2019年3月25日 更新

ホンダの本格的なスポーツカーであるシビックタイプRの魅力を紹介します!

シビックにはセダンタイプ・ハッチバックタイプ・スポーツカータイプと豊富なモデルが用意されており、スポーツカータイプはシビックタイプRと呼ばれているモデルです。今回はこのシビックタイプRの魅力を紹介します。

ホンダの本格的なスポーツカーであるシビックタイプRの魅力を紹介します!

シビックタイプRってどんな車?

デザイン・カラー|スタイリング|シビック TYPE R|Honda (57537)

シビックタイプRは、ホンダが1997年から製造・販売しているスポーツタイプの乗用車です。現行モデルが5代目のモデルであり、2017年から販売されています。また先代モデルである4代目は750台の数量限定で販売されていましたが、今回の5代目は台数を限定しない通年販売になっています。

シビックタイプRの外観

デザイン・カラー|スタイリング|シビック TYPE R|Honda (57546)

外観は一目でスポーティーな印象を感じさせてくれる外観ですね。随所に赤いラインアクセントが加えられている点もそうですし、大型のリアスポイラーもスポーツカーとしての存在感を際立たせてくれています。センター3本出しの「トリプルエキゾーストシステム」を採用しており、気持ち良いエンジン音はもちろんのこと、外観面でもまたスポーティーさを演出してくれます。
車体寸法は、全長4,560mm・全幅1,875mm・全高1,435mmとなっており、全幅がかなり大きくなっています。よって、狭い道や狭い駐車場ではその全幅が運転する上で扱いづらいのが少し気になるところです。
デザイン・カラー|スタイリング|シビック TYPE R|Honda (57548)

シビックタイプRの内装

運転席周り

デザイン・カラー|インテリア|シビック TYPE R|Honda (57551)

運転席周りも、ドアを開けた瞬間スポーティーな内装が出迎えてくれます。外観同様、内装にも赤色のアクセントが随所に施されており、ドライブへの高揚感を高めてくれます。スポーツカータイプには珍しい電子制御パーキングブレーキを採用しており、サイドブレーキをかける際には指先一つで操作できる点は、先進性を上手に取り入れて良い仕上がりになっているなと感じさせてくれます。

室内空間

室内空間|インテリア|シビック TYPE R|Honda (57557)

室内空間は、前席がドライバーの操縦姿勢をしっかり保持するTYPE R専用シートを採用しています。このシートは、胸郭や大腿部をサポートするワイヤを設け、大きな面を作り出すことで高速旋回時の横Gや制動時の前Gからドライバーを効果的にサポートします。また座面には高密度ウレタンを使用し、疲れにつながる底づきを低減してくれます。
後席は前席とはシートが異なりますが、快適に乗車できるスペースが施されており、ドライブを楽しいものにしてくれます。
デザイン・カラー|インテリア|シビック TYPE R|Honda (57555)

ラゲッジスペース

荷室・収納|インテリア|シビック TYPE R|Honda (57560)

ラゲッジスペースは、ベース車となるハッチバックのユーティリティーはそのままに、大開口とゆとりの荷室を確保されています。またリアには6:4分割可倒式シートを備え、簡単な操作でラゲッジスペースを拡大できるようになっています。スポーツタイプのクルマでありながら、しっかりハッチバックの乗用車としての機能も備わっているのです。

シビックタイプRの走行性能

走行性能|性能・安全|シビック TYPE R|Honda (57563)

シビックのエンジンは、2.0L VTEC TURBOエンジンであるK20C型を採用しており、最高出力235kW[320PS]・最大トルク400N・m[40.8kgf・m]を達成しています。アクセルを踏んだ瞬間、シートに背中を押しつけられるような加速Gが立ち上がり、低回転からピークまで胸のすく吹け上がりが続きます。これだけの加速性能があれば、高速道路の合流時や追い越し時でも快適に走行できます。

またシビックタイプRには3つの走行モードが用意されています。
まず「+R」は、タイムを競うサーキットで極限の走りを追求できるようなモードになっています。レスポンシブルな変速とダイレクトなハンドリング、そして卓越したロードホールディング性を発揮してくれます。
「SPORT」モードは、街中からワインディングロードまで、フラットな乗り味とリニアなハンドリングで、心揺さぶる走りを堪能できます。
「COMFORT」モードは、街中やロングドライブなどの日常シーンでスポーティーな走りを満喫できるようなモードです。リラックスして運転できる滑らかな操縦感覚と、一緒にドライブを楽しむ同乗者にも快適な乗り心地を実現しています。

シビックタイプRの価格

シビックタイプRの価格は、4,500,360円(TYPE R)~でグレードはこの一択のみとなっています。走行性能は申し分ないほど素晴らしいですが、価格が少し高めで、スポーツカータイプで燃費性能もあまり良くはないので、所有するまでのハードルが高いモデルですね。

まとめ

今回はホンダの本格的なスポーツカーであるシビックタイプRの魅力を紹介してきました。
価格が少し高い点は気にところですが、走行性能の素晴らしさは所有する人へ後悔させない内容になっています。気になられた方は是非一度試乗してみてはいかがでしょうか?
25 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kannburi kannburi