2019年4月22日 更新

ボルボからV40のFinal Editionが特別限定50台で登場

ボルボからV40の特別限定モデルが、4/11から販売開始になりました。同社は、V40の最終章として50台限定で販売しているという事で しょう。このモデルのエクステリアや内装等をご紹介していきます。

ボルボからV40のFinal Editionが特別限定50台で登場

ボルボ V40 T5 R-Designファイナルエディションの概要等

ボルボは、プレミアムショートワゴンV40の特別限定車「T5 R-Designファイナルエディション」を2019年4月11日から50台限定で発売開始しました。価格は、469万円(消費税込み)です。

ドライビングをこよなく愛する大人の心底に響き、モデル独自の持つ美しさを醸し出す洗練された「R」の称号モデルです。V40 T5 R-Designは、V40の最終章としての幕を開けました。走りへの情熱を身にまとったスタイリングに、アグレッシブにチューンされたパフォーマンスが特徴的ですね。

この最終章モデルは、R-Designならではとなる資質のすべてが溢れ出すかのように、ダイナミックなドライビング特性も特徴のひとつです。さらに特別装備のパノラマ・ガラスルーフや、スポーツドライビングの愉しさ、磨かれた快適性を装備しています。大人のために追求されたスポーティモデルとしての終着モデルと言えるでしょう。
 (58995)

ボルボ V40 T5 R-Designファイナルエディションのエクステリア等

エクステリアデザインでは、大人のスポーツ性、ドライバーの心中を満たすディテールをコンセプトに表現させています。細部にまで極められたエクステリアデザインに仕上げていますね。専用フロントグリルやフロントバンパーが装備され、足元を飾るアルミホイールデザインに、リアのテールパイプやディフューザーまで心躍らす仕様です。

モデル全身に、スポーツマインドをまとうエクステリアデザインと言えるのではないでしょうか。この上ない開放感をもたらす特別装備のパノラマ・ガラスルーフでさえ、スポーツエッセンスを付加するポイントですね。

ボディカラーは、全5色です。パッションレッド、アイスホワイト、クリスタルホワイトパール、オスミウムグレーメタリック、オニキスブラックメタリックとなっています。
 (58996)

専用装備&特別装備内容エクステリア部分
・シルクメタルフレームフロントグリル
・フロントバンパー、リアバンパー(専用ディフューザー付)
・シルバードアミラーカバー
・デュアルスポーツテールパイプ
・スポーツサスペンション
・スペシャルデザインアルミホイール”Ixion4”(ダイヤモンドカット、マットブラック)7.5J×18インチ
・パノラマ・ガラスルーフ(特別装備)

T5 R-Designファイナルエディションは、50台限定だけに色々な特別装備が、専用デザインとなっているパーツが多いですね。
 (58997)

ボルボ V40 T5 R-Designファイナルエディションの内装等

内装は、スポーツドライビングを支えるための仕様で仕上げています。至福の快適性とスポーツドライブを両立させる為に究められたインテリア空間となっていますね。

内装には、本革パーフォレーテッドレザーコンビネーションシートに、専用テーマカラー液晶デジタルメーターパネル、専用のアルミニウムパネルやフロントドアにスカッフプレートなどが施され、このモデルがR-Designファイナルエディションであることをきちんと主張するデザインです。
 (58998)

内装でのR専用&特別装備内容
・デジタル液晶メーターパネル(3テーマ選択式・特別装備)
・本革パーフォレーテッドレザーコンビネーションシート(特別装備)
・ステルスアルミニウムパネルフロアマット(特別装備)
・フロントドアスカッフプレート(特別装備)
・本革巻シルクメタルステアリングホイール
・イルミネーテッドシフトノブ(チャコール)、本革巻ハンドブレーキグリップ
・サイドウインドークロームトリム
・リア・シートヒーター(特別装備)

専用装備にシンクロするように仕上げられた、内装特別装備ですね。最終章モデルにふさわしい内装に仕上がっています。
 (58999)

ボルボ V40 T5 R-Designファイナルエディションのパワートレイン等

パワートレインは、2000cc4気筒直噴ガソリンターボエンジンを搭載しています。最高出力は、245psです。傑出したパワーと燃費性能を両立するこのユニットは、350Nmの最大トルクを1,500rpmから4,800rpmの幅広い回転域で発生するハイパフォーマンスエンジンです。高回転域では、レスポンスと伸びやかなフィールも特徴としています。

組み合わされるミッションは、ギアトロニック付8速オートマチック・トランスミッションです。パドルシフト付きでパワフルかつ思いどおりの走りを可能にするだけでなく、きめ細かくなめらかなギアチェンジが出来ることで、高い燃費性能に仕上がっています。

足回りには強化フロントダンパーとモノチューブリアダンパーと専用のスポーツサスペンションを採用することで、スポーツマインドを更に掻き立てられる仕様です。

安全装備面では、
歩行者エアバッグをはじめ、先進の安全・運転支援技術「インテリセーフ」を標準装備しています。ドライバーの安全を確保することが第一であるという思考は、ボルボのクルマづくりで変わることのない基本理念ですね。


 (59020)

まとめ

ボルボでも公表していますが、V40の最終章としてこの限定特別モデルが登場しています。全国限定で50台となっています。少量数量での販売台数ですので、お気になった方は早めに店頭に行ったほうが良いのではないでしょうか。
 (59105)

19 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me