2018年10月11日 更新

三菱のコンパクトカー「ミラージュ」の走行性能や安全性能とは?

ミラージュ(MIRAGE )は、三菱自動車工業が1978年3月から2002年8月まで製造・販売していた小型乗用車で、2012年4月からタイで生産・販売しているコンパクトカーでも古くから存在している自動車です。 最近では先進技術の発達により基本性能や走行性能、安全性能が一段と強化されてきて、軽自動車に至っては38.0km/Lもの低燃費の走りを実現するなどして、軽自動車の人気が凄く高まってきています。 また、直線を基調としたシンプルでクリーンで、日本車離れしたスタイリッシュなボディスタイルも特徴の一つであります。そして、このミラージュのデザインは「青いリンゴ」のイメージから発想されたものと言われ、多くの方に愛着を持たせるようなデザインと機能を備えていそうです。

三菱のコンパクトカー「ミラージュ」の走行性能や安全性能とは?

ミラージュの歴史を少し教えます!

初代モデル(1978年〜1983年)

初代モデル(1978年〜1983年)

三菱初のFF車として発売されたのがミラージュです。1978年から販売されているので納得のいくことと言えば納得がいきます。

ミラージュの発売に合わせカープラザ店が展開され、さらに知名度を上げるために、映画『未知との遭遇』とのタイアップや、日本テレビと組んでのアメリカンフットボールの試合である「ミラージュボウル」の開催によるプレキャンペーンなどの取り組みをしていたそうです。
エンジンは、横置きのSOHC・直列4気筒のガソリンエンジンのみで、排気量は1,200cc(オリオン・G11B) と1,400cc(オリオン・G12B)とのことです。

初代のみの特徴としてチルトボンネットを採用しています。

マニュアルトランスミッションは、スーパーシフトと呼ばれる2速の副変速機を持つことが特徴であり、主変速機と合わせ、4×2速の8速として使用できたと言われています。
そして、変速チェンジもしやすいそうです。

この特徴的なスーパーシフトが採用されたのは、エンジンとトランスアクスルの配置の関係から、トランスアクスルへの入力をエンジン本来の回転方向と逆転させる必要があり、副変速機は、そのために設けられたギアを利用しているからだそうです。

また、車両重量も800kgと軽量な方だと言えます。
初代ミラージュ セダン

初代ミラージュ セダン

プラットフォームは先代からのキャリーオーバーですが、スタイリングが初代モデルのイメージを色濃く残しつつ内外装ともに大幅に洗練させています。そして、4WDもこのモデルから追加されるようになっています。
4代目モデル(1991年〜1995年)

4代目モデル(1991年〜1995年)

また、4代目に至っては現行型のミラージュとは思えないほどのイメージを持つセダンで、6代目からコンパクトカーとして登場しています。

現行型ミラージュの特徴や走行性能など

G | グレード&価格 | ミラージュ | 乗用車 | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (46463)

全幅は他の一般的なコンパクトカーより3cmほど小さく設計にし、5ナンバー枠ぎりぎりのコンパクトカーを敬遠するユーザーの取り込みを意識した設計となっています。
また、FF仕様のみとなっています。
G | グレード&価格 | ミラージュ | 乗用車 | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (46465)

1.2L MIVECエンジンの搭載により、運転状況に応じた最適なバルブタイミングに制御するMIVECは、力強く、キビキビとした軽快な走りを実現しています。高速走行や長距離ドライブでその軽快な走りを実感できます。

その軽快な走りが似合うスタイリッシュなデザインにも見えます。

そして、そのMIVECエンジンの性能を活かすのが「INVECS-III CVT」です。
INVECS-III CVT

INVECS-III CVT

このCVTによって運転をすることがより楽しくなり、発進や停止の多い地域での変速ショックの少ないスムーズな走行ができ、低燃費にも貢献することができます。

通常のATやMTに比べて変速時の振動が少ないのです。CVTは、金属製のベルトと可動式のプーリ(滑車)を使って段階的に制御を行います。

そして、運転状況に応じて無段階にエンジンの動力を無段階に最適にコントロールできるため、駆動時間が短くなり、燃費にも貢献することになるそうです。

・23.8km/L

ミラージュのスポーティーなインテリアと安全性

環境性能 | ミラージュ | 乗用車 | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (46475)

三菱の安全性能「e-assist」は、電波レーダーやカメラなどによって安全かつ快適なドライブをサポートする予防安全技術です。

この技術には、

・「衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM)」
・「低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM-City)」
・「車線逸脱警報システム(LDW)」
・「レーダークルーズコントロールシステム(ACC)」
・「誤発進抑制機能」
・「誤発進抑制機能(前進&後退時)(UMS)」

の複数から構成されている安全技術です。

ミラージュは「低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM-City)」と「誤発進抑制機能」の二つが付いています。
「低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM-City)」は、低速走行時(約5~約30km/h)先行車との車間距離が急に縮まった場合に、自動ブレーキによって衝突の回避、被害の軽減をサポートします。
G | グレード&価格 | ミラージュ | 乗用車 | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (46478)

まとめ

ミラージュはスタイリッシュな外観に、スポーツカーのようなコックピットは、乗る人を楽しませる要素がかなり含まれている車であると感じました。

「低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM-City)」により渋滞中や発進と停止の多い地域ではかなり活躍する車であると言えます。

また、低燃費に優れている環境性能を持っていることから経済的にも優しいので、どなたでも乗りやすく使いやすい、楽しい車であると思います。

この記事を参考に、ミラージュの購入の際に役に立っていただけたら嬉しいです。
22 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

tatsuyantyan tatsuyantyan