2019年6月25日 更新

プジョー 新型2008が本国で公開!日本導入は、2020年春ごろか?

プジョー新型2008が、本国で公開されました。より洗練されたデザインとなっていそうです。同モデルのエクステリアや内装、さらにはパワートレイン等をご紹介します。

プジョー 新型2008が本国で公開!日本導入は、2020年春ごろか?

プジョー 新型2008の概要等

PSAグループは、6/19にフルモデルチェンジとなる新型プジョー2008を公開しました。販売開始は、2019年末から欧州を基点に導入される予定です。

新型208(日本未導入)と同様に、新世代のCMPプラットフォームが採用されています。これによって新型2008のボディサイズは、全長4,300×全幅1,770×1,550mmで、ホイールベースは2650mmとなっています。

日本現行型と比べて、141mm長く、30mm幅広く、20mm低い仕様です。ホイールベースは、10mm拡大しています。ボディサイズの拡大で、荷室の容量もアップしています。現行型の360Lに対して、新型は、405Lを確保しました。さらに荷室アンダーフロアに29L分の収納スペースも作られています。

新型画像

https://www.netcarshow.com/ (62571)

via https://www.netcarshow.com/
バランスのとれたボディーラインと全体的なプロポーションは、プジョーSUVモデル特有で、ボンネットをより水平に魅せる凹型のフロントガラスが採用され、強いボディを表現しています。ディテールは、ショルダー部分を強調することで安心感をアップさせたモデルに仕上げていますね。

フロントには、誇らしげでストレートなグリル、彫刻の施されたボンネット、さらにLEDのデイタイムランニングライトがプロジェクターの下に縦に設置され、特徴的なディテールとなっています。

日本導入現行型画像

 (62575)

新型画像

https://www.netcarshow.com/ (62572)

via https://www.netcarshow.com/
リアスタイルは堅牢で、アーチにシンクロするよう大きなタイヤを使用することで、さらに強調的なスタイルになっています。ツートーンカラーのブラックダイヤモンドブラックヘッドライニング、ブラックウィンドーストリップ、さらにGTラインとGTバージョンのシルクスクリーンCピラーでモデルを更にアップデートさせています。

高い位置にベルトラインを持つ重厚なリアディテールは、後部の2重マフラーテールエンドとブラックストリップバンパーによって完成しています。

日本導入現行型画像

 (62576)

プジョー 新型2008の内装等

ベースグレードは、最新のUrbanoidライトブルーの室内装飾が施され、さらに技術的な洗練と新鮮さが追加されています。ダイナミックモデルのGT Lineバージョンでは、独立したAdamiteによって強化されたシックな内装が採用されています。気高く、そして気品ある仕様です。

GT/e-2008 GT版は、AlcantaraR革および技術的な網を結合するデザインです。ブラックオニキスは、GTバージョンでdamiteをステッチが施されています。居心地の良いインテリアは、ダッシュボードとタッチスクリーンで選択できる8カラーのドアパネルの装飾となっています。

タッチスクリーンは、バージョンに応じて10インチが搭載され、トグルスイッチ横のタッチショートカット、または新しい音声コマンドで管理されています。

新型画像

https://www.netcarshow.com/ (62573)

via https://www.netcarshow.com/
現行モデルから継承されたドアポケットとグローブボックスに加えて、フロントセンターアームレストの下など、ギアスティックのフロント部分に、十分な収納スペースが用意されています。さらに、セントラルコンソールの下部には目立たないラゲッジスペースが確保されています。

日本導入現行型画像

 (62577)

新プラットフォームの採用で、リア座席の広さを確保しています。新型プジョー2008は、スページングでもアップデートされていますね。全長やホイールベースが大幅に変更されたことで、より多くのラゲッジスペースを確保できています。

オプションのサンルーフを装備することで、乗客は日当たりの良いスペースを楽しむことができ、開放感を提供してくれます。リアのスペースに、ラゲッジスペース確保は、同モデルの特徴でもありますね。
https://www.netcarshow.com/ (62574)

via https://www.netcarshow.com/

プジョー 新型2008のパワートレイン等

ガソリンエンジンは、3種類が設定されています。1200ccターボが設定され、100ps/205Nm仕様と130ps/230Nm仕様、そして155ps/240Nm仕様です。エンジンに合わせて6速MT、または8速ATが組み合わされています。

ディーゼルエンジンモデルは、100ps/250Nm、130ps/250Nmの2種類が用意されています。1500ccターボ仕様です。前者には6速MT、後者には8速ATが搭載されています。

さらに新型2008には、ピュアEV仕様となるe-2008も設定されています。134psと260Nmを発揮するモーターと50kWhのバッテリーを搭載しています。WLTPモードで310kmの航続距離のほか、150km/hの最高速度を可能にしています。

安全装備では、半自動運転への道を開くドライブアシストプラスが採用されています。
・車線内のあなたの位置を選択することを可能にする車線逸脱回避システム
・EAT8オートマチックギアボックスのストップ&ゴー機能付きアダプティブクルーズコントロール
・駐車場に出入りするときに自動的にステアリングを管理する駐車アシスト。
・最新世代の自動緊急ブレーキは、昼夜を問わず、5km/hから140km/hまでの歩行者や自転車を検出します。
・不本意な車線横断(または道端)の積極的な警告
・運転手に警告を発し、必要なら休憩をとる
・ハイビームの自動切り替え、さらに道路に焦点を合わせる
・スピードサインを推奨した、サインのさらなる認識(一方通行、停止)
・アクティブ死角監視
・電動パーキングブレーキ

MirrorLink接続プロトコル、Apple CarPlay、Android AutoなどのMirrorScreen互換性のおかげで、日常生活で活躍する装備も搭載されています。

まとめ

プジョー新型2008が、本国で発表されました。本国での販売開始は、2019年末頃となりそうです。日本への導入は、2020年の春ごろになるのではないでしょうか。同モデルが、日本に登場するのが楽しみですね。
25 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me