2018年10月12日 更新

トヨタ「アルファード」のスペックや安全性能

「Toyota Safety Sense」は現在トヨタの殆どの車種に採用されていて、その中でもアルファードには他の車種に比べて安全性能が強化されています。安全を予防する技術はとても大切なことで、他のメーカーにも同じように基本的な安全性能は搭載されています。その中でもトヨタの自動車は、全ての人が無難に使いやすく、安全な車に乗れるように作られていると感じるため、安全性能に不安を持つ方も少ないと思います。 現在では、死亡事故の殆どが歩行者事故、夜間の視界不良による衝突、車線逸脱によるもので、歩行者との接触時が最も多いとされています。車がより安全に快適な走行を実現するために搭載されたこの「Toyota Safety Sense」は、高次元の実現するために開発され、トヨタの自動車に乗る人全てに安心を届け、運転を楽しいことと感じさせてくれます。 今回は、その「Toyota Safety Sense」の機能を詳しく御紹介していきたいと思います。

トヨタ「アルファード」のスペックや安全性能

「ToyotaSafety Sense」の「自動ブレーキ」によるアルファードの安全性能とは!?

トヨタ アルファード | トヨタ自動車WEBサイト (46624)

最近ではよく耳にすると思われる「自動」という言葉は、安心感や気楽、先進技術と呼ばれる見方もできますが、「車を運転している気がしない」という意見や、「便利すぎて逆に好かない」などの意見もあるかと思います。

しかし、安全面の現状で考えると、「よそ見をしていて衝突してしまった」「視界不良てブレーキを踏み遅れてしまいぶつかってしまった」などの事故が多いと感じているので、自動の技術はもはやこれから必須の機能となってくると思います。

「自動ブレーキ」による安全性

追突や衝突事故は、殆どがブレーキを踏めなかったか、よそ見などによるものだと思っています。自動ブレーキは名前から来るように自動でブレーキを車にかけて安全支援をします。

「Toyota Safety Sense」の「自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティ)」は、歩行者、車、自転車を検知し、未然に事故を防ぐ技術が働きます。

また、ミリ波レーダーと単眼カメラを併用した検知センサーにより、より高度な安全性を確保し、あらゆる事態による事故を防いでいます。

グリルをよく見てみると、カメラやセンサーなどが搭載されていることが分かります。
トヨタ アルファード | 安全性能 | Toyota Safety Sense | トヨタ自動車WEBサイト (46630)

ブレーキを踏めた場合にはプリクラッシュブレーキアシストが働き、踏めなかった場合はプリクラッシュブレーキが働き、衝突被害や未然に事故を防ぐサポートをします。

このプリクラッシュブレーキは、歩行者や自転車運転者に対しては自車が約10〜80km/hの速度域で作動し、たとえば、歩行者との速度差が約40km/hの場合には、衝突回避または被害軽減をサポートします。

車両や歩行者に対しては自車が約10km/h以上で作動するので、10km/h以下で走行をする渋滞の道での走行には注意が必要です。

また、身長が1m未満の方や、見通しの良くないカーブでの対向車にはこの安全機能が働かない場合もあるのです。しかし、停止や徐行の多い場面でも快適に安全な運転をサポートをする「追従ドライブ支援機能レーダークルーズコントロール」が存在します。

よって、徐行中に「自動ブレーキ」が作動しなくても安全性能は強化されていることを実感できると思います。

渋滞以外でも能力を発揮!「追従ドライブ支援機能レーダークルーズコントロール」による安全性能とは?

トヨタ アルファード | 安全性能 | Toyota Safety Sense | トヨタ自動車WEBサイト (46631)

この機能は、走行中に前方の車間距離を一定に保ったまま走行をします。前方の車のブレーキに対応して何回もブレーキを踏むことが少なくなるこの機能は、快適な運転をサポートします。

また、追従ドライブ支援機能(レーダークルーズコントロール)のスイッチをONにして希望の速度を設定すると、一定の速度を保ったまま走行します。そして、先行車に接近し過ぎた場合にはブザー音が鳴ります。

そこで、仮にブレーキを踏みそこねても、自動ブレーキが発動することにより衝突を防ぐことになるのです。

しかし、バイクや荷物の積んでいないトラックなどにはこの追従ドライブ支援機能は反応しないことがあるそうなので、注意が必要です。
追従ドライブ支援機能には一定の速度を保ったり、先行車の速度に合わせるだけでなく、車線変更時にゆっくり加速をする機能なども搭載されているのです。

しかし、これだけの安全機能があるとかえって複雑で分かりにくく、車を購入する時に要らないオプションまで付いてきそうと考える方もいると思います。

しかし、自動ブレーキの機能は10km/h以上でほぼ全ての危険な場面で作動し、追従ドライブシステムによる自動ブレーキの能力を支援する機能と言っても良いと思います。

後方の安全性能も強化されたアルファードって!?

トヨタ アルファード | 外観 | トヨタ自動車WEBサイト (46636)

この機能は、ドアミラー内のインジゲーターが点滅したり、ブザー音、ナビ画面に検知結果の表示機能により安全支援をサポートします。

リヤクロストラフィックアラート[RCTA]により、T-Connect SDナビゲーションシステムが作動し、後退して出庫する際に左右後方から接近してくる車両をブラインドスポットモニターのレーダーにより検知するのです。
トヨタ アルファード | 安全性能 | 予防安全 | トヨタ自動車WEBサイト (46635)

まとめ

アルファードは、トヨタの車種の中でも安全性能が強化されていると思います。

振動・騒音を抑える高剛性ボディには、エンジンルームと室内を隔てるダッシュパネルにはサンドイッチ鋼板を設定することで、エンジンノイズやロードノイズを低減させて静粛性を実現しています。

ハイブリッドカーは19km/L、ガソリン車は約10km/Lとの数値になっています。ガソリン車にはハイブリッド車とは少し違う力強い走りを実感できるかと思います。

内装も高級感のある室内空間を感じさせる作りになっているので、まさに走る高級車とも言えます。この記事を参考に是非、アルファードに興味を持っていただけましたら幸いです。
17 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

tatsuyantyan tatsuyantyan