2019年5月30日 更新

日産リーフ オーテックバージョンが新設定、6/21より販売開始!

東京オートサロン2019でも参考出品されたリーフオーテックバージョンが、販売開始となりそうです。専用エクステリアに専用内装を纏っての登場となります。このモデルの詳細をご紹介していきます。

日産リーフ オーテックバージョンが新設定、6/21より販売開始!

日産リーフ オーテックバージョンの概要等

日産自動車の関連会社である株式会社オーテックジャパン(本社 神奈川県茅ヶ崎市、社長 片桐 隆夫)は、「日産リーフ」をベースにしたカスタムカー、日産リーフ「AUTECH」を新設定し、6月21日より日産の販売会社を通じて全国一斉に発売することを発表しました。

AUTECHは、多種多様なカスタムカーづくりの中で蓄積してきた、伝統のクラフトマンシップを思想にしています。

スポーティでありながら高級感漂うスタイリングだけでなく、素材などの細部にもこだわりを持つユーザー向けのブランドです。プレミアムスポーティを全面に打ち出しているのが、AUTECHということでしょう。
 (61285)

日産リーフ オーテックバージョンの特別装備等

エクステリアでは、メタル調フィニッシュの専用パーツを多数採用し、上質さと先進性を表現しています。フロントバンパーには、配色こだわって開発した専用ブルーに輝くシグネチャーLEDを搭載し、周囲には、「AUTECH」ブランド車共通のディテールであるドットパターンのフィニッシャーを施しています。昼夜問わず一目で「AUTECH」とわかる、個性豊かなスタイルですね。
 (61286)

AUTECH専用エクステリア
・ フロントグリル
・ フロントバンパー(バンパー下部メタル調フィニッシュ)
・ サイドシルフィニッシャー(メタル調フィニッシュ)
・ リヤバンパーフィニッシャー(メタル調フィニッシュ)
・ AUTECHエンブレム(フロント・リヤ)

AUTECH専用シグネチャーLED
・ AUTECH専用サイドターンランプ付電動格納式リモコンドアミラー(メタル調フィニッシュ)
・ AUTECH専用17インチアルミホイール&215/50R17 91Vタイヤ

同社専用開発のエアロパーツが、一周丸ごと装備されていますね。シグネイチャー装備もきちんと採用され、ひと目でAUTECHとわかる仕上がりです。
 (61287)

日産リーフ オーテックバージョンの価格等

AUTECHブランド車には、エクステリアとインテリア両方に、専用ブルーのAUTECHエンブレムを装着しています。シートには、同じブルーカラーの刺繍が施されています。ブルーには、オーテックジャパンのデザイン&クルマづくりへの基本理念も込められています。

グレード・価格一覧
①AUTECH  駆動2WD  40kWh 乗車定員5人 車両価格3,931,200円
②e+ AUTECH 駆動2WD  62kWh 乗車定員5人 車両価格4,432,320円

エクステリアカラー
・オーロラフレアブルーパール
・ブリリアントホワイトパール
・ラディアントレッド
・スーパーブラック
・ブリリアントホワイトパール+スーパーブラック2トーン
・サンライトイエロー+スーパーブラック2トーン
の全6カラーが用意されています。
 (61288)

日産リーフ オーテックバージョンの内装等

インテリアでは、上質な肌触りと美しい光沢感を持っているクリスタルスエードと柔らかなレザレットをシート地として採用しています。インストメントパネルは、鮮やかな木目が特徴的な高級材、紫檀(シタン)柄を採用し、まるで本木のような手触り仕上げです。

ダークグレーカラーをベースにして、ブルーパール光を散りばめた内装トリムです。上質な素材とこだわりのディティールによって、個性的かつエレガントな空間が演出されていますね。
 (61289)

AUTECH専用インテリア
・クリスタルスエード & ブルーレザレットコンビシート「 AUTECH」刺繍&ブルーステッチ
・ブルーレザレットドアトリム(フロント・リヤ)&(ブルー ダブルステッチ)
・ブルーレザレットセンターコンソールリッド(ブルーステッチ)
・ダークウッド調インストパネル
・AUTECH専用本革巻ステアリング(ブラック/ブルーコンビ&ブルーステッチ)&(ステアリングヒーター付)
・AUTECH専用エンブレム(センタークラスター)

グレーの内装カラーにブルーのアクセントが散りばめられた専用インテリアに仕上げていることが伺えますね。特別なモデルであることが、内装からも存分に表現されています。
 (61290)

日産リーフ オーテックバージョンのオプションの数々

メーカーオプション
①BOSE® Energy Efficient Seriesサウンドシステム&7スピーカー 全車108,000円
②寒冷地仕様 ヒーター付ドアミラー+後席クッションヒーター+後席ヒーター吹き出し口+不凍液濃度アップ(50%) 全車27,000円
③プロパイロット パーキング+インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)+インテリジェント ルームミラー+電動パーキングブレーキ+インテリジェント DA(ふらつき警報) 全車126,360円
④プロパイロット +ステアリングスイッチ(メーター・ディスプレイコントロール、オーディオ、ハンズフリーフォン、プロパイロット)+電動パーキングブレーキ+BSW(後側方車両検知警報)+RCTA(後退時車両検知警報)+インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)  全車 77,760円
⑤プロパイロット+ステアリングスイッチ(メーター・ディスプレイコントロール、オーディオ、ハンズフリーフォン、プロパイロット)+電動パーキングブレーキ+BSW(後側方車両検知警報)+RCTA(後退時車両検知警報)+インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)+インテリジェント DA(ふらつき警報)+プロパイロット パーキング+インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)+インテリジェント ルームミラー 全車 201,960円
⑥6kW普通充電器(車載用) AUTECH108,000円
⑦ETCユニット(ビルトインタイプ)レス 全車-6,480円

ディーラーオプション
①専用デュアルカーペット(消臭機能付、「AUTECH」エンブレム付) 全車36,504円
②専用プラスチックバイザー(「AUTECH」エンブレム付) 全車21,492円
③専用キッキングプレート(LED・青色発光、「AUTECH」ロゴ入り) 全車39,150円
④ナンバープレートリム(「AUTECH」エンブレム付) 全車2,700円
⑤ナンバープレートロック(「AUTECH」ロゴステッカー付、マックガード社製) 全車5,184円
⑥キーケース(「AUTECH」ロゴ入り、本革、インテリジェントキー用) 全車3,996円
⑦AJベーシック
・専用デュアルカーペット(消臭機能付、「AUTECH」エンブレム付)
・専用プラスチックバイザー(「AUTECH」エンブレム付)
・ナンバープレートリム(「AUTECH」エンブレム付)
・ナンバープレートロック(「AUTECH」ロゴステッカー付) 全車68,580円

メーカーオプションでは、製造前にチョイスしておかないと装着しづらいアイテムを中心に構成されていますね。安全装備関連のオプション設定が多いのも特徴です。一方ディーラーオプションでは、装飾品関連のラインアップを中心に構成していることが伺えます。
 (61297)

まとめ

同モデルは、東京オートサロン2019の開催の時にも参考出品されています。このときには、ほぼエクステリアデザイン等は確定していたのではないでしょうか。販売開始までに細部の煮詰めやオプション設定などを思案していたのではと推察します。

遂に販売開始となるリーフオーテックバージョンが、街中に登場してくるのが楽しみです。
21 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me