2019年4月14日 更新

スペシャリティ(軽)カー!ダイハツソニカ

最近の軽自動車は、定められたレギュレーションの中でもなるべく室内を広く、大きく取ろうと開発されていますが、このクルマの開発コンセプトはちょっと違いました。室内空間や使い勝手ではなく、走りの質を追求したというのです。トレンドに逆行したようなコンセプトですが、どんなクルマに仕上がっていたのでしょうか?

スペシャリティ(軽)カー!ダイハツソニカ

どんなクルマ?

ソニカ(ダイハツ)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット】 (58602)

ダイハツソニカは、2006年6月に発表されました。

軽ハイトワゴン全盛の中、1470mmと低い車高で居住空間よりも軽快な走りをウリとし“爽快ツアラー”がコンセプトになっています。

主に装備の違いによる3種のグレードはFFと4WDが設定され、どれもターボ付きの直3エンジンが搭載されています。

これに組み合わせられるトランスミッションは、伝動損失を減少させたという新開発CVTのみで、マニュアルの設定はありませんでした。

軽ハイトワゴン全盛の時代という事もあり、終始販売台数が伸び悩んだため、2009年4月には販売を終了しました。

ダイハツソニカのここがイイ!!

ソニカ(ダイハツ)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット】 (58603)

全グレードがターボエンジン搭載

ツアラーを謳うだけあって、64ps/6,000rpm、10.5kg-m/3,000rpmを発揮する直列3気筒ターボのKF-DETが全グレードに搭載されています。

しかし、トランスミッションはCVTのみでマニュアルの設定は無かったため、峠道を引っ張って走るよりも国道を一定ペースで走る長距離ドライブの方が向いているようです。

燃費もばっちり

FFモデルは10・15モードが23.0km/l、4WDでも21.0km/lという低燃費を達成しています。

CVTのおかげで、60km/h巡行時で1,900rpm、100km/h巡行時で2,900rpmと、軽自動車にしては回転数がかなり低く抑えられたギアリングになっているのも低燃費に一役買っているでしょう。

ターボ付きでこの数値が出ているのであれば、現在でも十分通用します。ガソリン代を気にせずにドライブできるのはとても嬉しいですね。

出来の良いシート

パッと見はベンチシートのように見えますが、よく見ると座面も背もたれも左右両端が盛り上がったデザインになっています。

座ってみると適度なホールド感があり、普通の軽自動車のように無意識に踏ん張って体を支えて疲れてしまうといった事がありません。

さすがツアラーを名乗るだけの事はありますね。

ダイハツソニカのここはそうでもない…

ソニカ(ダイハツ)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット】 (58604)

気になるメカニカルノイズ

3,000rpm辺りまで回転数が上がると、CVTかタービンかのノイズが耳についてきます。

軽自動車の規格やコストの制約上、防音対策は難しかったのかもしれませんが、ツアラーを名乗るならこの辺りもきちんと対策して欲しかったです。

ラゲッジは皆無

ソニカは有機的なデザインのヘッドライトとテールランプが与えられていますが、それ以外はどう見てもミラです。

バンパーなどもオーソドックスなデザインで、とがった所はありません。

ミドルグレードで140万円程度のクルマでしたので、もう少しインパクトのあるエクステリアでもよかったのではと思いました。

まとめ

ソニカ(ダイハツ)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット】 (58605)

ダイハツソニカはあまり人気が伸びず短命なクルマでしたが、中身にはしっかりとコストが掛けられた実力のある軽自動車でした。

他の軽自動車がどんどんスペース効率を追求してのっぽになっていく中で、あえて走りを追い求めた姿勢は個人的に高く評価したい所です。

さて、中古市場におけるソニカは、あまり人気が無かった事もあってタマ数は少なめですが、程度のいい個体でも割安感のある値札が付いています。

グレードはR、RS、RSリミテッドの3つですが、中古で買うならRSかRSリミテッドがオススメです、

RSは標準でオートエアコンやHIDヘッドライト、マルチインフォメーションディスプレイを装備していますが、RSリミテッドはそれにプラスしてMOMO製革巻きステアリング、7段アクティブシフト(シフトレバーがゲート式)等が装備されます。

もちろん、割安なRを購入して自分好みにパーツを替えて楽しむというのも大いにアリです。

通勤用のセカンドカーとしてもオススメですが、免許を取ったばかりの若者の初めての一台としてぜひ乗って頂きたいクルマです。
20 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ミナト自動車㈲ ミナト自動車㈲