2019年5月4日 更新

これから訪れる梅雨、突然の豪雨に効果を発揮する便利グッズ特集

これから雨が多くなる季節に入りますね。雨や豪雨は、ドライバーにとって非常に神経を使う運転が必要となります。また、雨の日の乗降で、ビショビショになって気持ちがダウンなんてこともありますね。今回は、乗降時や視界確保の便利グッズをご紹介します。

これから訪れる梅雨、突然の豪雨に効果を発揮する便利グッズ特集

逆さに開く傘で車内も自分も快適に!

車で便利な傘 GAX Umbrella

ギャックス アンブレラ
車の乗り降りに着目することで、車専用に利便性を追及した傘です。

既存の傘との違い
①傘布の開き方、閉じ方が全く逆の仕様です。
②濡れた面が内側にくる為、周りを濡らさない仕様です。
③車に乗り込んだ後に傘を閉じることが可能です。降りる際もドアを少しあけるだけで傘を開けます。

これから雨が多くなる季節に突入していきますね。そもそも雨の日は、外出するのにもとても憂鬱な気持ちに成ってしまいますよね。さらに車で出かけるといっても、ビショビショになったり、車内も汚れてしまったりで、非常に気持ちもダウンしてしまいそうです。

そんな雨の日でも、逆開きで、逆閉じとなる傘は、非常に強力なアイテムとなりそうです。一般的な傘は、布の内側から傘骨の力で生地部を支え、開いた状態にして使用します。逆開きの傘は、この一連の動作の前に傘布を反転させる動作を組み込んでいます。1回の動作中の限られたストローク量で動作を終了させています。

新しい機構を1から研究・開発して、課題を解決すべく多くの発想や構想と何百もの試作を繰り返して、10年を経て完成した技術です。

Insideout technology
世界初の技術です。それぞれのリンクした傘骨を的確に制御し複雑に可動させる機構のことを、ギャックスでは、Insideout technologyと呼んでいます。傘を逆に開き、逆に閉じる動作をスムーズに行うことを可能にしました。開いた傘の姿も既存の傘と変わらない美しいフォルムとなっていますね。

同社が、単に逆に開くだけでは、意味が無いことを雨の日のさまざまな検証で経験したようです。車の乗り降りの際、濡れた車のボディーに布が触れると、せっかくの逆に開閉する構造も台無しになってしまいますよね。ギャックスは、布が車のボディーに触れづらくなるように、伸ばした所から布が開閉するように設計されています。

雨の日でも雨雫を気にしないで昇降できる様に開発されたギャックスアンブレラは、ドライバーだけでなく、乗車している全ての方の見方となってくれそうなアイテムです。さらに、車内での雨水のボタボタも少ない構造に仕上げていますので、車内をクリーンにも保ってくれますね。

GAX-G1使用方法

見づらくなるサイドミラーの快適アイテム

塗って施工の商品

 (59880)

カーメイトからは、塗ったりスプレーしながら、サイドミラー・サイドガラス・リアガラスの視界を良好にする商品が販売されています。

上画像商品は、サイドミラー・サイドガラスにスプレーして施工する超撥水コーティング剤、WATER REPELLENT XCLEARです。特徴は、簡単に施工でき、さらに停車中0km/hでも雨がつかない超撥水被膜が、サイドミラーの視界を確保してくれます。

下画像商品は、親水性の商品です。商品の特徴は、親水被膜を形成することで、リアガラス、サイドガラス、サイドミラーの視界を良好にします。細かい部分にも塗りやすい様に、角ヘッドタイプを採用し、効果持続3ヵ月と長期間保護してくれるのも特徴です。
 (59878)

貼って施工の商品

 (59459)

筆者は、過去にサイドミラーが見えやすくなるフィルムを使用したことがあります。筆者が使用したフィルムは、親水性となっていて、水滴上になりづらい仕様でした。筆者としては、雨の日の両サイドの視界が、非常にゆとりを持って確認できるアイテムであったと記憶しています。

その時使用のアイテムの弱点は、凍ったりする環境では、フィルムが長持ちしないようで、筆者在住の北海道がまさにこれに当てはまり、冬の時期でフィルムの角から剥がれや亀裂が入ってしまいました。ただ、最近の商品は、こういった環境でも問題なく使用できるものも販売されてそうです。

上画像の商品は、サイドミラーだけでなく、フロントドアガラスにも施工することで、良好な視界をドライバーに提供できるアイテムです。やはり雨の日などの視界不良は、ドライバーの大きな負担になりますので、こういったアイテムは非常に有効ではないでしょうか。

下画像は、疎水性のフィルムになっていて、さらには曇り止めの機能も付加されています。素材も4層コートになっていて非常に耐久性にも優れてそうです。

こういった視界を良好にするアイテムを積極的に使用することで、ドライバーさんの雨や豪雨の日の運転を少しでも楽に出来るのではないでしょうか。
 (59460)

ワイパー交換でしっかりとした視界確保

【NWB】撥水コートワイパーシリーズ

雨の日の視界を確保するのに非常に重要となるのがワイパーですよね。このワイパーにもいくつか種類が有ります。通常のワイパーは、雨を効率的に取り除き、フロント・リアの視界を確保するパーツです。通常のワイパーのほかに、積極的にワイパー自身が、ガラス面に撥水効果を施工してくれるアイテムもあります。

①ワイパーで乾拭きすることで、ガラスコーティングすることができます。
②ウィンドーのコーティング被膜により雪や霜の付着を緩和します。
③ガラスコーティングされたウィンドーのコーティング被膜をワイパー作動により補修していくことで撥水効果が長持ちします。

大事なお車を運転するのに、ワンランクアップさせたワイパーを使用することで、ガラス面に皮膜をはり、運転視界をさらに良好にしてくれるアイテムです。そろそろワイパーを交換する予定の方は、こういったアイテムをチョイスしてみるのも良いのではないでしょうか!

大手ワイパー会社でもあるNWBでは、通常のワイパーのほかに、強力撥水ワイパー、強力撥水デザインワイパーも販売されています。お車に適合するようでしたら、これからの長雨季節前に検討されて見ては如何でしょうか。

 (59462)

まとめ

これから梅雨や豪雨の季節に入りますね。雨の日のドライブは、ドライバーにとって非常に負担が大きくなります。事故などに遭わないためにも、快適になるアイテムを使用してみるのも有効ではないでしょうか。今回は、乗降に便利なアイテムと、視界を良好にしてくれるアイテムをご紹介しました。
19 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me