2018年6月4日 更新

アキュラから新RLXが登場。日本ではレジェンドとして販売されてます。海外と国内の違い等も考察!

日本でも生産しているアキュラブランドのRLX。今回は、国内名レジェンドが、マイナーチェンジをしてからのRLX登場となりそうです。日本発進の海外ブランドを追いかけます!

アキュラから新RLXが登場。日本ではレジェンドとして販売されてます。海外と国内の違い等も考察!

新型アキュラRLXのエクステリアデザイン

新型アキュラRLX画像

https://www.netcarshow.com (32001)

via https://www.netcarshow.com
2012年から登場したホンダのフラッグシップセダンのアキュラブランドであるRLX。生産自体は、埼玉工場にて行われ、ブランド名違いにより国内・海外拠点の販売網となっていますね。

フロント部分での大きな違いは、ブランドロゴの違い。多分筆者が想像するにこの部分の違い以外ないとも考えます。

フォグランプの有無に関しては、日本仕様ではオプションとなっている点と日本ではハイブリッドモデルのみの展開なので、FFモデルとの違いによるものでは???



日本導入レジェンド画像

 (32007)

新型アキュラRLX画像

https://www.netcarshow.com (32002)

via https://www.netcarshow.com
アキュラブランドもレジェンドもホイールデザインも同様となっておりますね。グレードロゴの違いではないでしょうか?

日本導入レジェンド画像

 (32005)

新型アキュラRLX画像

https://www.netcarshow.com (32003)

via https://www.netcarshow.com
欧州・米国販売モデルのRLXと日本モデルのレジェンドで、灯火類の変更等も無く共用されているということは、世界基準と日本の基準双方合致したデザインであるとも言えます。

さらには、あくまでもホンダ埼玉工場にて統一生産されることにより、ホイールデザインも一緒で、あくまでネーミングの違いとグレード(2種類)の違いのみのエクステリアデザインかと。

日本導入レジェンド画像

 (32006)

新型アキュラRLX画像

 (32345)

本当は、最新のヘッドライトモジュール(新型アコード等)になるのかなと想像しましたが、現状でRLXやレジェンドのLEDモジュールも最新に近いデザインであるともいえます。

今後モデルチェンジを行う際に、さらに細かくブロック数を増やしたLEDヘッドライトに切り替わっていく可能性もあるのではないでしょうか?

日本導入レジェンド画像

 (32011)

新型アキュラRLXの内装

新型アキュラRLX画像

 (32346)

内装では、RLXでは、ホワイト基調のカラーデザインとグレー系のデザインが用意されているようです。国内モデルのレジェンドでも数種類のカラーが用意されブラック・ブラウンもホワイト・グレー以外に用意されてますね。

こちらは、お国柄により好きなカラー嗜好も違うので、フレキシブルに対応していくことになるでしょう!

日本導入レジェンド画像

 (32015)

新型アキュラRLX画像

 (32347)

ホンダの中でもフラッグシップ大型セダンクラスです。リアの居住空間は非常にゆとりのあるものになっていますね。

今回のRLXのモデルチェンジは、あくまでマイナーチェンジ的な存在となっていることが、全体的に考えられます。

そしてレジェンドは今年2月にマイナーチェンジしフロントフェイスを大きく変更して登場しております。これに併せてRLXもモデルチェンジという印象。

日本導入レジェンド画像

 (32017)

新型アキュラRLXのパワートレイン

 (32348)

2種類の高出力パワートレインを継承。

①3500㏄直噴SOHC i-VTECRV6エンジン、最高出力310ps。こちらはFF駆動。
最大の特徴は、RLX用にのみ採用されているシステムが、ポイント。それは、燃費向上と出力向上に役立つ高度な摩擦低減技術が採用されている点。

インテークマニホールドデザイン、タンブルタイプの吸気ポート、高度なピストンクラウン形状、3気筒休止システムによる燃費向上とパワーの両立。

②V6型3500㏄と、Acuraの先進的な3モータースポーツハイブリッド全輪駆動システムを搭載したRLX Sport Hybrid SH-AWD。このモデルは、日本のレジェンドでも採用されているシステムですね。

ハイブリッドモーターを3個採用、クランクシャフトで回転する7スピードデュアルクラッチトランスミッションと一体化されたものと、後輪に動力を供給する一対のリアモーター(ツインモーターユニット)となってますね!

今回のモデルチェンジでは、日本未導入のFFモデルにて10速オートマの採用を行っている点。ハイブリッドでは、7速オートマを継続とのことで、今後10速オートマモデルも日本導入してほしい所。折角国内でも生産しているので。
 (32019)

まとめ

今回アキュラRLXのモデルチェンジ情報を記事にしていくうちに、今までとは少し違った印象を受けました。

それは、最近の傾向として国内メーカーの乗用車(軽以外)は、海外からモデルチェンジして、国内もというベクトルが多かったと考えます。

これに対してRLXは、あくまで埼玉工場において生産しているということもあり、まずはレジェンドからモデルチェンジして、RLXへとなっている点。

先代モデル画像を見ても非常にフロントデザインは刷新されていますし、エンジンやミッションの改良、内装質感等の改良も行われていることが伺えます。

日本発進のモデルチェンジである点、日本基準でパーツを構成、ロゴの変更を行っている点が非常に興味のわくところ!

マイナーチェンジ前レジェンド画像

https://www.goo-net.com (32117)

via https://www.goo-net.com
40 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me