2018年9月4日 更新

フォルクスワーゲン ビートルの魅力を御紹介!

ドイツのブランドメーカーのフォルクスワーゲンのビートルは、見た目のデザインから多くの方に親しまれ、一度は乗ってみたいと思わせるほどのユニークな印象を持っています。初代のビートルは、映画やドラマなどでもよく出てきています。2019年にはビートルの販売を終了してしまうとの噂を耳にしていますが、そのビートルの魅力を御紹介していきたいと思います。

フォルクスワーゲン  ビートルの魅力を御紹介!

フォルクスワーゲンの歴史

フォルクスワーゲン・タイプ1 - Wikipedia (41305)

世界の工業デザインをリードするドイツで生まれたフォルクスワーゲンのコンセプトは「10年経っても古く見えないクルマ」と言われています。そして、時代流されない普遍的な美しさを実現した車を作り続けています。

また、ナチス政権のヒトラーの時代の代表的な車でもあり、「国民車」と呼ばれていたのです。そして、第二次世界大戦の軍事車両として作られていたこともあったのです。そのイメージを覆すかのように登場して人気が今も出ているのがビートルです。また、2019年に販売終了をすることをきっかけに作られた限定車「Sound」が2018年1月に発売されています。

そして、その限定モデルの車「Sound」の名前から来るように、プレミアムサウンドシステム「フェンダーサウンド」を搭載し、8つのスピーカーとサブウーファー、400Wハイパワーアンプの組み合わせにより、躍動感溢れるサウンドを聴くことができるとのことです。

ザ・ビートルの魅力とは!?

フォルクスワーゲン・ザ・ビートル - Wikipedia (41308)

可愛らしさイメージのデザインも魅力的ですが、最近では少し凛々しくなったデザインも登場しています。新しいビートルのラインアップは「The Beetle Base」「The Beetle Design」「The Beetle R-Line」「The Beetle 2.0 R-Line」の4種類であるそうです。

フォルクスワーゲンは、安全性に重視している!?

The Beetle | ハッチバック | フォルクスワーゲン公式 (41311)

フォルクスワーゲンは、全ての車に世界トップレベルの安全技術を標準装備しているそうで、フォルクスワーゲン=安全な外車という印象を持っても良いのかなと感じます。

予防安全・衝突安全・二次被害防止の3つのステージに重点を置き、危険を回避する性能が取り付けられているそうです。

特にこの二次被害防止は、国産車の安全システムでは大きく取り上げられているケースが少なく、意外と珍しいのではないかと筆者は感じています。

純正インフォテイメントシステム バイキセノンヘッドライト

The Beetle | ハッチバック | フォルクスワーゲン公式 (41314)

ハロゲンヘッドライトの約2倍の光量で、より遠く広範囲に光を照らすことができ、夜間のドライブでは視認性を向上させることができるそうです。また、ポジションランプに採用したLEDがフロントマスクを表情豊かにしています。

ザ・ビートル・ベイス

フォルクスワーゲン見積りシミュレーション The Beetle (41318)

シンプルであるからこそオプションやアクセサリーでデザインもしやすく、自分らしい一台に仕上げることができるモデルです。
また、フロントバンパー/リアバンパーはよりスポーティーに力強さを感じさせるデザインです。

1.2LTSI®️エンジン

The Beetle | ハッチバック | フォルクスワーゲン公式 (41321)

一般的なエンジンより小さく作られ、高効率に、そして低燃費に作られたのがこの1.2LTSI®️エンジンです。

必要なだけの燃料を噴射する直射する直噴技術と、効率良く多量の空気を送り込む過給機を2つ組み合わせ、優れた燃焼効率と高出力を両立しています。

また、DSGトランスミッションの搭載により、シフトチェンジの際のタイムラグを限りなくゼロにし、切れ目のないスムーズな加速や高効率による低燃費を実現しています。
The Beetle | ハッチバック | フォルクスワーゲン公式 (41323)

格好良い!ザ・ビートルの特別仕様車

The Beetle | ハッチバック | フォルクスワーゲン公式 (41325)

2019年に販売を終了するザ・ビートルに、特別仕様車「The Beetle Exclusive」が登場します。「Sound」のモデルとはまた異なり、標準モデルに合わせて選ぶことができるので、シンプルな魅力がそのまま備わっており、格好良い黒のデザインのビートルに乗ることができます。

上質な室内空間を演出や後方カメラの設置などの実現。

The Beetle | ハッチバック | フォルクスワーゲン公式 (41328)

ダイヤモンドステッチを施した上質なナパレザーシートで、2トーンカラースポーツシートでもあります。華やかで上質感のある室内空間を演出していてとても楽しい気持ちにさせられます。

また、車の後方を映すリヤビューカメラの搭載や、安心感を高める先進のセーフティーシステムの装備などが施され、より安心して楽しく運転をすることができるようになったのです。
The Beetle | ハッチバック | フォルクスワーゲン公式 (41330)

まとめ

ザ・ビートルはレトロ感の雰囲気を演出しつつ、先進技術による安全性や機能性、走行性能の進化により以前より楽しく運転をすることができるようになったと感じています。

また、ドイツ車ならではの実感と実用性の高さに、ダイナミックなスポーティー走行性能を実現したRモデルにも一度は乗ってみたいと感じています。

ザ・ビートルのグレードにもRが存在し、スポーティーな走行性能を実感できることから、レトロで実用性があり、運転を楽しみたい方にとっては必須の車であると感じています。
28 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

tatsuyantyan tatsuyantyan