2018年10月4日 更新

軽自動車のオープンカー!S660の気になる性能や燃費を御紹介します!

S660は、本田技研工業が開発し販売している、軽自動車規格の2人乗りタルガトップタイプのオープンカーです。見た目のコンパクトなサイズに、他の車には見られないオープンなスタイルは一度は乗ってみたくなるほどよ印象を与えていると思います。また、S660は軽自動車の系統に入ると考えると、お財布にも優しく、格好良い車に乗れるという願いが叶うことになると思います。そして、低燃費であることから、とても使い勝手の良いオープンカーなのではないかと思います。今回は、そのS660の魅力を徹底的に御紹介していきたいと思います。

軽自動車のオープンカー!S660の気になる性能や燃費を御紹介します!

S660ってどんな車??

走行性能|安全・性能|S660|Honda (45045)

HondaのS660は、2015年から販売されてから現在もその人気ぶりが落ちることなく続いています。

また、エンジンがフロントのボンネットの下に位置するのではなく、ミッドシップというエンジンを車体の中心に位置する方法を採用しています。

レーシングカーや多くのスーパーがこの方法を採用しています。また、変速機も「CVT」という無段変速機を採用していて、通常のATやMTに比べて変速時の振動が少ないのです。

CVTは、金属製のベルトと可動式のプーリ(滑車)を使って段階的に制御を行うのです。そして、運転状況に応じて無段階にエンジンの動力を無段階に最適にコントロールできるため、駆動時間が短くなり、燃費にも貢献することになるそうです。

しかし、このCVTは摩擦により機能を発揮することから、高速走行をするよりも、街乗りや発進、停止の多い地域での走行の方が変速機に優しくオススメであるそうです。
走行性能|安全・性能|S660|Honda (45048)

企画そのものは、本田技術研究所設立50周年を記念し、社内で「新商品企画提案」が開催されたことに端を発し、応募総数約800件の中から第1位に選ばれた椋本陵の案が原案となっています。

S660の魅力を御紹介します!

デザイン・カラー|スタイリング|S660|Honda (45050)

この車の特徴は何と言ってもスポーティーなデザインとオープンなスタイルです。

そして、簡単に取り付けられ、外してしまうこともできる「ロールトップ」は、気分によっていつでも好みのスタイルに変えることができます。

このロールトップはルーフ前方(フロントウインドウ側)の中央部に設けたセンターロックと、ルーフサイド(ドア側)左右のサイドロックにより、装着時には強いテンションがかかる構造になっています。

そして、高い密閉性を確保できるだけでなく、取り外しも簡単であり、収納する場所はフロントのボンネットの下ということから、ユーモアがあり、とても便利な機能であると思います。
デザイン・カラー|スタイリング|S660|Honda (45052)

走行性能や燃費

走行性能|安全・性能|S660|Honda (45054)

この開放感あふれるスポーティーなデザインから、走行性能の欠点を探す方が難しいと言えるほど、高い運動性能を秘めています。

低重心・低慣性のMR(ミッドシップエンジン・リアドライブ)レイアウトを融合していることから、軽自動車という厳しいサイズの制約の中、運動性能を最大限に引き出し、走る、曲がる、操る、全てが痛快の走行性を発揮するそうです。
走行性能|安全・性能|S660|Honda (45056)

また、ロールバー両側のサイドエアインテークに、床下のセンターアンダーカバーに設けたNACAダクトにより、MRスポーツカーの宿命でもある、"エンジンルーム内の温度上昇"にも独自の冷却対策をとっています。

そして、MT車ではなくても十分にスポーティーな走行をボタン1つで実感することができる機能も備わっています。

気になる燃費はJC08モードのCVTで24.2km/L、6MTで21.2km/Lという記録を出しています。
走行性能|安全・性能|S660|Honda (45058)

安全性能

ヒルスタートアシスト機能により、坂道発進時にペダルを踏み替える瞬間の車の後退を、約1秒間抑制するという機能から、事故を防ぐことにも繋がり、坂道での渋滞に効果を発揮します。
予防安全性能|安全・性能|S660|Honda (45060)

また、走行中に急ブレーキと判断すると、ブレーキランプに加えてハザードランプが自動で高速点滅し、後続車に注意を施す機能が備わっています。
予防安全性能|安全・性能|S660|Honda (45063)

まとめ

S660は走行性能に優れているだけではなく、安全性にも優れており、セーフティ・サポートカーとしての標準安全機能も備わっているので、楽しく安心して運転をすることができます。

また、デジタルスピードメーターにより、走行時の正確な速度をしっかりと確認することもできます。

オープンカーとしてのデザインから、スポーティー性能に加えてインテリアも充実しており、横Gのかかる負担を和らげるシートを採用するなど、内装にもこだわっているのがこの車の魅力であると感じています。
22 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

tatsuyantyan tatsuyantyan