2019年12月2日 更新

ベンツが、「SL」に特別仕様車「SL 400 Grand Edition」を追加!

「SL」はベンツの最高級ロードスターとして、圧倒的な高性能を誇る伝統のモデルです。今回この「SL」に特別仕様車「SL 400 Grand Edition」を追加したということで、その詳細を紹介していきます。

ベンツが、「SL」に特別仕様車「SL 400 Grand Edition」を追加!

特別仕様車「SL 400 Grand Edition」の詳細

デザイン

SL 400 Grand Editionを追加 (69435)

「SL 400 Grand Edition」は「SL 400」をベースに、日本のユーザーのためにご用意した本特別仕様車専用デザインのハイグロスブラックペイント19インチAMGツインスポークアルミホイールを採用しています。インテリアには、メルセデスの最高級ロードスターSLのトップパフォーマンスモデルである「メルセデス AMG SL 65」に採用されている、ダイヤモンドステッチがあしらわれたタンドラブラウンパールとブラックを組み合わせたナッパレザーシートとライトブラウンポプラウッドインテリアトリムが、極めて上質でエレガントな空間を演出しています。
また、通常は「SL 400」では選択できない様々な機能を特別装備することで、快適性などが大きく向上しています。
SL 400 Grand Editionを追加 (69434)

「マジックスカイコントロールパノラミックバリオルーフ」

ボタンを 1 回操作するだけでルーフの開閉を走行速度が約 40km/h まで自動で行うことができます(ルーフの開閉を開始できるのは停車時のみ)。また、ルーフトップの濃淡をボタンひとつで切り替えられることができ、クリアモードでは、頭上に空が広がり、寒いときなどでもオープンエア感覚を体感できます。ダークモードでは、室内の温度上昇を最大 10℃程度防ぎ、快適性を維持します。どちらのモードでも、ルーフ部のガラスが紫外線と赤外線を効果的にカットします。

「マルチコントロールシートバック」・「ドライビングダイナミックシート」

「マルチコントロールシートバック」は、シートに内蔵したエアクッションで、バックレストのサイドとショルダーエリアのサポート、ランバーサポートをきめ細かく調整できる機能です。
「ドライビングダイナミックシート」は、コーナリング時にバックレストのサイドが自動で膨らむことで乗員の身体をしっかりホールドする機能です。

「FrontBass®」・「Harman/Kardon®ロジック 7 サラウンドサウンドシステム」

運転席と助手席の足元にウーファースピーカーを内蔵する「FrontBass®」の採用により極めて高い音響性能と、ドア内蔵スピーカーが不要となったことにより、収納力が高いドアポケットを設けています。
また、特別装備の「Harman/Kardon®ロジック 7 サラウンドサウンドシステム」によって、最高級ロードスターに相応しい極上のサウンドを提供します。

特別仕様車「SL 400 Grand Edition」の価格

特別仕様車「SL 400 Grand Edition」の価格は、14,160,000円~(10%消費税込み)になっています。
ベースグレードである「SL 400」の価格が、13,290,000円~(10%消費税込み)なので、約100万円の価格差がありますが、そのぶん特別装備が充実しているので、妥当な価格だと言えます。ベースグレード「SL 400」の特長も以下に紹介してきます。

ベースモデル「SL 400」の特長

「フルアルミニウムボディシェル」

上質で俊敏な走りを追求するため、「フルアルミニウムボディシェル」を採用しています。軽量で高強度なアルミニウム材を使用するとともに、部位ごとに適した構造設計を採用して軽量化と高い剛性、最高レベルの安全性を同時に成立しています。
軽量で高い剛性のボディにより、ダイナミックな加速や正確で俊敏なハンドリング特性を発揮させることが可能となり、さらには、燃費向上にも大きく貢献して高い環境適応性を実現しています。

パワートレイン

「SL 400」に搭載される「3.0リッター V型6気筒直噴ツインターボエンジン」には、高性能直噴システムやカムシャフトアジャスターなどの採用によって、最適な燃焼状態を生み出し、また、革新的なNANOSLIDE®加工をシリンダー壁面に施した摩擦損失の低減技術などで、最高出力270kW(367PS)、最大トルク500N・m(51.0kg・m)を発生して、エモーショナルなサウンドと共に力強い加速を提供します。また、スタートストップ機能やオンデマンド式のオイルポンプ、優れた冷却システムなどの採用により高い環境性能も同時に実現しています。

まとめ

今回は、ベンツの最高級ロードスター「SL」の特別仕様車である「SL 400 Grand Edition」の詳細を紹介してきました。最高級ロードスターとして、どのグレードも1,000万円を超える価格設定になっていますが、それに見合う仕様になっており、所有する歓びを価格以上のものに違いありません。気になられた方は是非一度ディーラーに問い合わせていただくことをオススメします。
20 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

kannburi kannburi