブレーキ[ドリルドディスクローター&モノブロック対向
 2ポットキャリパー(シルバー塗装、STIロゴ入り、STIパフォーマンスパッド)]
・高出力バランスドエンジン(RA-Rロゴ入り、STI Performanceオーナメント付)*5
・専用ECU
・バランスドクラッチカバー&フライホイール
・ボールベアリング・ツインスクロールターボ
・低背圧パフォーマンスマフラー(STIロゴ入り)&エキゾーストパイプリヤ
・STI 強化シリコンゴム製インテークダクト
・パフォーマンスシュラウド
・クイックステアリングギヤボックス(11:1)
・VDC(ビークルダイナミクスコントロール)
・アクティブ・トルク・ベクタリング(トラクションモード時前後輪ブレーキ制御)
・STI 低圧損エアクリーナーエレメント
・STI Performanceオイル(5W-40、MOTUL)

②操作性
・STI プッシュエンジンスイッチ(STIロゴ入り、レッドタイプ)
・STI ジュラコン®MTシフトノブ(STIロゴ入り、ブラック)

③内装
・フロントスポーツシート&リヤシート[ファブリック&トリコット(レッドステッチ)]
・インパネ加飾パネル(ハイグロスブラック、RA-Rロゴ入り)
・ドアトリム/ドアアームレスト/コンソールリッド(レザー調素材巻+レッドステッチ)
・サブトランク(タイヤパンク修理キット付)

④外装
・メッシュタイプフロントグリル(チェリーレッドストライプ、STIエンブレム付)
・STIエンブレム付サイドガーニッシュ(ブラックカラード)
・ドライカーボン製エアロドアミラーカバー
・ ブラックカラードルーフアンテナ(シャークフィンタイプ)
・リヤバンパー(チェリーレッドストライプ)
・RA-Rリヤオーナメント
・STI 30th ANNIVERSARYエンブレム(リヤ)

※ウインドーウォッシャータンク(4L → 2.5L)
軽量化パーツも含め盛り沢山となっていますね。
 (37058)

STI製BBSの 18インチアルミホイール(マットブラック)を採用し、RA-Rでは、ハイグリップタイヤとしてミシュラン製パイロットスポーツ4Sを装着。

タイヤのアウト側とイン側で異なるコンパウンドを持つこのタイヤは、グリップ力が高いだけでなく、走行の状況に応じて必要なコーナリングパワーを発揮してくれるとの事。

シャシー性能と合わせてRA-Rにかつてない速さと旋回性能をもたらす腰下回りに。また、異なる2種類のコンパウンドにより、ドライだけでなくウェットでも安定した性能を発揮する模様。
 (37059)

WRX STI 特別仕様車「TYPE RA-R」のパワートレイン等

パワーユニットは、2000cc水平対向4気筒DOHCターボで329馬力のEJ20バランスドBOXERエンジンを採用し、インタークーラーの冷却効果を最大限発揮するために剛性を上げたパフォーマンスシュラウドを装備。

バランスドBOXERは、レースカー同様に回転精度にこだわったエンジンとして開発されております。量産比で重量公差を50%低減したピストン&コンロッド、回転バランス公差を85%低減したクランクシャフト、回転バランス公差を50%低減したフライホイール&クラッチカバーをきちんと洗濯して組み立てた逸品。


 (37063)

圧力損失を低減してエンジンの出力性能とレスポンスを高める低背圧パフォーマンスマフラーを採用。どこまでも回したくなるような気持ちの良い回転フィールと、ハイパフォーマンスを象徴する排気音を体感。
 (37064)

足回りは、「TYPE RA-R」のために専用開発したダンパー&スプリングや、ハイμブレーキパッドを採用したbrembo製ブレーキシステムをも装備することで、車両の限界ポイントを上げて、操作性や制動力の強化がドライバーに安心感をも与えるようにセッティング。
 (37100)

まとめ

WRX STI TYPE RA-Rは、4,998,240円となっております。

実は、筆者が記事を書いている最中に限定500台が完売したというアナウンスが、スバルホームページで上がっていました。発売が、7/19で完売アナウンスが7/19の夜と言うのには驚きの人気ですね!!

参考URL
https://www.subaru.jp/wrx/ra-r/
21 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me