2018年10月28日 更新

<動画あり!!!>マツダCX-8が改良されて、11/29から発売開始!予約、受注は10/25から。2500ccガソリンモデルも新設定

CX-5に続き、改良されて登場するCX-8。パワートレインにガソリンモデルが追加されて、さらにユーザーの嗜好を満たすモデルとなっていることでしょう!このモデル詳細を調査してみます!

<動画あり!!!>マツダCX-8が改良されて、11/29から発売開始!予約、受注は10/25から。2500ccガソリンモデルも新設定

改良新型マツダCX-8のモデルチェンジ概要

マツダ株式会社(以下マツダ)では、3列シートクロスオーバーSUVとなるマツダCX-8を商品改良し、全国のマツダ販売店を通じて10/25より予約受注を開始し、11月29日より発売開始となっています。

CX-8は、「3列目まで大人がしっかり座れる」ゆとりのパッケージングに、上質で洗練されたデザイン、日常の運転において街乗りから高速走行までドライバーの思い通りに走らせられ、乗員が安心して、さらには楽しめる快適性・静粛性をももたらす、マツダ唯一の国内最上位の3列シートSUV。

2017年9月の発表から1年間で3万台を超える受注を獲得も獲得していますね。いわば、3列シートでもスライドドア式でなく、通常ドアモデルで、さらに3列目もゆとりあるモデルとして提案されていることでしょう!

【ガソリンターボエンジン新搭載】CX-8 発表前シークレット試乗会 / マツダ公式

改良新型マツダCX-8のエクステリア等

今回のモデルチェンジでは、エクステリアの大きな変更等は筆者的には感じられませんでした。このモデルも「鼓動」デザインとして完成していともいえるでしょう。発売開始一年目と言うこともあり大きなエクステリアの変更を行っていないということも想像できますね。
 (48735)

改良新型マツダCX-8のハンドリングでの進化

CX-8は、安定感ある走りを実現する「G-ベクタリング コントロール(GVC)」が装備。これはハンドルを切った際の制御をしてくれる装置。これにハンドルを戻す際の制御を追加した「G-ベクタリング コントロール プラス(GVC プラ)」へと進化して搭載。高速走行での車線変更時や滑りやすい路面での車両の挙動を安定させる効果を更に追加。

デザイン変更を行わないで、17インチと19インチアルミホイールの塗装を新色に変更したことで、品質感を更に向上しているとの事。
 (48736)

改良新型マツダCX-8の追加安全装備等

①アドバンスト・スマートシティ・ブレーキサポート(アドバンストSCBS)システムに夜間歩行者検知機能を追加!これにより更なる安全走行を付加していますね。

②360°ビューモニターを25S LPackage、25T LPackage、XD LPackage、XD PROACTIVEに標準装備化。その他のグレードにもメーカーオプションで装備することを可能にし、対象を全グレードに拡大していますね。

③コネクティビティシステム「マツダ コネクト」がApple CarPlayに対応し、Android Autoにも対応になっていますね。

各メーカー安全装備に関してはバージョンアップと幅広いグレードでの標準化を目指していますので、マツダでもバージョンアップし、標準化を進めているというこどえしょう。
 (48737)

改良新型マツダCX-8の内装等

風景を楽しんだり、会話を楽しむことはドライブの楽しみで有りますよね。さらに自動車に乗っている間を楽しむことの出来る要素として、スマホの活用も重要なファクターでしょう!ふだん使い慣れたスマートフォンの機能やアプリなどが簡単に利用できる、先進のコネクティビティシステム(マツダコネクト)がCX-8には装備。


改良新型では、エアコンパネルデザインの変更、各種スイッチ・ダイアルのデザインを刷新することで、質感と操作性を向上しているようです。こういった変更は、ユーザーの要望から行われることも多いので、販売開始一年目でも行われているのでしょう!
 (48738)

磨き抜かれた洗練と上質が一人ひとりを包む内装、それがCX-8のテーマであるようです。マツダのデザイナーでは、”うつろいや繊細さ”を取り入れたインテリア空間を創るというのがマツダ車としての基本的理念であると言うことからもきっちりとマツダらしい内装に仕上げていることでしょう。

CX-8キャビン内で過ごす時間を、乗る人すべてに楽しんでいただくためには、キャビンの質感を細部まで磨いた上で、シート機能を進化させて季節に関わらず(気温・湿度)、快適性をも高めている模様。

そして上質なインテリアは、本物をわかる人(わかりたい人)に深く響き、洗練を追求した空間としてもいるようです。厳選された素材で丹念に仕立てたシートは、まさに匠の技となっていることでしょう。

細部まで気を配って作られたコンソールパネルは、無駄のないディテールと落ちる気のある上質感が、すべての人を優しく包んでくれるとの事。

心地よい3列シートは、マツダの思想で3列目までしっかりと作りこみがされていますね。シートは、一人ひとりをしっかり包み込み、支えるように設計。

運転席から3列目まですべての人が会話を楽しめるほどの静粛性や、どのシートでもすべての人がドライブを快適に楽しめる室内空間をマツダでは目指した故でしょう!




 (48739)

(最大のポイント)改良新型マツダCX-8のパワートレイン!

今回の商品改良では、クリーンディーゼルエンジンモデルに加え、新たに2種類のガソリンエンジンを設定し、幅広いラインアップでユーザー嗜好を満たせるようにしていますね。

2500㏄直噴ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」は、低速から中速、そして高速域までレスポンス良く加速し、ユーザーの意のままに走りを楽しめるパワートレインに。

自然吸気の2500㏄直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.5」は、アクセル操作にナチュラル反応し、街乗りで安心して運転できる扱いやすさを付加している味付けとなるパワートレインに。

SKYACTIV-G 2.5Tの最新技術
ダイナミック・プレッシャー・ターボシステムとは、速度域に応じて排気経路を切り替える可変バルブが装備され、ターボエンジンに最適化した4-3-1排気マニフォールドにより、低速から高速まで広い範囲で高い過給性能を完成させたエンジン。

自然吸気エンジンのような素早い応答性と力強い低速トルクを発生しているとの事。排気脈動を制御してターボエンジンの効率を高めることを目的とした、世界初の技術ですね!
 (48740)

改良新型マツダCX-8の価格構成

ガソリンモデル
25S 2WD      2,894,400円
25S 2WD PROACTIVE 3,256,200円
25S 2WD L Package 3,758,400円
25T PROACTIVE 4WD 3,742,200円
25T L Package 4WD 4,244,400円

ディーゼルモデル
XD 4WD 3,607,200円
XD 2WD PROACTIVE 3,693,600円
4WD 3,925,800円
XD L Package 2WD 4,228,200円
4WD 4,460,400円

今まで、ディーゼルモデルしかなかったCX-8は、300万円を超えるモデルしかありませんでした。今回の改良によってガソリンモデルも設定されたことにより、300万円を切るモデルも設定されたことは、非常に購買意欲をそそるのではないでしょうか???

まとめ

CX-8は、販売一年目にして3万台の受注を受けるなど、順調に実績を上げているモデルとなっていますね。このモデルに2500㏄ガソリンタイプが設定されることによって更なる飛躍も見込まれるでしょう!

24 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me