2018年10月5日 更新

スポーツモデルとしても人気のあるスイフトの特徴を紹介します!

スズキのスイフトと言えば、スポーティーなイメージを持つ方もいれば、コンパクトで使い勝手の良い軽自動車の様な車というイメージを持たれる方も多いと思います。日本市場における初代スイフトは2000年に登場しており、ワゴンR+(現・ソリオ)のプラットフォームを用い、廉価な小型車ということを強調した販売がされています。先進技術の進んでいる現代において、スイフトはどのように進化したのか、どのような機能が備わっているのかを御紹介していきたいと思います。

スポーツモデルとしても人気のあるスイフトの特徴を紹介します!

スイフトの歴史を少し御紹介します!

初代モデル

初代モデル

クロスオーバーSUV風の小型車として登場(プラットフォームはワゴンRプラスと同じ)しています。[エンジンにはVVTを採用し、65 kW(88馬力)を発生する1,300 cc、直列4気筒 DOHC 16バルブのM13A型ガソリンエンジンが搭載されています。
2代目モデル

2代目モデル

2代目の基本コンセプトは、先代同様低価格をアピールするが、走行性能は格段に高くなっています。

発売のおよそ2年前という早い時期から、ショーモデルを公開してデザインを洗練させるなど、内外装の質感も初代と比べて格段に向上させています。
3代目モデル

3代目モデル

3代目は、「More SWIFT(もっとスイフトに)」という開発時のキーワードからもわかるように、エクステリアや運動性能など、2代目の好評だった部分(=スイフトらしさ)を残しつつ、プラットフォームを軽量・高剛性な新プラットフォームに刷新させています。

現行型スイフトの魅力を御紹介します!

スズキ・スイフト - Wikipedia (45358)

4代目に当たる現行型スイフトは、2代目以降のコンセプトを維持しつつ設計を全面的に見直し、8代目アルトやバレーノで導入された軽量化と高剛性を両立させる新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を採用しています。

車両全般にわたる徹底した軽量化の結果、3代目と比較して120 kgの軽量化を実現しています。主要構造や部品配置を全面刷新することで、屈曲した骨格を滑らかに繋ぎ、サスペンション部品も骨格部品の一部として利用することで、理想的な骨格構造を実現させています。

更に、エンジンルームを最小化することに成功したので、室内空間は安全でゆとりのある空間が生まれることになり、視認性も向上する結果となっています。
スズキ スイフト (45832)

・HYBRID SL、HYBRID SG:32.0km/L
・HYBRID RS、HYBRID ML:27.4km/L
デュアルジェットエンジン

デュアルジェットエンジン

また、4気筒エンジンに熱効率を向上させるデュアルインジェクションシステムを採用し、燃焼を安定させることで熱効率を高めて、エンジン本来のポテンシャルを引き出しています。

さらに排出ガスの一部を冷却して燃焼室内に戻し、燃焼温度を下げる水冷式のクールドEGRシステムを採用することにより、これらのノッキング抑制技術が熱効率の向上に貢献しているのです。

よって、躍動感のある走りに必要なパワーと低燃費を両立することが可能となる結果になったそうです。
ブースタージェットエンジン

ブースタージェットエンジン

1.5L自然吸気エンジン並みの高出力・高トルクを実現した1.0L直噴ターボエンジンを搭載した車の燃費です。(RSt)
20.0km/L
スズキ スイフト (45839)

燃料をシリンダー内に直接噴射することで、消費燃料を抑えながら混合気を冷却して異常燃焼(ノッキング)も抑制させています。

燃費を向上させた軽量・小型エンジンに、排気ガスを利用して圧縮した空気をシリンダー内に強制的に送り込むターボチャージャーを搭載し、低回転域から高いトルクを引き出することで、街乗りからスポーツドライブまでさまざまなアクセルワークに応えています。
スズキ スイフト (45841)

減速エネルギーを利用して発電し、加速時はモーターでエンジンをアシストするマイルドハイブリッドは、加速時に充電した電力を活かしてモーターでエンジンをアシストするISG(モーター機能付発電機)が搭載されています。

まとめ

スイフトはコンパクトでありながらもスポーティーなエンジンでスポーツカーのような走行を発揮します。

また、スイフトのモデルにはスイフトスポーツというのも存在し、標準グレードのスイフトと価格が変わらないのにもか変わらず、より走行性能が向上し、遊び心をくすぐる機能が加わった感覚を味わうことができるので、刺激を求めている方や若い男性の方にとっては、このスイフトスポーツを選んでみることも良いかもしれないです。

安全性にも優れているスズキの車は、多くの方に愛される車と言えます。この記事をきっかけに、是非スイフトを購入の参考にしていただけたらと思います。
22 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

tatsuyantyan tatsuyantyan