2018年10月16日 更新

フォルクスワーゲンのスポーティーな走りを実感できる「Golf R」の特徴とは?

フォルクスワーゲンの中でも代表的な人気車種「Golf」はとても使い勝手が良く、電気自動車も存在するというまさに走る先進的な輸入車コンパクトカーです。しかし、「Golf」にはスポーティーな走行を実現する「R」タイプのモデルが存在するのです。 エンジン、トランスミッション、駆動方式に新たなる技術を加え、走りの刺激を呼び覚ますスポーティーモデルの「Golf R/R-Line」が誕生したのです。また、「Golf R」モデルのエンジン「2.0ℓTSI®︎エンジン」は、Golf史上最強パワーの最高出力310PSを発揮しているパワフルな車なのです。 今回は、そのパワフルな「Golf R/R-Line」についての特徴や歴史を紹介していきたいと思います。

フォルクスワーゲンのスポーティーな走りを実感できる「Golf R」の特徴とは?

「フォルクスワーゲン」のスポーツタイプ「R/R-Line」が生まれた歴史

Volkswagen R. | フォルクスワーゲン公式 (47011)

2010年に、フォルクスワーゲンのスポーツモデルを一手に手掛ける「Volkswagen R GmbH」を設立しています。
そして、WRC(世界ラリー選手権)をはじめとする世界最高峰のレースで磨き上げた技術や実績を惜しみなくフィードバックすることで、 R / R-Lineといったさまざまな高性能モデルを生み出しているそうです。
Rモデルは、ドイツ車ならではの質感と実用性の高さ、並のスポーツカーを軽く凌駕するダイナミックな走行性能を持っていて、R-Lineモデルは、「R」のデザインコンセプトを受け継いだ、スポーティマインド溢れるモデルです。

「Golf」と「Golf R」の外観と内観の違い

Golf R | ハッチバック | フォルクスワーゲン公式 (47015)

まず、フロントデザインのダイナミックさを感じさせるのは、フロントバンパーの大型エアダクトによるもので、高い冷却効果と力強い表情を演出しています。

リアにはルーフスポイラーやディフューザーを装備し高速走行の安定をサポートしています。
Golf R | ハッチバック | フォルクスワーゲン公式 (47018)

また、手に吸いつくように馴染む上質な本革ステアリングホイールや、3段階の温度調節ができるシートヒーターを内蔵した上質な本革を使用したトップスポーツシート「R専用レザーシート」を採用しています。
Golf R | R Models l Volkswagen R. | フォルクスワーゲン公式 (47027)

Golf R | ハッチバック | フォルクスワーゲン公式 (47021)

スポーティーな走行性能を実現する仕組み

2.0ℓ TSI®エンジン

2.0ℓ TSI®エンジン

現存する4気筒エンジンのなかの、最もパワフルなもののひとつがゴルフ Rの2.0ℓ TSI®エンジンです。

その実現には、モータースポーツ用エンジンに匹敵する開発プログラムが適用されています。最新型ユニットをベースにしたこのエンジンでは、ピストン、高圧インジェクションバルブ、ターボチャージャーなどを改良しています。

JC08モード 6速DSG® 13km/L
6速M/T 12.6km/L

エンジンを活かすトランスミッション

Golf R | ハッチバック | フォルクスワーゲン公式 (47026)

トランスミッションには、エンジンの強大なパワーを受け止めるため、湿式多板構造のマルチプレートクラッチを内蔵した新開発の7速DSG®を採用しています。
このDSG®は、シフトチェンジの際に片方のクラッチが離れると、もう一方のクラッチがオーバーラップするように接続されているデュアルクラッチシステムを採用しています。

わずか0.03~0.04秒3という、瞬きするほどの時間でシフトチェンジでき、切れ目のない滑らかな加速を実現するそうです。

また、6速M/Tトランスミッションを選択することも可能なので、走りの楽しみ方も豊富と言える機能と言えます。
 (47030)

また、レーストラックのように高速コーナリングが連続するシーンでは、ESC機能による介入を遅らせてよりアグレッシブな走りが楽しめる“ESCスポーツ”モードを採用しています。そして、必要に応じてESC機能を完全にカットオフすることが可能となっています。

アダプティブシャシーコントロール“DCC”とは?

 (47033)

センターコンソールのタッチスクリーン(カーナビなどがあるところ)で「エコ」「ノーマル」「コンフォート」「カスタム」、そしてゴルフ R専用に開発された「レース」の5種類からモードを選択できます。

この「レース」モードを選択すると、ダンパーの減衰力を高めるとともにエンジンレスポンスをよりシャープに、シフトポイントもパワーバンドを維持したアグレッシブな走りを楽しめるように設定を変更します。
 (47035)

進化した走行性能により安全性も向上

Golf R | ハッチバック | フォルクスワーゲン公式 (47037)

電子制御式ディファレンシャルロック“XDS”により、高速コーナリング時に駆動輪内側のグリップ不足を検知すると、“XDS”が瞬間的にブレーキをかけて内輪の空転を抑制し、失いかけたトラクションを回復させアンダーステアを軽減します。そして、加速時以外にも機敏なハンドリング特性が得られるよう進化されています。

プログレッシブステアリング

Golf R | ハッチバック | フォルクスワーゲン公式 (47041)

高速走行時に対応したグリップ性能やブレーキなど、様々な機能が走行性能を向上させていますが、この「Golf R」は、低速走行や駐車時には少ない操作で快適な取り回しを実現することができ、更にカーブが連続するワインディングではスポーティな走りを楽しめるなど、シーンごとに最適なハンドリング特性が得られるのです。

おそらく走行時の速度が上がるとこの「プロアグレッシブステアリング」が反応し、高速走行に合わせた操作技術を施したり、駐車時の後進時や徐行中の速度に合わせて操作技術も加わるのだと思います。

よって、様々な状況や危険な場面でも被害を回避軽減しやすい機能だとも言えます。
Golf R | ハッチバック | フォルクスワーゲン公式 (47044)

まとめ

スポーティーな走行を実現するために施された技術は安全性への強化にも繋がっていることが分かります。

そして、アクセルワークやホイールスピード、ステアリングアングルなどのパラメーターを分析して理想的な駆動トルクを計算し、瞬時にして前後輪のトルク配分を変更する4MOTION(フルタイム4輪駆動)も採用しているので、街乗りや高速走行時などの様々な状況に対応する走行を実現し、安定した乗り心地の良い走行を実感できます。

他にも「R」専用サスペンションにより通常モデルよりも車高を10mm落とすことでスポーティー走行を楽しみやすくするなど細かく工夫がされています。

また、新車価格は560万円くらいです。この記事を参考に是非「Golf R」の購入も検討してみてはいかがかと思います。
33 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

tatsuyantyan tatsuyantyan