2018年6月4日 更新

【人も愛車もゆっくり】 カーフェリー特集!

普通、車で遠出となると、運転して目的地まで向かう事を想像しますよね。 ですが、それだと数百km以上の距離になると体力的にしんどくなりますよね。 (クルーズコントロールがついていればまだマシですが。) そんな方へ今回ご紹介させて頂きたいのが、愛車共々乗り込めるカーフェリーです。

【人も愛車もゆっくり】 カーフェリー特集!
「旅先で愛車と共に周遊したいけど、なんせ目的地が遠すぎる!」
という理由で愛車での旅行を断念される方もいらっしゃると思います。

今回はそんな方へ、人も車も一緒に運んでくれるカーフェリーをご紹介させて頂きます。

カーフェリーを駆使すれば、遠い目的地でも快適に過ごしながら移動することができますよ!

1.【大阪⇔別府】さんふらわ あいぼり・こばると

さんふあらわ あいぼり・こばると

さんふあらわ あいぼり・こばると

これは、そこそこ有名どころだと思います!
「さんふらわあ」という名前は聞いたことがある方も多いと思います。
筆者自身も「さんふらわ」という名前は知っていたものの、最近まで詳しくは知りませんでした。

こちらの船は大阪と別府を約12時間で結んでいるカーフェリーです

【さんふらわ あいぼり・こばると】
総トン数:9,245トン
全長:153.0m
全幅:25m
航海速力:22.4ノット
旅客定員:710名

この数字を見ると、ものすごく大きい船である事がわかりますね。
これだけ大きければ人は勿論、愛車も安心ですね。

そして、先程この船は大阪と大分を約12時間で結んでいると申しましたが、夜の19:00頃に大阪(別府)を出発し、翌日の朝7:00頃に別府へ到着するため、船の中で一泊することができます。宿泊部屋にも多くの種類があります。
ファースト

ファースト

こちらの部屋は「ファースト」と呼ばれる部屋で、全部で19室用意されています。
女子旅や男子旅、ご家族の旅行といった様々なパターンに対応できると思います。

ちなみに、このタイプの部屋は全室窓がついているので、お子様連れの方は部屋で、船窓を眺めているだけでも楽しいひと時が過ごせる事間違いなしですね。
また、友達同士で乗船された方は、夜の船窓を眺めながらお酒を飲んで語り合うなんてのも楽しそうですね。

この他にもまだまだいろんな種類のお部屋があります。

デラックスシングル(ツイン)

デラックスシングル

デラックスシングル

スタンダード

スタンダード(おひとり・おふたり様用)

スタンダード(おひとり・おふたり様用)

ツーリストベッド

ツーリストベッド(共用部屋)

ツーリストベッド(共用部屋)

「愛車と一緒に船に乗れるだけで満足だから、窓はいらない!」

「どうせだから、彼女と窓のある部屋でゆっくり過ごしたい!」

「ほかの人と一緒の部屋でもいいから、極力安く済ませたい!」

といった様々な要望に合わせた部屋があるので、是非一度ご乗船しては如何でしょうか!

2.【東京⇔徳島⇔北九州】東九フェリー びざん、しまんと、どうご

東九フェリー びざん

東九フェリー びざん

次のカーフェリーは東京発!
関東にお住いの方でも、このフェリーを
知っている方は意外と少ないかもしれま
せん。
この船は、東京港(東京ビッグサイトから比較的近い所)から、徳島を経由して
新門司まで走っています。

先程ご紹介したさんふらわ あいぼり・
こばるとは12時間の乗船時間ですが、
こちらの
東九フェリーは距離が遠いという事も
あり、徳島までは約15時間、新門司
までは約36時間とより長く船に乗って
いることが出来ます。

【東九フェリー びざん】
総トン数:12,636トン
全 長:191m
定 員:266人
乗用車:80台
貨物車両:188台

先程のさんふらわ あいぼり・こばるとの
定員数(710名)と比べると少なくなって
いますね。その分、貨物スペースを多く
取っていることが伺えます。

定員数は少ないですが、こちらの船も
部屋はいろんなバリエーションが
ありますよ。

2名個室

2名個室(窓付き)

2名個室(窓付き)

4名個室

4名個室

4名個室

With ペットルーム

With ペットルーム

With ペットルーム

彼女と一緒に乗船される方、ご家族で
乗船される方、はたまた大好きなペット
とご乗船される方、いろんなパターンに
応じた部屋がこちらの船にも用意されて
いますね。
ちなみに、筆者はこの「びざん」に乗船
経験がありますので、少し船内の様子を
説明させて頂きます。

大浴場

海が一望できる大浴場!

海が一望できる大浴場!

まず、乗船された方に行って頂きたいのがこちら!
もう、こんな経験はカーフェリーでしか
できません!

夜の海を眺めながら入るお風呂は一生の
思い出になります。
ちなみに、この航路の場合は日が昇って
からもしばらく海の上にいる時間が
ありますので、日中に広大な海を走る
他の船を眺めながら入浴することも
できますよ!
大浴場入り口

大浴場入り口

via 筆者撮影
湯上り処もしっかり完備されています!
コーヒー牛乳なんかを飲みながらゆっくりできる湯上り処

コーヒー牛乳なんかを飲みながらゆっくりできる湯上り処

via 筆者撮影

展望デッキ

やっぱり、船といったらコレ!展望デッキには一回は足を運んで頂きたいです。

天候によっては立ち入り禁止となる場合もあるかと思われますが、是非こちらから昼も夜も大海原をご覧頂きたいと思います!
昼の展望デッキ

昼の展望デッキ

via 筆者撮影
夜の展望デッキ

夜の展望デッキ

via 筆者撮影

さいごに・・・

いかがでしたでしょうか。
今回は国内を走るカーフェリーを2航路、ご紹介させて頂きました。まだまだ、他にもカーフェリーはたくさんの航路があります。

「日本長距離フェリー協会」のサイトへ行くと、日本国内を走るフェリーの航路一覧が掲載されていますので、興味を持った方は是非こちらのサイトへ訪れてみて下さい!

日本長距離フェリー協会HP http://www.jlc-ferry.jp/index.html
35 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

koyo koyo