2019年3月25日 更新

5月マイナーチェンジ予定のホンダ シャトル 情報を先行公開!

コンパクトステーションワゴンのホンダシャトルが、マイナーチェンジを迎えることになりました。同モデルの発売開始は、2015年となっています。新型のエクステリアや内装をご紹介していきます。

5月マイナーチェンジ予定のホンダ シャトル 情報を先行公開!

新型ホンダシャトルのエクステリア等

新型画像

ホンダでコンパクトステーションワゴンとなるシャトルが、2019年5月10日にマイナーチェンジをすることを発表しました。同社では、2019年5月10日にマイナーチェンジをするにあたり、「SHUTTLE(シャトル)」の情報を、Webサイトで先行公開もしています。

同モデルは、5ナンバーサイズのコンパクトステーションワゴンです。2015年5月に、「趣味やレジャーを愉しむユーザーに合った独自の価値を最大限に反映させた車種」をコンセプトに、フィットシャトルの後継モデルとして登場しました。低燃費な1500㏄ガソリンモデルと、ハイブリッドモデルがラインアップされています。

小型のシャトルですが、ホンダ独自のセンタータンクレイアウトを活かして、広い室内空間に多彩なシートアレンジが可能で、最大184cmのフラットな荷室長と広い荷室空間を有しているモデルです。
 (57566)

マイナーチェンジとなっていますので、基本的なフォームを大きく変更するのではなく、全体的に意匠変更を行い、販売数量拡大に結びつける狙いがあると言えます。

コンセプトワードは、「デザイン一新」です。洗練と上質の新型シャトルとしてモデルチェンジするということでしょう。

フロントで大きな変更点は、バンパー下部デザインの衣装変更とフォグランプのディテール変更です。フォグランプでは、ヘッドライトとシンクロするようなデザインにアップデートしています。

現行型画像

 (57564)

新型画像

 (57567)

リア部分では、テールライトデザインが大きくアップデートしています。また、リアサイドからリアゲートに向けてのディテールもアップデートさせていますね。現行型では、柔らかい印象のデザインであるのに対して、新型では、スッキリ、シャープにディテールされています。

現行型画像

 (57565)

モデルチェンジ時の大きな変更点等

マイナーチェンジで大きく変更された部分
①ホイールデザインを刷新し、よりスポーティでモダンになっています。
②テールランプデザインでは、下部をラインテールデザインにすることでリアを強調しています。
③フロントフォグランプは、ヘッドランプとシンクロさせたデザインにアップデートしてスタイリッシュにしています。
④ドアオープナー部分を同色からメッキカラーにすることで高級感アップに仕上げています。
 (57568)

ホンダシャトルの内装等

新型画像

 (57569)

インテリアでは、トリムカラーを変更したり、ステアリングスポークやシフトカラーが、光沢のあるブラックカラーに変更されています。

新たに、HYBRID Z・Honda SENSINGにメーカーオプション設定として「本革シート」を新設定しました。上質感アップだけでなく、クラス最大570L(5名乗車時)、1,141L(2名乗車時)のラゲッジスペースを実現しています。大きく低い開口部やフラットな床面も追求した点が、ホンダの技術であると言えますね。

現行型画像

 (57571)

全グレードに先進技術となるホンダセンシングが標準装備されています。
 (57589)

ホンダシャトルのグレード展開等

①HYBRID ・Honda SENSING [FF/4WD]
・Honda SENSING、Hondaスマートキーシステム、プラズマクラスター技術搭載フルオート、エアコンディショナー、Sモードスイッチ、15インチスチールホイール+フルホイールキャップ など

②HYBRID X・Honda SENSING [FF/4WD]
HYBRID・Honda SENSINGの装備に加えて
・LEDヘッドライト、運転席&助手席シートヒーター、ステンレス製スポーツペダル、自動防眩ルームミラー、リアセンターアームレスト(ドリンクホルダー付) など

③HYBRID Z・Honda SENSING [FF/4WD]
HYBRID X・Honda SENSINGの装備に加えて
・木目調インストルメントパネルガーニッシュ、クロームメッキ・アウタードアハンドル、カラードサイドシルガーニッシュ(クロームメッキ付)、ルーフレール、16インチアルミホイール など

④G・Honda SENSING(ガソリン車)[FF/4WD]
・Honda SENSING、ハイデッキセンターコンソール、コンフォートビューパッケージ(4WD)、オートリトラミラー、15インチスチールホイール+フルホイールキャップなど

全グレードに4WDモデルを設定しているのがシャトルの特徴ですね。また、現行型でラインアップしているホンダセンシング無しモデルがラインアップから外れていますね。

まとめ

ホンダシャトルは、2019年5月10日にマイナーチェンジを予定しています。マイナーチェンジ情報を、販売開始の2ヶ月近く前から先行公開すると言うのは、意外と珍しいのではないでしょうか!マイナーチェンジ情報を公開することで、ユーザーの期待感をアップさせる狙いもあるでしょう。このモデルの販売開始が楽しみです。
27 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me