2018年6月7日 更新

プジョー508SWがフルモデルチェンジ?!鋭い顔立ちに、そして新しいシャーシにパワートレイン?!

2011年から販売の508SW。このモデルも既に7年が経過しています。新型のSW登場との報道がされました。来年早々には本国販売を行うとの事です。この新型を調査してみます。

プジョー508SWがフルモデルチェンジ?!鋭い顔立ちに、そして新しいシャーシにパワートレイン?!

プジョー508SWってどんなクルマ?

 (32640)

もともとは、プジョー407と607を統合して出来たモデルが508。その中でもセダンとワゴンが存在し、SWはワゴンタイプになっています。

パワートレインの特徴は、ディーゼルが主体となっている点。日本国内では、508SW GTグレードのワングレードが販売されています。2000㏄で180ps BlueHDiは、パワーと優れた環境性能を併せ持つクリーンディーゼルエンジン。

エンジンの基本構造は、コモンレール式高圧直噴システムを持つ4気筒DOHCターボディーゼルとなっており、同レベルの性能のガソリンエンジンに比べCO2 排出量、燃料消費量とも優れた環境性能を誇り、エコカー減税対象ともなっています。

このモデルの発売は、2011年から行われております。このプジョー508SWがモデルチェンジして登場するとの事です。このモデルの情報を追いかけてみます!
 (32641)

新型プジョー508SWエクステリアデザイン

フロントビュー

プジョーの最新デザインが、インストールされていますね。グリルもプジョーの最新版。そこにプジョーロゴであるライオンマークが鎮座。

ヘッドライトデザインも最新となっており、全LEDモジュールとなっている様です。昼間用のランニングライトは、ヘッドライトに対して垂直に伸びる構造となっており、斬新なデザイン。

スッキリしたボンネットデザインは、伸びやかな印象を持たせるようにゆったりとしたデザインになってもいます。

サイドビュー

現行型では、丸味を協調させていたサイドラインは、新型では、きつめにプレスラインを形成しており、ふくらみ部分と絞り込み部分を強調させていますね。

4780㎜の全長は、滑らかなラインで低めの屋根で構成され、前から後ろまで一連の流れを作り上げているともいえますね。
 (32800)

リアビュー

 (32801)

新しいテールランプデザインが、斬新となっているのがポイント。ブラックのラインで形成され、引き締め感もアップ。

テールランプのライティングも縦に伸びている発光となっており、ワイド感のリアボディ形状をシェイプアップする効果を増大。

テールゲートデザインもプレスラインが深く与えられており。バンパーデザインをそれに合わせるようにデザインされていますね。
 (32802)

現行型と比べても非常に、スポーティなデザインとなっているのではないでしょうか?幅広で低フォルムの印象が強くなっています。そしてルーフが低い印象がありますね。
 (32803)

シェイプされた居住空間にドシっとした腰下の印象ですね。テールランプのデザインと発光が非常に斬新であると考えます。
 (32804)

新型プジョー508SWの内装

現行モデル画像

 (32648)

新型モデルの画像

現行型のデザインは、スッキリした印象でそれ自体はよい仕様ではと考えます。新型ではどのようになっているのでしょうか?

一言で言うとハイテク時代に突入といった装備やそれに併せたデザインであるといえるでしょう!
・フルグレインのレザーコンパクトハンドル
・フリックシフト制御を備えた自動変速機のレバー
・ダッシュボード、セントラルコンソール、ドアパネルの幅広い装飾
・カーボンや天然木のような仕上げ
・ハンドルパネル、ドアパネル、通気口などのサテンクローム化

フロントシートは、5つのプログラム構成のあるマッサージ機能付きとなっている様です。

レンジハイファイシステムは、フランスの主要なブランドであるFOCALRによって設計。10個のラウドスピーカーを搭載したこのシステムは、車両全体に完全に分散された純粋で繊細なサウンドを提供してくれるとの事。
 (32805)

プジョーの中で最大のサイズとなる508SW。かなり広大な荷室を持っているのも特徴となっております。日々の荷物から、レジャー等での多い荷物まで楽に積載できると考えます。
 (32806)

新型プジョー508SWのパワートレインやサイズ

新世代のPureTechBlueHDiエンジンを搭載。
1600㏄のディーゼルエンジンを主体に構成され、ガソリンエンジンをオプションとして設定。ディーゼルは、1600㏄、1500㏄、2000㏄のラインアップとなっている様です。

組み合わされるミッションは、基本は8速オートマとなっており、排気量及びグレードにて6速オートマも採用。

EMP2プラットフォームの使用することで、燃料消費、受動的な安全性と性能の利点のために重量の削減に成功し、より高い剛性とより良い耐久性の保証を提供する24m分の構造接着剤の使用によって強化された新しいボディーとなっている模様。
 (32807)

まとめ

現在、2019年1月から新型プジョー508SWは、発売開始とされています。フランスホームページでは、既に掲載はされています。

日本にも順次導入されていくことでしょう!2019年の後半には、プラグインハイブリッドの導入も行われるとのことで、プジョーの最大ステーションワゴンの進化が楽しみですね!
31 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me