2019年10月25日 更新

トヨタ C-HRがマイナーチェンジ、さらにGRモデルも設定!

トヨタが、クロスオーバーSUVとなるC-HRのマイナーチェンジを行い、10/18から販売開始しました。新設定となる「GR」シリーズも設定され、内装ではコネクティッド性能がアップしていそうです。同モデルをご紹介します。

トヨタ C-HRがマイナーチェンジ、さらにGRモデルも設定!

トヨタ C-HRのマイナーチェンジ概要等

トヨタは、C-HRのマイナーチェンジを行い、新たに“GR SPORT”を設定し、全国のトヨタ車両販売店を通じて、10月18日に発売開始しました。

マイナーチェンジのポイント
・トヨタ GAZOO Racingが手掛けるGRシリーズ“GR SPORT”を新設定しました。
・インテリジェントクリアランスソナー(ICS)などをオプション選択可能にして、安全装備を充実させました。
・ディスプレイオーディオ(DA)を全車標準装備することで、スマートフォンとの連携が可能になりました。
・1200ccターボ車(FF)に6速iMT(インテリジェントマニュアルトランスミッション)車を追加設定しました。

今回のマイナーチェンジでは、C-HRの特徴のひとつであるエクステリアディテールが、ワイドスタンスを強調するフロント&リアスタイルへとアップデートさせたことで、よりスタイリッシュな雰囲気になりました。

トヨタ GAZOO Racingが、モータースポーツ活動を通じて得た知見やノウハウを市販モデルに生かした“GR SPORT”をC-HRに新設定し、1200ccターボ車(FF)に6速iMT(インテリジェントマニュアルトランスミッション)モデルも追加したことで、C-HRのラインアップをさらに充実していますね。

スマートフォンとの連携を可能にしたディスプレイオーディオ(DA)や車載通信機DCMを全車標準装備することによって、コネクティッドカーとして便利で快適なカーライフが付加されたモデルに仕上げています。安全機能面では、駐車時など、静止物を検知して衝突被害の軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー「パーキングサポートブレーキ(静止物)」をオプション選択可能にし、装備の充実も図られたモデルチェンジですね。
 (68093)

トヨタ C-HRのマイナーチェンジでのエクステリア等

C-HRのマイナーチェンジでは、エクステリアをよりスタイリッシュなデザイン仕上げたのがポイントです。エアインテークを左右に広げて、ワイドスタンスを強調させながら、フロントフォグランプをエアインテーク上部に配置しています。

G、G-T、S“GR SPORT”、S-T“GR SPORT”のヘッドランプは、上部に長く伸びるLEDクリアランスランプをデイライトとターンランプのダブルファンクション機構とし、リヤコンビネーションランプには、右左折時に車両内側から外側に流れるように点灯するシーケンシャルターンランプを採用しました。S、S-Tのヘッドランプは、パラボラ式LEDを搭載しています。

エクステリアカラーは、新色エモーショナルレッドⅡ、オレンジメタリックなど8色を含む全16色が用意されています。モノトーン8色、ツートーン8色、“GR SPORT”は全11色です。
 (68094)

トヨタ C-HRのマイナーチェンジのラインアップ状況

・S-T 8NR-FTS(1200ccターボ) 6速マニュアル(iMT) 2WD 2,367,000円
・S-T 8NR-FTS(1200ccターボ) uper CVT-i(7速スポーツシーケンシャルシフトマチック付) 2WD 2,400,000円
・S-T 8NR-FTS(1200ccターボ) uper CVT-i(7速スポーツシーケンシャルシフトマチック付) 4WD 2,598,000円
・G-T 8NR-FTS(1200ccターボ) 6速マニュアル(iMT) 2WD 2,632,000円
・G-T 8NR-FTS(1200ccターボ) Super CVT-i(7速スポーツシーケンシャルシフトマチック付) 2WD 2,665,000円
・G-T 8NR-FTS(1200ccターボ) Super CVT-i(7速スポーツシーケンシャルシフトマチック付) 4WD 2,863,000円
・S-T“GR SPORT” 8NR-FTS(1200ccターボ) 6速マニュアル(iMT) 2WD 2,732,000円
・S リダクション機構付のTHSⅡ(2ZR-FXE 1800cc) 2WD 2,730,000円
・G リダクション機構付のTHSⅡ(2ZR-FXE 1800cc) 2WD 2,995,000円
・S“GR SPORT” リダクション機構付のTHSⅡ(2ZR-FXE 1800cc) 2WD 3,095,000円

マイナーチェンジしたことで、全10グレードの展開になっています。また、6速マニュアルモデルも2グレードラインアップしたことで、よりスポーティなモデルが好みのユーザーにもC-HRの選択幅が広がったのではないでしょうか。
 (68095)

トヨタ C-HRのマイナーチェンジの内装等

内装では、DAとDCM(車載通信機)を標準装備としたことが、最大のポイントです。オールユーザーにコネクティッドサービスカーとしての、安心・便利を提供するモデルに仕上がっていますね。

SmartDeviceLinkに対応するTCスマホナビや、音楽・ラジオアプリなどをDA上に表示して操作可能にしたことで、LINEカーナビでは、音声認識で目的地設定やLINEのメッセージ送受信、音楽再生などが可能になっています。

AppleCarPlay、Android Autoなど、日常利用している地図アプリや音楽アプリなどをディスプレイで操作&利用が出来るようにもなっています(TVとセットオプションで、契約時にT-Connect契約が必要です)。従来通りの車載用ナビ機能を利用したいユーザーには、エントリーナビキットまたはT-Connectナビキットの2種類から選択することも可能です(いずれもオプション設定です)。
 (68098)

トヨタ C-HRのマイナーチェンジで追加設定のGRシリーズについて

今回のマイナーチェンジでは、C-HRにGRシリーズ「S“GR SPORT”」・「S-T“GR SPORT”」が追加設定されています。トヨタ GAZOO Racingが手掛けるスポーツカーシリーズ「GR」の中でも、気軽にスポーツドライブを楽しみたいというユーザー向けに“GR SPORT”を設定していますね。

フロア下にフロアセンターブレースを追加しボディ剛性を強化し、操舵応答の向上やフラットな乗り心地によりスポーティな走りを可能にしています。専用19インチタイヤを採用し、足回りついても専用のチューニングを施したことで、GRの走りも追求されてモデルに仕上げています。

主な専用装備
・225/45R19タイヤ&19×7.5J専用アルミホイール(切削光輝+ブラック塗装/センターオーナメント付)
・GR専用フロントデザイン(フロントバンパー、大開口アンダーグリル、アンダーガード、大型フォグランプベゼル)
・GR専用エンブレム(フロント/サイド/リヤ)
・GR専用トヨタエンブレム(リヤ アクリル+ブラック)
などが、GRモデルに装備されています。

エクステリアカラーは、エモーショナルレッドⅡを含みモノトーン6色、メタルストリームメタリック×ブラックマイカを含むツートーン5色の全11色が用意されています。
 (68096)

GRモデルの内装等

内装でも、スポーティな印象にアップデートされた仕様になっています。
・GR専用本革巻き小径3本スポーク ステアリングホイール(シルバーステッチ+GRエンブレム+スポーク部 ダークメタリック塗装)
・インストルメントパネル加飾&ドアインナーガーニッシュ(GR専用金属調ダークシルバー塗装)
・専用スポーティシート(GRエンブレム付+シルバーダブルステッチ付)
・アルミペダル
・GRロゴ付専用スタートスイッチ
など、GRモデルの雰囲気タップリな装備になっていますね。
 (68097)

まとめ

C-HRは、次世代世界戦略モデルとして、2016年に発売開始されたコンパクトタイプのクロスオーバーSUVです。同モデルも発売開始から3年近くが経過し、マイナーチェンジを迎えました。今回は、マニュアルモデルの追加や、GRモデルの新設定等で、さらに飛躍したC-HRになっているのではないでしょうか。
20 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me