2018年7月2日 更新

「タクシーや配車アプリをよく利用する人ほど、自動運転車を使いたがるかもしれない」との研究結果がアメリカで

当サイトでも最近良く取り上げる自動運転車。こうした車を真っ先に使ってくれそうな未来の客層として、タクシーをよく使う人達が有望かもしれないとの調査が、アメリカで発表されています。アメリカ東海岸の地方紙「ザ・ディ」が報じています(2018年6月30日付け)。

「タクシーや配車アプリをよく利用する人ほど、自動運転車を使いたがるかもしれない」との研究結果がアメリカで

Lyftがスポンサーとなって、テキサスA&M運輸研究所が調査

gettyimages (34657)

研究は、ライドシェアリング企業として知られるLyftがスポンサーとなり、同社が自動運転車の試験走行を行っている、ボストンやラス・ベガス、フェニックスやシリコン・バレーなど4つの都市で行われました。アメリカの政府機関であるテキサスA&M運輸研究所が調査を指導し、全部で3275人が回答したそうです。

その結果、何らかの形で自動運転車に乗ってみたいと興味を示した人は、全体の6割を占めることが分かりました。その中で、配車アプリを使ったことが無いと答えていた人は4割だったそうです。更に、最近配車アプリを使うようになったと答えた人の間では、自動運転車に興味があると答えた人の割合が60%にまで増加。頻繁に使うと答えた人の中では75%にまで増えていたとのことです。なるほど、ユーザー予備軍かもしれませんね。

「iPhone10の販売初日に店に並んで買うような人は、自動運転車の最初のユーザーになるかも」

調査によると、18歳から34歳までの年齢層で、中産階級の所得がある層にアピールしそうだということも分かりました。また、子供のいない家庭や、自家用車を持っていない層などにもアピールするかもしれないとのことです。

調査を担当したジョアンナ・ズムド氏は「iPhone10の販売初日に店に並んで買う人は、自動運転車の最初のユーザーになるかも。同様に、交通ネットワーク企業のTNCを良く利用している人は、定期的に自動運転車を使う最初の人になるだろう」としています。

同研究所によると、配車アプリの活用として自動運転車を使うつもりだと答えた人が半数に登っています。また、自動車のシェアリングサービスとして自動運転車を使う意思のある人は40%だったそうです。

まとめ:実用化当初はコスト高で、自家用車として購入する人は少ないかも?

なお、興味深いのは、こうした自動運転車を自家用車として購入したいと考えている人が、案外少ないこと。全体の3割しかいなかったからです。運転手がいない車両を安全運転させる必要なセンサーが、車自体のコストを高くしてしまう可能性があるからのようです。一方、車両の維持管理が可能な企業にとって、こうした費用は問題にならないだろうと、研究では触れています。

また、 初期の実用化段階では、利用地域が制限されるだろうから、購入の可能性が低くなるだろうとされています。それやこれやで、本格的な普及は、数年かかるだろうとズムド氏は予測しています。

「自動運転テクノロジーの商業化は、厳密な調査と試験を重ねた上で、需要とバランスを取りながら完全に満足出来るものとしなければならない。公道で商業車として走る前に、極限まで安全にしておかねば」(ズムド氏)。当然ですね。

なお、Lyftではボストンとラスベガスで、自社の配車アプリによる自動運転車の呼び出し走行実験を行っています。数段階の実験だそうですが、第一段階では料金無料。必要なら、訓練を受けた人が人力で運転する場合があるとのことです。

スポンサー付きの研究ですので、若干は割り引くべき要素があるのかもしれませんが、興味深いデータですね。なお、Lyftではアメリカのバイクシェアリング企業のMotivate社の買収計画を練っているそうです(新興ITニュースサイトの『ジ・インフォメーション』2018年6月1日付けの記事による)。流石にこちらは無人運転は出来ないでしょうけど、都市交通での主役になろうと様々な策を打ち出そうとしているのが分かります。今後が注目されます。

出典:
https://www.theday.com/auto-sponsored/20180630/ride-hailers-may-help-to-shape-self-driving-car-adoption-research-suggests

https://www.theinformation.com/articles/lyft-nears-acquisition-of-motivate-u-s-bike-share-leader?jwt=eyJhbGciOiJIUzI1NiJ9.eyJzdWIiOiJwYXRzaXNzb25AZ21haWwuY29tIiwiZXhwIjoxNTU5NDI3NzQ3LCJuIjoiR3Vlc3QiLCJzY29wZSI6WyJzaGFyZSJdfQ.aqVjbk8dlrSvewiFn_4r2YoGXofufTV19VAxbsmzYfw&unlock=9a681315bb7c6c87
7 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

takosaburou373 takosaburou373