2018年11月17日 更新

レクサスLC500h/LC500から特別仕様車となるLuster Yellowが販売開始。12/31までの期間限定販売。

レクサスのラグジュアリークーペLC500h/LC500から、特別仕様モデルとなるLuster Yellowが販売開始になりました。走りの魅力にデザインの魅力、そして優雅さや高級感を盛り込んだLCの特別仕様車を考察します。

レクサスLC500h/LC500から特別仕様車となるLuster Yellowが販売開始。12/31までの期間限定販売。

レクサスLC500h/LC500特別限定Luster Yellowのエクステリア等

人生をさらに昂ぶらせるもの、これがこの特別仕様車のコンセプトワード。

LC特別仕様車Luster Yellowラグジュアリークーペの特徴は、非日常の輝き、大胆なイエローで表現した特別なLCとなっている点。情熱的な色彩のエクステリアを筆頭に、金環日食をモチーフに幻想的なイエローのアクセントが華やかに映えるデザインコンシャスなインテリアが、このモデルの注目するべきポイントです。

日々の生活をさらに刺激で満たすために企画された分、レクサスとしては、このモデルで感性を刺激される人に乗ってもらいたい一台として企画。刺激的感性を持っている人にふさわしいモデルとして仕上がっていることでしょう。
 (50379)

高彩度な輝きを放つネープルスイエローコントラストレイヤリングが、エクステリアでの最大のポイント。

この専用色は、ボディの抑揚を際立たせ、さらにスポーティさをも強調するレクサスのエモーショナルなカラーとして採用されています。塗装は、白中塗りとして現行ラインアップの中で最も白い顔料を起用し、イエロー顔料濃度の高いイエローベースと組み合わせることで、彩度の高いイエロー発色を実現しています。

マイカベースへのイエロー顔料濃度を抑えて、光輝材の割合を最大に含有。高彩度のイエローベースと光輝感の強い素材という異なる発色層を何度も塗り重ねることで、高彩度と光輝感を両立したイエロー発色になっていますね。
 (50374)

レクサスLC500h/LC500特別限定Luster Yellowの特別装備等

①フロント245/40RF21・リヤ275/35RF21ランフラットタイヤ&鍛造アルミホイール(ポリッシュ仕上げ+ブラック塗装)

②特別仕様車専用スカッフプレート(CFRP製)

③運転席・助手席セミアニリン本革シート
(特別仕様車専用パーフォレーションパターン・イエローステッチ「ベンチレーション機能・ヒーター付」)&後席L texシート(特別仕様車専用イエローステッチ)

④運転席・助手席10Way調整式パワーシート
(運転席ポジションメモリー/運転席・助手席電動 ランバーサポート付)

⑤上下電動調整式ヘッドレスト(運転席・助手席)

⑥アルカンターラルーフ/サンバイザー/ピラー・ルーフサイドガーニッシュ/パッケージトレイアクティブリヤウィング(格納式)

⑦トルセンLSD

⑧ギヤ比可変ステアリング(VGRS)

⑨VDIM(アクティブステアリング統合制御付)

⑩LDH(レクサス・ダイナミック・ハンドリングシステム)

エクステリアも内装もふんだんに専用パーツや素材が使用されており、内外ともにイエローというコンセプトカラーを随所に使用しております。筆者的には、ホイールにも何らかのイエローを入れていただいても良かったかなと思いました(個人的感想)。
 (50382)

レクサスLC500h/LC500ってどんなクルマ?

美しさと走りの魅力を追求した、ラグジュアリークーペがコンセプトワードのLC。

LCは、ドライバーの意志に従い鋭い切れ味で応えながら、優雅に振る舞うドライビングパフォーマンスの幅広さと奥深さを体感できるのが最大の魅力である車。想像をはるかに超えたプレジャードライビングを特徴としています。美しさと走りの魅力の両方を目指したのが、LCということでしょう。

フォルム全体から細部を構成するディテールまで、エレガンスと機能を両立したデザイン。低く伸びやかなフロントードに超小型の三眼フルLEDヘッドランプ、ドアに格納されるアウトサイドドアハンドル、ダウンフォースを高めるアクティブリヤウイングなどクーペらしく美しく造形されてもいます。

一方室内空間では、人との接点のあり方を機能美として表現しています。最大のポイントは、クルマとの対話を楽しむためのコックピットを五感で感じられる仕様にしている点。

クルマとの一体感を生み出すドライビングポジションに、性能を追求したフロントシート、そして手の平にフィットするステアリング触感、さらには熟練の技が凝縮されたシフトノブなど、個々の質の高さもやはりレクサスブランドである証拠ですね。

LCの走行テーマは、「より鋭く、より優雅に」。あらゆる瞬間にドライバーの意思に忠実に、ただ速いだけでなく官能的で洗練されたドライビングフィールを可能にしたモデル。

リニア応答するすっきりとしたステアリングフィールは、リズミカルな変速と迫力のエンジンサウンドにつながり、ハイブリッドのイメージを変えるダイレクトな加速フィールも持ち味。走りを自由に選択できるドライブモードセレクトは、ユーザーのお好みでチョイス。

 (50376)

レクサスLCLC500h/C500特別限定Luster Yellowの内装等

 (50377)

金環日食がモチーフの専用インテリアカラーは、ラスターイエロー。

室内空間を鮮やかに彩るのは、特別仕様車Luster Yellow専用に開発したブラック&イエローのコンビネーションカラー。地球・月・太陽が一直線に並ぶ瞬間に現れる幻想的な金環日食をイエローのアクセントで表してます。

ホワイトシートのパーフォレーションにも、敢えて一筋の光が眩い光輪のように広がる専用パターンを起用。さらにイエローステッチのアクセントで華やかさをアップ。ユーザーが乗り込むときの気分を高揚させてくれる逸品に仕上がっていることでしょう。
 (50378)

LC500h特別仕様車 “Luster Yellow” 14,850,000円 (13,750,000円)
LC500特別仕様車 “Luster Yellow” 14,350,000円 (13,287,037円) 
FR駆動モデルのみ。

このモデルは、特別仕様車としてLCの中では最上位モデルとなっております。この特別装備モデルは、12/31までの受注となってます。お気になった方は、このモデルをお見逃し無く。
16 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me