2018年7月6日 更新

<動画もあり>ついに!やっと?!日産ノートe-POWERに4WDが登場しました。降雪地帯にお住まいの方は必見!!!

日産からやっとと言うべきか、ついにと言うべきかノートに4WDが登場しました。発売開始は7/6との事です。非常に売れ行きの良いノートに追い風となる4WDの追加設定。これに注目してみます。

<動画もあり>ついに!やっと?!日産ノートe-POWERに4WDが登場しました。降雪地帯にお住まいの方は必見!!!

日産ノートってどんなクルマ?

2004年に登場した初代、日産の世界戦略車として開発され、1500㏄エンジンをパワートレインとしていましたが、他メーカーの同等クラスと比較しても安く設定されてもいました。

2012年まで販売もされ、日本車にしては比較的長いスパンのモデルでもあります。日産は、マーチ等も含め比較的モデルスパンが長くなっている傾向となってもいますね。これは、ヨーロッパ資本となったから・・・かもしれませんね。

2代目は、2012年から販売開始され、初代同様世界戦略車の位置づけは変わっておりません。このモデルになってからこの世界戦略指向は、さらに強くなっていると考えます。

2016年のマイナーチェンジで世界初となる量産型ハイブリッドシステム→エンジンで発電した電力をバッテリーに一旦蓄え、その電力でモーターを駆動して走行する方式を採用。これが、e-POWERの始まりと言うことになります。

e-POWER搭載車の追加が拡販の口火を切り、ノートそのものが再注目されて、国内向けの日産車が軽自動車・登録車を問わず月間販売台数で1位になったのは6代目サニー前期型以来、実に30年2か月ぶりの快挙!

このe-POWER搭載車に待ちに待ったと言うべきか、やっとと言うべきか4WD搭載車が販売開始となりました。それも7/5からとの事です(なぜか夏なんですけれども・・・)。この4WDの詳細を調査してみます。



 (35220)

新ラインアップ日産ノートe-POWER 4WDの詳細!

e-POWER 4WDの走行性能
滑りやすい雪道での発進・加速をいちだんとスムースにするべく。e-POWERならではの“瞬時に緻密な駆動力制御”に4WDをプラスすることで、デリケートなアクセル操作が必要な雪道走行の不安を解消!


【NOTE e-POWER 4WD】雪道のドライブが変わる

積雪や雨天時などだけでなく、乾いた路面でも発進時にタイヤの空転が起こりやすい登り坂など、車両がずり下がるようなヒヤリとするような場面にいても、瞬時に4WD走行に切り替わることでスムースな発進・加速を実現してくれる模様。

【発進・加速時:4WD】
2WD⇔4WD切り替えスイッチが4WD時は、常に4WDで発進。前輪のスリップ量に応じて、後輪に最適なトルクを配分ししてくれ、スムースな発進・加速をサポートする優れもの4WDとの事。
 (35217)

直進時は当然のこと、右左折時の発進・加速などでも、滑りやすい路面でのアクセルの踏み過ぎによるタイヤの空転を抑制することでドキドキを減少。アクセル操作へのストレスや、発進のタイミングを遅らせることなくスムースに運転できるシステムになっている様です。

 (35244)

発進後に車速が上がると自動的に2WD走行に移行し、e-POWERの緻密なトルク制御やVDCにより安定走行を継続。低車速であれば、スリップを検知すると、瞬時に4WD走行に切り替わる仕様になっていることで、ユーザーへの安心感がアップ。
 (35246)

従来のエンジンで発電しその電気でモーター駆動で後輪にトルクを送るタイプや前輪がスリップすると、差動装置がクラッチをつなぎ、後輪を駆動する機械式とは違い、e-POWERは、バッテリーの電気で自在に後輪を駆動するタイプになっている様です。

e-POWER 4WDは、後輪駆動専用のモーターを搭載することで、前輪駆動用の強電バッテリーから大容量の電力を供給する方式を採用しているようです。

これにより0km/h時から大きな駆動力を発生させることを可能にし、1/100秒単位できめ細かくモーターのトルクを制御することにも成功、ドライバーが前輪の空転を感じる前に素早く4WD走行に切り替わり、スムースな発進・加速を可能に。

冬季はもちろん、雨天時の滑りやすい路面など、日常的な使いやすさと安心の両方を高次元で提供できると言うことでしょう!
 (35218)

モーターアシスト4WDのラインアップ

①ノート
X-FOUR    1,739,880円
MEDALIST   1,854,390円

e-POWER X-FOUR  1,950,480円
ブラックアロー   2,021,760円

MEDALIST X-FOUR  2,237,760円 
ブラックアロー   2,330,640円

e-POWER MEDALIST FOUR 2,569,320円 
ブラックアロー     2,640,690円
 

②ノートシーギア
X-FOUR シーギア     2,009,880円
e-POWER X-FOUR シーギア 2,475,360円

結構豊富に4WDのラインアップが行われましたね!

まとめ

日産のノートについにというか、やっと4WDの設定が行われました。記事を書いている筆者も7/6の朝からCMが流れているのを観ました。なぜか冬に強いが夏前からの設定ですが、これには夏から仕掛けていくという日産の姿勢があるようです。

日産の販売網で、現在非常に売れているノート。これに4WDは強い戦力となりそうですね!
 (35250)

18 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me