2019年12月2日 更新

コンパクトSUVの決定版!?トヨタ・ライズはダイハツとの強力タッグ車!

ダイハツのDNGAをトヨタ車として初導入したライズは、小回り性に優れた街中で乗りやすいSUVです!

コンパクトSUVの決定版!?トヨタ・ライズはダイハツとの強力タッグ車!

増える兄弟車

トヨタ・ライズ

トヨタ・ライズ

トヨタ・ライズは非常にコンパクトなSUVです。

今や空前のSUVブームとなっていますが、日本はもちろん、海外マーケットでも、各メーカーの販売戦略においてもはや欠かせない存在となっているのがSUVです。しかしそうは言っても、SUVはボディがかなり大柄で、ほとんど3ナンバーサイズなのが実情です。家の駐車スペースや、日常の取り回しなどの不安から、SUVに乗り換えたくても躊躇してしまう人も多いはずです。

そんな中、登場したのが新登場のトヨタ「ライズ」とダイハツ「ロッキー」です。コンパクトな5ナンバーサイズに収めた小さなSUVは、結構魅力的ですよね。トヨタ・ライズはダイハツ・ロッキーと兄弟車です。これは、3代目パッソとブーン、ルーミー&タンクとダイハツ・トールと同じことです。

ボディデザインの大部分と基本メカなど、開発と生産はダイハツ工業が担当しているのですライズにおいても、ダイハツがトヨタに供給する、いわゆる「OEM車」となっているのです。小型車に強いダイハツがおおいに力を発揮しているわけです。

特にライズにおいては、ダイハツ工業が4代目タントで初導入した「DNGA」をトヨタ車として初導入している車種となっています。ここではトヨタ・ライズを中心にしていますが、ダイハツの功績はたいしたものです。

ライズの概要

トヨタ・ライズ

トヨタ・ライズ

当然ですがエクステリアは重要です。特にコンパクトクラスではボリューム感を意識して出さなければSUVらしさが感じられません。

その点、ライズのエクステリアデザインは、厚みがあるロアボディに、5ナンバーでありながらフェンダーが張り出し、大径タイヤと相まって力強いSUVらしいさを表現しています。フロントのグリル&バンパーは、最近のトヨタSUVではお馴染みである台形のロアグリルで、力強さとワイド感を表現しています。

こうした演出で、コンパクトなボディサイズだということを感じさせません。そして最低地上高も185mmと十分とってあり、CH-Rよりも本格を関します。ちょっとした悪路や雪道でもしっかり走れそうです。

車体のサイズは、全長3995mm、全幅1695mm、全高1620mm(ロッキー、ライズ共)という5ナンバーサイズで、特に最近は全幅を1700mm未満に収めるのが大変なのに、しっかり収めています。その結果、最小回転半径は17インチタイヤ仕様でも5.0mという小回り性で、狭い街中や混雑した駐車場でも運転しやすいのは間違いありません。全長が4m以内に収まると、カーフェリー料金も安くなります。

インテリア

インパネ

インパネ

インテリアのデザインについても、最近のトヨタ車にぬかりはありません。シルバーのデコレーションがフロントコンソールなどに施され、シフトレバーは高い位置にあります。インパネデザインはコックピットタイプで、言ってみればSUVならではのワクワク感があるデザインです。上級グレードでは、シートの赤いパイピングなどで、違ったアクティブな雰囲気も演出しています。

ラゲッジスペース

ラゲッジスペース

ラゲッジスペース

ラゲッジスペースも気になるところです。SUVを趣味やレジャー用に使いたいという人が多いわけですから、それは当然です。この点、ライズはリアシートを使用した状態でも、最大369Lという荷室容量、755mmの荷室長を確保しており、優秀です。

ラゲッジスペースの下にも大容量空間が用意され、2段可変式デッキボードで荷室の高さや容量を変えられます。デッキを上段にセットして、リアシートの背もたれを倒すと、フラットな荷室になります。デッキボードを取り外せば、背の高い荷物も積み込むことができます。

ラゲッジスペースのサイズと使い勝手に関して問題ありません。

走りの性能

トヨタ・ライズ

トヨタ・ライズ

前述のとおり、ライズには新プラットフォームが採用され、走りへの期待にも応えます。

プラットフォームは骨格形状の最適化、軽量で強度の高い高張力鋼板を各所に使用するなど、高いボディ剛性になっています。組み合わせるサスペンションも最適化、軽量化され、車高は高くてもフラットな乗り心地、コーナリング時のロールを抑えた走りを楽しめます。

エンジンは、ダイハツ製の1.0L直列3気筒ターボエンジン1KR-VET型です。
最高出力98馬力/6000回転、最大トルク14.3kgf-m/2400〜4000回転、という性能で、特にトルクに関しては、1.5Lの自然吸気エンジンに匹敵するレベルです。

更には、新開発トランスミッションとなる「D-CVT」が組み合わされ、力強い加速を実現しているそうです。これはベルト駆動式CVTにスプリットギアを組み込んで高速域にベルト+ギア駆動となるタイプで、伝達効率が向上しているのです。搭載モードは、パワー走行モード制御/Sレンジ/ブリッピング制御/マニュアルモード(シフトマチック制御)となります。

そして燃費は、カタログ記載のWLTCモードで18.6km/L(FF)、17.4km/L(4WD)ということで、十分に優秀な数値です。

安全・安心装備

安全・安心装備

安全・安心装備

ライズはトヨタの最新モデルですから、安全・安心装備も当然かなり充実しています。クルマと歩行者の両方を検知する「衝突回避支援ブレーキ機能」、前方車両の追従走行を支援する「アダプティブクルーズコントロール」は全車速に追従するタイプです。

「スマートパノラマパーキングアシスト」は、駐車時に音声案内&モニターガイド、ステアリング操作でサポートしてくれる駐車支援システムです。

前方&後方のブレーキ制御付きの誤発進抑制機能などを組み合わせた「スマートアシスト」は上級グレードに設定されています。

人気車間違いなしか!

カスタマイズ車

カスタマイズ車

非常にコンパクトなボディながらも、SUVらしい雰囲気と、実用性の高い機能が凝縮されたトヨタ・ライズは、人気車間違いなしのような気がします。

カスタマイズも充実しており、
POWERFUL STYLE
SPORTY STYLE
PREMIUM STYLE
MODELLISTA ADVANCE BLAST STYLE
MODELLISTA ELEGANT ICE STYLE
MODELLISTA SELECTION
TRD Aggressive Style
TRD Parts
T-SELECT  と豊富にそろっています。

206万円からという価格もかなり魅力的で、これは他社にとっても強敵となりそうです!
21 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

bsr-kansai bsr-kansai