2018年7月17日 更新

<動画も掲載> マクラーレンが600LTを発表!販売価格は、£185,500≒2750万円からとの事。デザイン・スペックを検証。

マクラーレンからLT=ロングテールが復活との事です。同車の歴代モデルを少しおさらいしながら、ニューモデルである600LTを解析して行きたいと思います。

<動画も掲載> マクラーレンが600LTを発表!販売価格は、£185,500≒2750万円からとの事。デザイン・スペックを検証。

マクラーレンのLTってどんなクルマ?

The new McLaren 600LT – The edge is calling

LT=ロングテールは、マクラーレンのDNAがそのまま反映された究極のマシンとして開発。パフォーマンスとスリルが極限まで追求されているモデル。

マクラーレンのすべてのマシンで体験できるドライビングを、純粋に楽しむ事ができるように最もシンプルな形で表現されているようです。

歴代の「ロングテール」には、素のままに表現された個性がありましたね。当時では最新のエアロダイナミクス、軽量、サーキット重視の仕様、強化されたパワー、さらにドライバーとの一体感が特徴のマクラーレンの「ロングテール」は、ドライビングを楽しむためのマシン。

1995年のル・マン24時間レースにおいてMcLaren F1 GTRは、1位、3位、4位、5位と多数入賞し、マクラーレンは世界的に有名な耐久レースに初参戦して優勝した初のメーカーとなっています。

McLaren F1 GTRの栄光の軌跡は、その場だけでは終わらなかったのです。McLaren F1 GTRは現代のモータースポーツ史の中で最も純粋なレースカー「ロングテール」へとさらに進化。

GTRの新バージョンは1997年に発表され、ドラッグを軽減しダウンフォースを向上する、リアエンドが長く伸びた特徴的なシルエットにふさわしい称号が与えられました。

それが、「ロングテール」。大幅な軽量化によって最適化されたMcLaren F1 GTR「ロングテール」は、すでに相当軽量であったMcLaren F1 GTRよりも100kgも軽いマシンに完成。

2015年にはジュネーヴ・モーターショーで、スーパー・シリーズで最もパフォーマンスを重視したモデル、McLaren 675LT Coupéが発表され、マクラーレンは伝説の「ロングテール」の名を復活。

500台限定で生産されたマクラーレン史上、最速かつ最もスリリングで最もドライバーフォーカスなオープントップモデルMcLaren 675LT Spiderは、わずか2週間で完売するほどの人気モデルとなりました。

McLaren 600LT Coupéは、名誉ある称号「LT」、すなわち「ロングテール」の名を冠したマクラーレンで4番目のモデル。世界的に有名なMcLaren 675LTと、象徴的な前身モデルの「ロングテール」を受け継いで開発されたMcLaren 600LTは、McLaren LTの歴史の新たな幕開けとなるように開発されているでしょう!
 (35932)

マクラーレン600LTのエクステリアデザイン等

600LTの特殊なエアロダイナミックボディワークには、軽く、強堅で頑丈な多数の素材が使用されているようです。アグレッシブなフロントスプリッター・改良されたサイドシル・長さが追加されたサイドインテークは、すべてカーボンファイバー製。

 (36489)

超軽量ホイールは、これまでスポーツ・シリーズに装備された最軽量のホイール+タイヤセット。McLaren 600LT専用の特注鍛造アルミニウム合金製ホイールでは、重量を軽減しつつ圧倒的パワーを発揮する10本スポーク設計。

テクニカルパートナーPirelliと共同開発した特注のP Zero Trofeo Rタイヤは、総重量で17kgの軽量化を達成尾も達成している模様。

スピードを求めたモデルでは、バネ下重量の軽減は、非常に重要ですよね?ここの軽量化も行われ、ダイナミックな性能に大きなメリットを与えているそうです。

軽量アルミニウム製キャリパーと屈強なカーボンセラミック製ディスクは、McLaren 720Sと同じ最新世代のブレーキシステムを採用することで、さらに4kgの重量軽減を実現させています。

サイドインテークとプロ仕様のカーボンファイバー製エアロダイナミクスパーツはすべて標準装備、印象的なダークパラジウム仕上げ。軽く頑丈な素材を完全に剥き出しにする、グロス仕上げヴィジュアル・カーボンファイバーの選択も可能との事。
 (36490)

カーボンファイバー製固定式リアウイングは、常に最適な車両バランスを維持するため、McLaren 600LTのフロントに装備された新しいエアロダイナミクスデバイスと連動稼動との事。固定式リアウイングのカーブ、断面形状、そして迎角は、すべてダウンフォース向上を最大限の考慮をして設計。

600LTのテールが、名実ともに長いことが作用し、カーボンファイバー製リアディフューザーが、さらにパワフルなデザインへ進化。これに加え、エキゾーストの位置変更により、ディフューザーの幅を広げ高さを出すことが可能になったことがディフューザーのさらなる効果につながっているようですね。
 (36491)

冷却性能を高次元で維持するために、600LTのカーボンファイバー製サイドインテークは15mm拡大されているようです。McLaren F1以降、マクラーレンのすべてのマシンに搭載されている特徴であるディヘドラルドアに、特徴的な「フローティングCピラー」も採用。空気が極めて高効率なインテークに誘導され、高温のラジエーターにフレッシュエアを導風。
 (36492)

McLaren 600LTの最大の特徴は、一切の無駄を排除した必要最小限のデザインにすることで、走るためのエアロダイナミクスを最大に持っていくこと。ウィングミラーアームのシルエットは断面が最低限に抑えられて、2%の冷却効率向上となっている模様。

ダウンフォースを最大限稼げて、軽量、且つ頑丈に仕上がっているリアウィングパーツ。ロングテールと言う特性からサイズも大型になっていますね。
 (36493)

マクラーレン600LTの内装デザイン

 (36494)

McLaren 600LTでは、内装までも大幅な軽量化。例えば、カーボンファイバー製レーシングシート。McLaren P1にて初めて導入され、後にMcLaren 675LTに採用されたレーシングシートの総重量は、600LTでは21kgも軽量化されているようです。さらに重量を軽減するため、600LTのキャビン全体にわたって軽量Alcantara仕上。

さらにフットウェルやシートの下にカーペット等はございません。エアコンもオーディオもナビゲーションシステムも未装備(お客様のご要望に応じて無料で追加装備できるます)。

フロントガラスやリアバルクヘッドスクリーンの厚さも薄くし、軽量化。エンジニアリングチームの科学と技術による徹底した細部へのこだわりが細部にまで浸透している600LT。
 (36496)

マクラーレン600LTのパワートレインと等

出力600PS、トルク620Nmを発揮する3800ccツインターボV8エンジンを搭載。カーボンファイバー製モノセルIIシャーシと軽量アルミニウム製ボディパネルにより、96kgの軽量化が実現。

さらに軽量化オプションをすべて装備した場合、最軽量の乾燥重量は1,247kg。1トンあたり481PSという驚異的なパワーウェイトレシオを発生。
 (36497)

まとめ

サーキットやレースに損間々参加することが可能となっているマクラーレン600LT。トップスピードは、328km/hとなっている様です。現在日本のホームページでもアナウンスが始まっています。マクラーレンの洗練された技術に
にLTの特徴的なデザインはいかがでしょうか???

参考URL
http://jp.cars.mclaren.com
24 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me