2018年9月25日 更新

三菱「L200」改良新型、マスク大変身でハイラックスに続き日本再導入なるか!?

三菱「L200」改良新型の最新情報をお届けします。

三菱「L200」改良新型、マスク大変身でハイラックスに続き日本再導入なるか!?

「L200」とは?

「L200」は、1978年に初代(日本名フォルテ)がデビューしました。

その後1996年に2代目(日本名ストラーダ)、1996年に3代目がデビューしました。

そして2005年に登場した4代目は、「トライトン」として日本でも発売されていましたが、2011年をもって残念ながら販売が終了となりました。

最新情報!

しかし現行モデルは、5代目にあたりフィアットへ供給をしており、同ブランド「フルバック」とは兄弟車となっています。

三菱のピックアップトラックの「L200」改良新型を、カメラで初めて捉えました。
フロント

フロント

カメラで捉えた改良新型では、フロントマスクを一新しています。

ヒュンダイ「サンタフェ」や、シトロエンのクロスオーバーSUV「Cシリーズ」を彷彿させるようなグリルと、一体化した薄いヘッドライトが特徴となります。

それに伴い、ボンネットの形状にも変化が見られます。
サイド

サイド

またハニカムメッシュの大型ラジエーターグリルや、コーナーインレットを装備しているようです。
リア

リア

リアビューでは、サイドまで回り込むテールライトもデザインがリフレッシュされる可能性もあると予想されます。

これまでの力強いイメージから、スタイリッシュなオンロードも意識したデザインが特徴となりそうです。

室内では、「スマートフォン・リンク・ディスプレイ・オーディオ・インフォテインメントシステム」の搭載や、クラスター類がリフレッシュされ、高級SUVのようなコックピットが期待出来そうです。

パワートレインは、2.4リットル直列4気筒ディーゼルターボのほか、新たに2リットルモデルの噂もあります。

今後情報

日本でのピックアップ市場と言えば、2017年9月にトヨタ「ハイラックス」が13年ぶりに日本市場へ復活しました。

「トライトン」以来の、6年振りのピックアップとなり、目標台数を大きく上回るヒットとなっています。そのため、改良新型を機に、日本市場復活の可能性もあるはずです。

ワールドプレミアの場は、2019年内のモーターショーになるでしょう。
12 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部