2018年10月22日 更新

これぞ日本の道路にピッタリ!スズキ・イグニス!

最近は3ナンバーのクルマが随分と増えてきました。普通車が大きくなる一方で小回りの利く軽自動車も大人気という状況です。豪快な大パワーのクルマで走るのも確かに魅力的ですが、普段の街中でも扱いやすく、イザとなれば郊外も楽しく走れるようなコンパクトカーは、まさにいいとこ取りの魅力がいっぱいです!

 これぞ日本の道路にピッタリ!スズキ・イグニス!

魅力のAセグメントカー

イグニス

イグニス

Aセグメントと言えば、トヨタ・パッソ、ダイハツ・ブーン、日産・マーチ、三菱・ミラージュなどがありますが、そこに参入してきたのがスズキ・イグニスです。

従来Aセグメントカーはどちらかというと女性向けのコンパクトカーのイメージがあったのですが、日産・マーチなどはニスモ仕様などで「走り」を意識したモデルを出すなど変化も見られます。そんな中、異色のAセグメントカーとして2016年2月に登場したのがスズキ・イグニスです。

コンパクトカーとSUVを融合させたコンパクトクロスオーバーカーは、言わば新ジャンルともなるでしょう。日常でも便利に使えますが、週末のアウトドアなど、レジャーの行動範囲を広げることができるという提案です。

3700×1660×1595mmというコンパクトなボディサイズは運転しやすく、しかも高めのアイポイントで見晴らしも良くなっているパッケージング。180mmという余裕のロードクリアランスは、雪道や未舗装の道でも安心して走ることができます。

イグニスの概要

イグニス

イグニス

イグニスの外観は軽のアルトにちょっと似ているのですが、ベースとなっているのは軽ではなく、プラットフォーム、パワートレーンは2015年に新型となったソリオ&ソリオバンディットと同じものです。これは、軽量&高剛性を特徴としたAセグメント小型車向け新プラットフォームとなっています。

エクステリアは、スズキ独自のデザインDNAが随所に生かされており、特にクロスオーバーとしてのイメージを表現するためなのか、ボディの四隅にタイヤが配置された、力強いデザインになっています。

SUVということで4WD車もあり、これにはビスカスカップリング式の4WDシステムを採用しています。

エンジンは1.2L DOHCにマイルドハイブリットを組み合わせたもので、パワーは91PS/6,000rpm、モーター3.1PS/1,000rpm、トルク12.0kg・m/4,400rpm、モーター5.1kg・m/100rpmとなっています。モーターのパワーは大きくありませんが、スタート時から発揮されるモーターのトルクは非常に有効で、JC08モード燃費は28.0km/Lと優秀です。トランスミッションはCVT(無段変速)です。

ラインアップ

ベースグレード

ベースグレード

基本的なラインアップはMG、MX、MZであり、それぞれに2WDと4WDが用意されています。

MGがベースグレードとなりますが、MXにはLEDサイドターンランプ付ドアミラーが装備され、MXには7速マニュアルモード付パドルシフトが採用されます。

また、すべてのグレードにデュアルカメラブレーキサポート、SRSカーテンエアバッグなどの安全装備が施された「セーフティパッケージ装着車」も設定されています。4WD車には、急な下り坂、雪道などでの走行のサポートをする機能も採用されています。

ハイブリッドMGが1,382,400円、ハイブリッドMG(4WD)が1,519,560円です。

室内

室内

室内

室内は基本的にシンプルですが、現代的であり、豪華さを望まなければ充分な質感があります。かなりのコンパクトサイズですが、新プラットフォームによってエンジンルームは最小化され、運転しやすいコンパクトサイズと実用的な室内空間を両立しています。

やや高めに設定された前席のヒップポイントは、見晴らしがいい運転視界で、小柄な女性でも運転しやすく、かつ乗り降りもスムーズです。利用のシーンに合わせて荷室スペースは調整可能のリヤシートスライドで対応できます。(HYBRID MZ、HYBRID MX)

日常でもSUVとしても幅広く活躍してくれるでしょう。

安全装備

安全装備

安全装備

デュアルカメラブレーキサポート、SRSカーテンエアバッグなどの安全装備が施された「セーフティパッケージ装着車」は、2016年度JNCAP予防安全性能アセスメントにおいて最高ランクの「ASV++(ダブルプラス)」を獲得。優れた予防安全技術を搭載した自動車として評価されています。

車に加え歩行者も検知して衝突の被害を軽減する「デュアルカメラブレーキサポート」は、衝突被害軽減ブレーキ作動に、2つのカメラを搭載するステレオカメラ方式を採用。人の目のように左右2つのカメラで対象の距離や形を認識し、サイズや輪郭で歩行者やクルマを判断します。更に、車線左右の区画線の認識、さまざまな情報をもとにした警報や自動ブレーキも作動する先進の安全技術です。

オールマイティな1台

オールマイティな1台

オールマイティな1台

スズキ・イグニスは大変コンパクトな車ですが、普段の足にもアウトドアレジャーにも活用できるオールマイティな1台です。燃費も良好、出先の駐車場でも狭い道でも苦労しません。

実際に乗ってみれば視界も良好、荷物もしっかり積め、コンパクトながら不自由はありません。ぜひ一度実物を見に行ってもらいたいものです。
18 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

bsr-kansai bsr-kansai