2018年9月3日 更新

ホンダ純正アクサリーからS660 Neo Classicを発表!一周専用パーツ搭載でクラシカルなデザインに

ホンダから2016年にコンセプトとして発表されたS660 Neo Classicが、キット化されて登場しました。企画・開発は、ホンダアクセスが行い、限定店舗での販売との事。このモデルに焦点を集めてみます。

ホンダ純正アクサリーからS660 Neo Classicを発表!一周専用パーツ搭載でクラシカルなデザインに

ホンダ S660 Neo Classicへの想い!

ふたりのロマンスカーをモチーフにリフォルムしたモデル、それがS660 Neo Classicとの事。

みつめあうことでなく、同じ方向を向くことで、行きたい向きや向いている方向に一緒に進んでいく、そんな愛のあるクルマ作り、愛着のある小舟に一緒に乗って進んでいくかのようなロマンスあふれた車作りをしたいと言う想いから、企画されたのでしょう!

東京オートサロン2016で大きな反響となり、東京国際カスタムカーコンテスト2016でもグランプリを受賞した同モデル。市販化を待望されていた「S660 Neo Classic」が遂に登場しました。

流麗で優美、何よりも心に柔らかくふれる懐かしさがポイントですね。S660 Neo Classicは、ホンダアクセスが開発した外装部品をエクステリアで換装し、先鋭的な印象とはまったく異にする表情に仕立てたS660となりますね。独特な存在感が、あなたとあなたの大切な方に、唯一で無二の人生の彩りを飾る事でしょう。

当時のS600の雰囲気をネオにした印象を強く感じるデザインではないでしょうか?!ヘッドライトデザインからグリル等、ネオクラシック感がふんだんに盛り込まれて、ワクワクしますね!

フロントビュー

 (40950)

サイドビュー

S660でありながら、全く違うフォルムにリフォルムされているのがサイドから見ても非常にわかりますね。丸ごと一週パーツを置き換えたから出来るディテールであるでしょう。

個人的には、ホイールデザインももう少しネオクラシック感となればよいのかなと思いましたが、あくまで主観ですのでご容赦ください。
 (40951)

リアビュー

ミッドシップデザインであるからゆえに、難しくもありパーツの存在感が増す部分でも有るリアデザイン。綺麗なファーストバッククーペスタイルになっているのではないでしょうか???

ミッドシップデザインであることは、真後ろからはわかりやすく、サイドからはファーストバックとなっている様に見えますね。
 (40952)

姿を一変させる究極のカスタマイズキット。S660 Neo Classic KITがホンダアクセスから遂に登場!

S660 Neo Classic KITのボディーパーツは、樹脂にガラス繊維を練り込んだFRP製との事。換装後の外寸は軽自動車の規定内にきっちり収まり、歩行者保護などの安全面は保安基準に準拠している模様。

また、ボディーパーツは無塗装のため、ご指定のカラーに塗装可能となっております。お好みのアルミホイールやデカール、エンブレムなどとあわせ、カスタマイズの世界を堪能していただくためにキット化。

筆者的には、FRPの商品ではなく、PP商品であったならば、良かったカナと個人的には思います。このFRPは、寒い地域では中々難しい素材の一面をもってますから(破損・割れ等)。


 (40953)

発売を記念し、限定100キットに限り、先行ご購入者様にアルミ製シリアルナンバープレートを贈呈。
 (41195)

装着に関する注意事項等

①少量生産につき、納品までにお時間をいただく場合があります。

②製品のホンダアクセスによる保証は3年間6万km。塗装と取り付け(合わせ、建て付け含む)に関する保証内容は、施工した販売店の基準になります。

③補修部品の保持期間は、販売終了後6年まで。もう少し長いと嬉しい気もします(余談)、、、。

以下の純正アクセサリーとの同時装着はできないとの事。既に装着済みの車両に、キットを換装する場合には取り外しが必要。

・フロントフェイスキット
・リアロアバンパー
・アクティブスポイラー
・フューエルリッド
・デカール
・トップキャリア
・ボディカバー(フルタイプ、ハーフボディカバー)
・LEDフォグライト
・ハイケルビンバルブ(ヘッドライト ハイビーム用)
・コーナーセンサー
・おもてなしフォグライトシステム

以下の純正アクセサリーを同時装着する場合、ご注意いただきたいことがあります。
・サスペンションは、安全性に問題はありませんが、十分な性能を発揮できない可能性あり。
・アドバンスドルームミラーは、リアウインドウに水滴や汚れが付着していると映像が見えにくくなる可能性あり。


まとめ

今回のS660 Neo Classicキットの取り扱いに関しては、ホンダユーテックが運営するオートテラス店のみとなっている様です。

①オートテラス城北
〒351-0111
埼玉県和光市下新倉5-27-1
TEL 048-463-3535

②オートテラス鈴鹿東
〒510-0254
三重県鈴鹿市寺家5-9-20
TEL 059-386-3010

③オートテラス筑紫野
〒818-0054
福岡県筑紫野市杉塚3-1-1
TEL 092-921-6211

メーカー希望小売価格¥1,296,000となっており、適用型式は、JW5-100/110との事。取り付け代、塗装費を入れると結構な価格になるかも知れませんが、貴方のみの一台を手に入れられるということでしょう!
18 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me