2019年1月7日 更新

新型アウディSQ2登場!Qシリーズ最小のデザイン・パワートレイン等は?

アウディQ2シリーズに待望のSQ2が登場しそうです。本国ドイツでは、販売開始になっています。日本にも2019年には、導入されるのではないでしょうか?SQ2のエクステリア・スペック等をご紹介していきます。

新型アウディSQ2登場!Qシリーズ最小のデザイン・パワートレイン等は?

アウディSQ2のコンセプト等は?

アウディSQ2は、Q2シリーズの中で上位モデルとして登場します。コンパクトSUVの中で際立つ存在になるように、エクステリアから内装、そしてパワートレインまでを新採用したモデルです。最高速度は、250㎞/hを達成し、安全装備面等もQ2シリーズのトップレベルにふさわしい装備になっています。

アウディSQ2のエクステリアデザイン等

同車は、シリーズの上位グレードになるモデルです。エクステリアデザインは、通常のQ2モデルよりもスポーティに仕上がっています。フロントグリルデザインは、8角形のシングルフレーム中に縦8本のダブルバー仕様です。

バンパーサイドのエアスリットもサイドで大きく開口していて、スポーティさとワイドフォルムを形成しています。パーツをブラック化することでよりスポーティに見せる工夫がされていますね。

エクステリアカラー以外のパーツ部分をブラック化した仕様は、他メーカーの特別仕様モデルでもチョイスされています。陰影をはっきりさせたデザインが、これからのトレンドではないでしょうか?
https://www.netcarshow.com/ (52439)

via https://www.netcarshow.com/
サイドセクションは、多方向からプレスラインが設けられていて、クッキリとした輪郭を表現しています。SQ2では、サイド下部にクワトロのデカールをインストールして、AWDをアピールしています。通常のQ2シリーズが、FFなのに対してSの称号を得たSQ2は、クワト(AWD)モデルです。

リアセクションでは、ルーフスポイラーを装着することで、高いダウンフォースが得られる仕様です。また、マフラーテールエンドは、左右2本ずつの4本出しとなっています。

エクステリアカラーは、アイビスホワイトを基本色に、オプションでアラブルー、デイトナグレー、フローレットシルバー、グレーシャーホワイト、ミトスブラック、クォンタムグレー、タンゴレッドが選択できます。
https://www.netcarshow.com/ (52440)

via https://www.netcarshow.com/

アウディSQ2の内装デザイン等

SQ2内装デザインは、エクステリアのスポーティな印象をシンクロさせたデザインです。メーター装飾やフットペダル類は、シルバー基調にしています。コンソール類は、ブラック基調としてアクセントにレッドを散りばめて、高級感と上質感を表現しています。

同じくシートもブラック基調にレッドアクセントを採用して、内装全体的にシンクロさせたデザインです。メーター内のアウディバーチャルコックピットは、オプションで利用可能になっています。

標準装備のMMIコックピットも、バーチャルコックピットでも、スタート画面がSシリーズ固有のデザインとなっていて特徴的です。
https://www.netcarshow.com/ (52441)

via https://www.netcarshow.com/
SQ2のシート素材は、革と布を組み合わせたレザー/アルカンターラミックス、またはナッパレザー素材をオプションで選択できます。シートにもS専用のロゴがインストールされています。

安全装備に関して
アウディプリセンスフロントが標準装備になっています。さらにアシスタントパッケージも付属していて、アウディアクティブレーンアシスト、アダプティブクルーズコントロール、ストップ&ゴー機能、渋滞アシストなどが装備されています。
https://www.netcarshow.com/ (52442)

via https://www.netcarshow.com/

アウディSQ2のパワートレイン等は?

2000㏄4気筒TFSIエンジンを搭載しています。300psと公開されていますので、現在のS3セダンに搭載されているパワートレインより10psほどアップされて搭載されているでしょう。組み合わされるミッションは、7速Sトロニックです。

クワトロ(AWD)が、他のSモデルと同様に標準装備となっています。アウディクワトロは、完全に電子コントロールされ、適切な駆動配分を4輪にミリ秒単位で行ってくれる優れものです。

同車は、Sスポーツサスペンションを採用して、通常モデルよりも20mm車高を下げています。通常モデルよりもパワーアップした分、旋回性能、最高速時安定など、ワンランク上の仕様になっています。

ベースモデルのQ2はどんなクルマ?

 (52443)

アウディQ2は、平成29年に登場した小型タイプSUVです。全長×全幅×全高㎜=4,200×1,795×1,500㎜と小さいながらも、小回りが利き、立体駐車場も大丈夫なプレミアムSUVとなっています。

パワートレインは、1000㏄と1400㏄が用意されています。FFモデルのみのラインアップとなっていて、ミッションは7速Sトロニックです。

販売価格は、2,990,000円から4,110,000円までのラインアップです。これに各種のオプション選択にて、お好みの仕様に仕上げていくことができます。

このQ2シリーズにSの称号を与えた、スポーティ且つエレガントなモデルが登場すると言うことですね!本国での発売は、始まっていますが、日本への導入が、早々にされるかという事も気になる点です。
 (52445)

まとめ

アウディの最小サイズSUVとなるQ2シリーズに、待望のホットモデルとなるSQ2が、本国で販売開始になりました。小さいボディに300psの高出力エンジン+クワトロシステムで登場です。

本国ドイツでは、販売価格が日本円で約570万円程です。S3セダンやS3スポーツバックの日本価格を見ていると、SQ2の価格は、570万円前後で本国価格に近いと予想します。日本にも2019年中に、導入されることに期待します。
20 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me