2019年2月14日 更新

地味ながらもいい仕事!4代目スバルインプレッサ

クルマの評価において、「普通」や「平凡」という言葉は、あまりいい意味で使われるものではありません。むしろマイナスの意味で使われることの方が多いように思われます。ですが、「普通」で「平凡」なクルマは果たして悪いクルマなのでしょうか?4代目インプレッサに乗ってみると、全てが解決します。

地味ながらもいい仕事!4代目スバルインプレッサ

どんなクルマ?

インプレッサG4(スバル)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット】 (55743)

4代目スバルインプレッサは、2011年12月に発売されました。

先代とほぼ同等のサイズでありながら、ホイールベースを25mm拡大し、Aピラー下端を200mm前に出し室内スペースを広くしています。

外装はシャープなイメージに一新されましたが、内装もマルチインフォメーションディスプレイを搭載したり、ソフトパッドをあしらったりするなどクオリティが高められ、大きくなりすぎたレガシィを嫌うユーザーの選択肢となりうるクルマに仕上がっています。

エンジンは1.6Lと2.0Lの水平対向4気筒NAが搭載され、駆動形式はFFか4WD、トランスミッションはCVTが組み合わされますが、1.6Lの4WDモデルにのみ5速MTの設定がありました。

4代目のフルモデルチェンジに併せ、セダンタイプはG4、ハッチバックはスポーツというサブネームが与えられ、これまでのインプレッサと一線を画すという事を示しています。

幾度かのマイナーチェンジを行い、2015年6月にはハッチバックのスポーツにハイブリッドモデルを追加するなどし、2016年10月まで販売されていました。

4代目インプレッサのここがイイ!!

インプレッサスポーツ 2.0i−S(2011年12月) のカタログ情報(10073496)|中古車の情報なら【グーネット】 (55744)

ボディ剛性の高さ

4代目インプレッサに乗り、走り出してすぐに感じるのがボディ剛性の高さです。

交差点を曲がる時でも感じますが、剛性の高さが生きてくるのはやはり峠道でしょう。

それなりのペースでコーナーに進入しても、挙動が破綻することなくオンザレール感覚でコーナーを抜けていきます。

サスペンションも柔らかすぎず硬すぎず、しなやかな味付けになっているのでドライブがとても楽しくなります。

必要十分なパワー

1.6Lエンジンは115ps/5,600rpm・15.1kg-m/4,000rpm、2.0Lエンジンは150ps/6,200rpm・20.0kg-m/4,200rpmを発揮します。

ぱっと見は平凡なスペックに見えますが、1.3t前後のボディには十分です。

CVTのチューニングもよく、加速時は俗にいうラバーバンドフィールを感じません。

高速道路での燃費の良さ

これはやはりCVTのおかげでしょう。

1.6Lの4WDのカタログ燃費は16km/l位でしたが、高速道路ではそれを超える燃費をマークしたことがあります。

さすがに市街地では12km/l少々に落ちてしまいましたが、それでも当時のカタログ燃費を考えれば大したものです。

長距離を走行する機会が多い人にはオススメできるクルマですね。

4代目インプレッサのここはそうでもない…

インプレッサスポーツ 2.0i−S(2011年12月) のカタログ情報(10073496)|中古車の情報なら【グーネット】 (55745)

シートが低く乗降性が良くない

このクラスのクルマにしては珍しく、4代目インプレッサはアイポイントが低めです。

昔からセダンに乗り慣れている人は違和感を持ちませんが、トールワゴンに乗っている現代人には意外な程低く感じられる事でしょう。

長距離ドライブやスポーツ走行をするにあたってはシートポジションは低い方が良いのですが、頻繁に乗り降りを繰り返す使い方をする場合は多少煩わしく感じることもあります。

圧迫感

先代よりもAピラーを前に出すなどの工夫をしていますが、ルーフが低いのもあり、車内では多少圧迫感を感じます。

先述のとおり、トールワゴンに乗り慣れている人は「狭っ!!」と思うかもしれません。

地味なスタイリング

4代目インプレッサはシャープなデザインを与えられていますが、何というかこう、華がないように思えます。

実力はあるものの、控えめで地味なクルマです。

華がないと取るか、質実剛健と取るか。評価が分かれる所です。

まとめ

インプレッサスポーツ 2.0i−S(2011年12月) のカタログ情報(10073496)|中古車の情報なら【グーネット】 (55746)

4代目インプレッサは、地味な見た目とは裏腹に、押さえるべきところはきちんと押さえた実力派セダンでした。

内装の質感は昔のスバル車とは一線を画すもので、かつての野暮ったさは微塵も感じられません。

また走りの方も格別で、どちらかと言えば欧州車的な味付けです。

シャーシ性能がパワーを上回っているので、ペースを上げてコーナーに進入しても挙動が乱れる兆しすら見られません。

昔からセダンに乗り続けている硬派なユーザーにはもちろん、トールワゴンに飽きてきた若い人にもオススメできる一台です。

中古市場ではタマ数はそれなりにありますが、やはりセダンのG4よりもハッチバックのスポーツの方が多いようです。

アイサイトの付く最終型は200万円を越える値段が付けられていますが、古めの年式を探すと走行3万km程度でも100万円以下の個体を見つけることができます。

質実剛健なクルマを探している方は、ぜひ4代目インプレッサの購入を検討してみてください!
22 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ミナト自動車㈲ ミナト自動車㈲