2019年9月18日 更新

女性にもオススメの日産のコンパクトカー「マーチ」!メリット・デメリットを紹介します!

「マーチ」は、日産のコンパクトカーとして販売されており、30年以上の歴史のあるモデルになっています。今回はこのモデルのメリット・デメリットを紹介していきたいと思います。

女性にもオススメの日産のコンパクトカー「マーチ」!メリット・デメリットを紹介します!

「マーチ」の概要

日産:マーチ [ MARCH ] コンパクトカー | 外観・内装 (66199)

「マーチ」は、日産が1982年から製造・販売しているハッチバック型のコンパクトカーです。現行モデルは4代目のモデルであり、2010年から販売されています。
走行性能として、まず搭載エンジンは、「HR12DEエンジン」を採用しており、このエンジンは軽量でコンパクトで、燃焼効率がよく、低燃費を実現します。低中速走行時でのトルクが力強く、発進・停止の多い街中でもキビキビ走れます。トランスミッションはエクストロニックCVTを採用しており、高速走行時には、エンジンを低回転に抑え、すぐれた低燃費に貢献します。さらに、発進時や低速走行時でのレスポンスの向上により、スムースな走りを楽しめます。

「マーチ」のメリット

①デザインが可愛い

ナデシコピンク +パーソナライゼーション

ナデシコピンク +パーソナライゼーション

「マーチ」が女性にもオススメな理由の一つとして、このクルマのデザインがあります。特に丸みがあるボディーラインは、女性に受け入れられやすいデザインになっており、可愛らしさを演出しています。
ボディーカラーも、一色、一色に特別なこだわりをもった11色がラインアップされており、特にナデシコピンクは、女性向けに設定されたカラーになっています。さらにパーソナライゼーション専用色(ホワイト)もグレード別に設定されており、白の差し色で個性もプラスできます。

②運転しやすい

さらに女性にオススメな理由としては、このクルマの運転しやすさにあります。「マーチ」のボディーサイズは、全長3,825mm・全幅1,665mm・全高1,515-1.525mmになっており、コンパクトカーの中でもコンパクトなサイズになっています。全長が4,000mm以下で、全幅も通常のコンパクトカーの1,695mmより30mmもコンパクトな設計になっているので、日本の狭い道には最適なクルマになっています。さらに運転席からの視界の良さに加えて、わずか4.5mの最小回転半径により、狭い道や曲がり角の通過、縦列駐車、Uターンもスムースです。

③購入しやすい価格

「マーチ」の価格は、1,151,280円(S)~1,589,760円(G パーソナライゼーション)になっています。(※NISMOモデルは除く)
コンパクトカーは100万円台後半~200万円前半までが相場でありながら、軽自動車と何ら変わらない価格帯になっています。上位グレードでオプションなど諸々装備しても200万円前後で価格を抑えることができるので、この価格でコンパクトカーを購入できるのはとてもありがたいですね。

「マーチ」のデメリット

①先進の安全装備である自動ブレーキが未搭載

「マーチ」には、先進の安全装備である自動ブレーキが未搭載です。2010年以降フルモデルチェンジが行われておらず、現在他の車種では当たり前に搭載されている先進の安全装備が備わっていません。今まで「マーチ」は、約8年~10年のスパンでフルモデルチェンジを行っているので、近い将来行われるフルモデルチェンジで先進の安全装備が搭載されるのを期待したいです。

②燃費性能がライバル車と比べて劣る

「マーチ」の燃費性能はJC08モードで最大23.0km/Lと低燃費な数値ではありますが、ライバル車には劣ってしまいます。ライバル車のトヨタの「パッソ」は最大28.0km/Lとさらに低燃費な数値になっているので、この差は維持費には大きく影響はしてきます。

まとめ

今回は日産のコンパクトカーである「マーチ」のメリット・デメリットを紹介してきました。
以上に挙げた点から「マーチ」は、コンパクトカーの中でも運転しやすくデザインも可愛らしいので、女性にオススメのクルマであることは間違いありません。デメリットもありますが、フルモデルチェンジが行われたならばこのデメリットはなくなる可能性は大きいので、コンパクトカーとしてはよくできたクルマだと評価できます。気になられた方は是非一度試乗してみてはいかがでしょうか?
18 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kannburi kannburi