2018年10月30日 更新

ボルボ・v60 クロスカントリーの特徴や走行性能について

ボルボは、1927年の創業以来常に安全性を追求して製品開発を行ってきたそうです。 その安全性を追求していることが分かるのが、2014年にボルボの全車種に自動ブレーキを標準装備化していることです。 フォルクスワーゲンのように、安全性を追求している海外自動車メーカーはボルボと言えます。そのボルボの車種には「v60 」というステーションワゴンが存在しています。しかし今回紹介するのは「v60」のクロスカントリーモデルです。それでは早速、特徴や走行性能を紹介していきたいと思います。

ボルボ・v60 クロスカントリーの特徴や走行性能について

「v60 クロスカントリー」ってどんな車??

価格.com - V60 クロスカントリー 2015年モデル の製品画像 (48948)

生活のさまざまな場面で、どんなときもあなたの力になれるように設計された車がV60 Cross Countryです。
新たに洗練を極めた"Classic"の登場、そして本革シートや電動ガラス・サンルーフなど数々のアイテムを標準装備しています。

また、新車価格は514万円〜549万円となっていて、中古車価格では248万円〜463万円となっているのでプレミアムセダンに匹敵するほどの上級感のある車であることが伺えます。
v60 初代モデル(2010年〜2018年)

v60 初代モデル(2010年〜2018年)

初代モデルのv60は比較的に車体が大きく、ステーションワゴンでありながらもクーペをイメージさせるスポーティーな印象となっています。

日本仕様では全長4,630mmx全幅1,845mmx全高1,480mmとなっています。

また、インテリアに関しては他シリーズで既におなじみの「フリーフローティングセンタースタック」などボルボならではのスカンジナビアテイストを表現したデザインと、自然素材などの採用による上質さを特徴としています。

そして、最終的にはガソリン仕様、ハイブリッド仕様、ディーゼル仕様のモデルも登場するようになっています。
V60 Cross Country | ラインナップ | ボルボ・カー・ジャパン (48953)

ホイールをカスタムするだけで活かしたスポーツカーへと変わるデザインは、元々がスタイリッシュであるエクステリアからそう見えるデザインだということが伺えます。

「v60 クロスカントリー」の走行性能

V60 クロスカントリー | ボルボ・カー・ジャパン (48956)

ボルボの革新的なパワートレインは「Drive-E」によって、動力性能と効率の完璧なバランスと、人がボルボに求める「走る楽しさ」と驚異的な低燃費、CO2排出量の低減を両立させて実現しています。

軽量エンジンにスーパーチャージャー、ターボチャージャー、そして電動化と組み合わせることで、環境への影響を配慮しつつ卓越した性能を実現します。
Drive-E | ボルボ・カー・ジャパン (48958)

また、ボルボのDrive-Eラインアップは世界で最も力強い4気筒エンジンを搭載しています。そして、従来よりもはるかに少ない燃料消費と排気ガスでレスポンスの高い出力を実現します。また、電動化によりさらに高い性能が発揮できるようもなっているそうです。

ディーゼルエンジンとガソリンエンジン

ディーゼル

ディーゼル

最大2,500barの高圧で燃料を噴射するコモンレール方式の燃料噴射装置に加え、応答性に優れる小型ターボチャージャーと、高出力を得られる大型ターボチャージャーの2つを組み合わせた2ステージターボチャージャーを採用しています。

そして、低回転域から瞬発力のある力強いパフォーマンスを達成しています。

最高出力:140kW(190ps)/4,250rpm[ECE]
最大トルク:400Nm(40.8kgm)/1,750-2,500rpm[ECE]
19.5km/L
V60 Cross Country | ラインナップ | ボルボ・カー・ジャパン (48963)

ハイパフォーマンスなT5のエンジンは、高回転域での優れたレスポンスと伸びやかなフィールを特徴としています。

また、ギアトロニック付8速オートマチック・トランスミッションにはパドルシフトでパワフルかつ思いどおりの走りをサポートすることができ、シンプルにきめ細かくなめらかなギアチェンジをしやすく、高い燃費性能にも貢献しています。
V60 クロスカントリー | ボルボ・カー・ジャパン (48965)

最高出力:180kW(245ps)/5,500rpm[ECE]
最大トルク:350Nm(35.7kgm)/1,500-4,800rpm[ECE]
13.1km/L

「v60 クロスカントリー」の口コミや評価は??

価格.com - V60 クロスカントリー 2015年モデル の製品画像 (48968)

評価の最高段階が5であるとして、走行性能が4.90、エクステリアが4.76、乗り心地が4.62と高評価となっています。

燃費に関しても4.44であることから、おそらくディーゼルエンジンの好評によるものだと分かります。また、価格の評価も4.03なので、新車価格ぎ500万円以上しても文句の付けようがない素晴らしい車であることも伺えます。

まとめ

「v60 クロスカントリー」は、白いエクステリアが嗜好性が高くラグジュアリー性もあり格好良いと思っています。

オプションでは約7万円でラグジュアリー性の感じるウッドデザインのインテリアパネルにできたり、50種類以上の個性的なホイールデザインも存在しているのでカスタム仕様としてこの「v60 クロスカントリー」はかなり楽しめる車であると思います。

そして何よりボルボの安全性能「インテリセーフ」も搭載されているので、ファミリーカーの一台としても使用するのも良いかもしれないです。
24 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

tatsuyantyan tatsuyantyan