2018年9月10日 更新

日産「セレナ」の仕様を一部向上、NISMO、AUTECHも合わせて向上

日産は6日、「セレナ」の「S-HYBRID車」および「ガソリン車」の安全性能を充実させるなど、仕様を一部向上し、NISMO、AUTECHバージョンも含め、発売すると発表しました。そこで、その向上した内容を確認してみましょう。

日産「セレナ」の仕様を一部向上、NISMO、AUTECHも合わせて向上

S-HYBRID車とガソリン車の安全装備を充実

セレナハイウェイスター VセレクションII

セレナハイウェイスター VセレクションII

ハイビームアシスト

ハイビームアシスト

標識検知機能

標識検知機能

踏み間違い衝突防止アシスト

踏み間違い衝突防止アシスト

今回の仕様向上では、S-HYBRID車およびガソリン車において安全装備の充実させています。

まず、「e-POWER」に標準設定している「ハイビームアシスト」をS-HYBRID車およびガソリン車へ拡大設定、そして最高速度標識検知および一時停止標識検知機能を追加し、標識検知機能を向上させました。

また、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違いによる衝突防止を支援する「踏み間違い衝突防止アシスト」は、「e-POWER」と同様に、前方の歩行者検知が可能な仕様に機能を向上さ、「セーフティ・サポートカーS(サポカーS)」のワイドに対応しています。
セレナNISMO

セレナNISMO

なお、今回の仕様向上に併せ、「セレナNISMO」においても、基準車と同様にハイビームアシストを標準化した他、各種先進安全装備の充実を図りました。

また、それにともない、従来の「X」および「ハイウェイスター」グレードに設定する「Vセレクション」を「VセレクションⅡ」へと変更しました。

メーカー希望小売価格は、セレナが231,720~3,135,240円。セレナNISMOは3,424,680円となっています。

オーテックジャパン扱いの「AUTECH」と福祉車両も

AUTECH

AUTECH

日産自動車の関連会社である株式会社オーテックジャパンは、「セレナ」の仕様向上にあわせ、ハイビームアシストを標準装備とした他、各種先進安全装備の充実を図り、「AUTECH」ならびに、「ステップタイプ」、福祉車両「ライフケアビークル(LV)」シリーズの仕様を一部向上し発売します。

「AUTECH」は、スポーティでありながらよりプレミアム感の高いスタイリングや素材にこだわることで、プレミアムスポーティ志向を求めるユーザーに向けたブランドです。

今回、ブランドを象徴するアイコニックカラーとして、AUTECH専用となる「カスピアンブルー」を新たに設定しました。セレナ「AUTECH」のメーカー希望小売価格は、2,990,520~3,223,800円となっています。
セレナ ハイウェイスター チェアキャブ スロープタイプ 車

セレナ ハイウェイスター チェアキャブ スロープタイプ 車

また、「ステップタイプ」、福祉車両「ライフケアビークル(LV)」シリーズのメーカー希望小売価格は、

・ステップタイプ:2,877,120~3,210,840円
・助手席スライドアップシート:2,661,000~3,010,000円
・セカンドスライドアップシート:2,967,000~3,668,000円
・チェアキャブスロープタイプ:3,087,000~3,273,000円
・チェアキャブリフタータイプ:2,954,000~3,253,000円
・送迎タイプ:2,674,080~3,051,000円

となります。

スズキの「ランディ」も忘れないで!

スズキランディ

スズキランディ

日産自動車よりOEM供給を受けるスズキの「ランディ」も翌7日に同様の向上を受け、同日に発売しました。「ランディ」は、スズキ車ユーザーのミニバン需要に対する車両であり、一般には知られていないモデル。

しかし、セレナとなんら変わらない仕様であるので、近くにスズキの販売店があれば、セレナにこだわらずに検討するべきモデルです。「ランディ」のメーカー希望小売価格は、2,505,600~3,254,040円となります。

まとめ

セレナは2016年8月の発売以降、ミニバンとしての高い基本性能や装備と共に、 高速道路同一車線自動運転技術「プロパイロット」や「e-POWER」搭載車の追加により好調な販売を続けています。

今回は、販売の主力となる低価格帯のガソリン車の安全装備を向上させました。「プロパイロット」による安全性能や「e-POWER」の魅力はわかっていても、いざ購入となるとリーズナブルなガソリン車になるケースは多いと思います。

そんなユーザーにも上級車と同様な安全装備を付与する今回の仕様向上は、地味ながらも意味のある改善でした。
18 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン