2018年9月10日 更新

三菱「RVR」に「e-Assist」を標準装備化する一部改良を実施して発売

三菱自動車は、コンパクトSUV「RVR」に予防安全技術「e-Assist」を全車標準装備化するなど一部改良を施し、9月6日(木)から販売を開始しました。なお、昨年10月に発売した特別仕様車「アクティブギア」は継続販売されます。

三菱「RVR」に「e-Assist」を標準装備化する一部改良を実施して発売

「RVR」の主な改良内容

衝突被害軽減ブレーキシステム

衝突被害軽減ブレーキシステム

オートマチックハイビーム

オートマチックハイビーム

今回の主な改良内容は、三菱の予防安全技術である「e-Assist」の衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]、車線逸脱警報システム[LDW]、オートマチックハイビーム[AHB]を全車標準装備としたことです。(「G」、「ACTIVE GEAR」は従来から標準装備)また、後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)[BSW/LCA]、後退時車両検知警報システム[RCTA]を全車にメーカーオプション設定しています。

メーカー希望小売価格は2,104,920~2,541,240円、「ACTIVEGEAR」が2,520,720~2,757,240円となっています。

安全性能を高め、続々と登場する一部改良モデル

 (42391)

このところ、相次いで一部改良のニュースが続く国内の自動車メーカーですが、共通するのは大幅な改良ではなく、今回の「RVR」のように、安全性能を高めるというもの。新規に発売される新型車やフルモデルチェンジ、そして数年に一度のマイナーチェンジを待たずして、発売年度が古い車種にも、最新機種と同等の安全性能を持たせないとユーザーにそっぽを向かれるという現状に対応しているようです。

一部の採用にとどまった「RVR」

エクステリア | RVR | 乗用車 | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (42394)

今回の「RVR」の改良では、衝突被害軽減ブレーキシステム、車線逸脱警報システム、オートマチックハイビームを全車標準装備したことは評価されますが、正直言ってまだだったのかという感想です。また、後側方車両検知警報システムと後退時車両検知警報システムが標準化されず、全車にメーカーオプション設定となっているのは残念。多少価格が上がっても、販売台数に響かない車種であるので、すべての装備を全車に装備してもらいたかった。

苦しい立場の「RVR」

新型SUVエクリプスクロス

新型SUVエクリプスクロス

三菱のSUVラインナップの中では、PHEVや3列シートを装備したの先進性で評価の高い「アウトランダー」や、久しぶりのニューモデルで話題性のある「エクリプスクロス」に挟まれた「RVR」。価格帯がそれら兄弟よりも安いこと以外に、ユーザーが購買欲を掻き立てる魅力に乏しいことは否めません。

それでもSUVの魅力は健在

特別仕様車「アクティブギア」

特別仕様車「アクティブギア」

2010年にデビューした現行モデルですが、プラットフォーム、クロスメンバーやなどを、当時の4ドアセダン、ギャランフォルティスのコンポーネンツを大幅に流用した経緯もあり、基本設計の古さは否めません。それでも、通常SUVのモデルサイクルとしては7.8年は短くはなく、走行性能自体は新型車に見劣りはせず、ハードな4WD車としてまだまだ通用するはずの「RVR」は魅力的なSUVとして評価されています。
ドライブモードレセクター(プッシュボタン)

ドライブモードレセクター(プッシュボタン)

もう一度「RVR」を見てみると、2017年に大幅にフェイスチェンジを行ったことで、8年の歳月を感じさせないスタイリッシュな面構えとなっています。また、特別仕様車の「アクティブギア」は、多少盛りすぎな面もありますが、かなり意欲的な仕上がりで、「RVR」を選ぶならこれで決まりというモデルです。

しかし、近年の安全性能や運転支援システムの技術開発のスピードは速く、SUVであってもユーザーも基本性能以前にこれらの装備や機能で選択する時代となっています。SUVだから、古い設計だからでは許されないのです。この流れに追いつくためにスピード感ある対応で改良し続けないと、どんなに評価の高い車種でも淘汰されるでしょう。

まとめ

2018年にはフルモデルチェンジといううわさもありましたが、今回の改良で少なくとも日本国内においては当分は現行モデルの販売が続きそうです。

しかし、コンパクトSUVの需要が拡大する今、「エクリプスクロス」より小さくて安い価格のモデルは必要不可欠です。日産とのコラボなどもう朝されており、近いうちに新生「RVR」が登場するかも知れません。
20 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン