2019年9月26日 更新

米トヨタ カムリからスパルタンなデザインの新TRD仕様が登場!

米トヨタは、新TRDパーツを満載にしたTRDカムリを発表しました。同モデルは、複数の試験場でパーツの有効性や効果などを検証して開発されているとのことです。同モデルの特徴等をご紹介します。

米トヨタ カムリからスパルタンなデザインの新TRD仕様が登場!

米トヨタ カムリ 新TRD仕様のエクステリア等

フロントビュー・全体デザイン等

エクステリアでは、印象的なエアロエレメントに、新世代のカムリのエッジの効いたデザインとTRDによって修正されたシャーシを積極的なスタンスに昇華しています。フロントスプリッター、サイドエアロスカート、トランクリッドスポイラー、リアディフューザーを含む空力ボディキットでは、大胆なスタイリング要素をかもし出し、ドライバーの信頼性を高めるために高速走行の安定性も向上させます。

赤いピンストライプ、赤く塗装されたブレーキキャリパー、赤いTRDバッジを追加したことで、通常のセダンモデルが、公道に飢えたエクステリアに変身していますね。

TRDカムリは、トヨタと同義であるすべての品質、信頼性、信頼性も担保しています。同モデルには、これらの衝突前ブレーキ装備の中でも、もっとも先進的なドライバーアシストテクノロジーの1つであるToyota Safety Sense-Pが標準装備されています。

TRDのエアロボディ機能に加えて、TRDカムリは、スポーツメッシュインサートとブラックの外装バッジが付属した、独特の光沢のあるブラックフロントグリルを装着しています。

エクステリアカラーには、スーパーソニックレッド、ウィンドチルパール、セレスティアルシルバーメタリック(3色とも2トーン)、ミッドナイトブラックメタリックがあります。キャットバックエキゾーストの磨かれたステンレス鋼TRDエキゾーストマフラーは、エクステリアのハイライトとなりそうですね。
https://www.netcarshow.com (66364)

via https://www.netcarshow.com

サイドビュー等

TRDのよってアップデートされたエクステリアは、ブラックという引き締まったカラーによって、モデル全体をシャキッとシャープに仕上げていますね。このブラックは、2トーンルーフによってより洗練された印象となっています。

カムリという一見普通のセダンモデルが、TRDによって手を加えられたことで、引き締まったディテールにアップデートされ、ドライバーが走りに対して高揚できるような車に仕上がっています。
https://www.netcarshow.com (66365)

via https://www.netcarshow.com

リアビュー等

リアでの最大のポイントは、両サイドに展開されたマフラーテールエンドです。さらにリアウィングは、センターにくぼみを持たせた特徴的なデザインですね。両方のパーツが、同モデルに幅広感と低フォルム感の両方を与えています。
https://www.netcarshow.com (66366)

via https://www.netcarshow.com

米トヨタ カムリ 新TRD仕様の足回り等

トヨタTRDカムリは、マットブラックの19インチ8.5J合金ホイールが装着されています。XSEグレードの19x8.0インチ合金ホイールよりも、0.5インチ幅が広く、単体で3.1ポンド軽量です。標準のブリヂストンポテンザ235/40R19サマータイヤと組み合わせて、バネ下質量を軽減し、横方向のグリップを高め、ターンイン応答も早めます。

カムリのシャシーは、剛性の高いコイルスプリングとフロント/リアスウェイバーによってさらに強化され、フロントで44%、リアで67%のロール剛性を向上させています。スプリングの変更をさらに高めるために、TRDショックアブソーバーセットが開発され、路上での乗り心地を維持しながら、車両の垂直方向とロールの動きを制御してくれます。

より厚くなったアンダーボディブレースはねじれ剛性を高め、コイルスプリングは重心を減らすために車両を0.6インチ下げます。特別に調整されたショックアブソーバーと19インチ(8.5J)のマットブラックアロイホイールが、ボディコントロール、ハンドリングの俊敏性、ステアリングの精度を向上させるサスペンションを完成させます。

フロントブレーキは、XSEグレードで装備されている12.0インチのローターとシングルピストンキャリパーと比較して、直径12.9インチのローターとデュアルピストンキャリパーが装備され、大きく容量アップされています。ブレーキ性能もチューニングされ、より直接的なフィードバックになり、車両をスポーティ走行に適した仕様にアップデートしています。
https://www.netcarshow.com (66367)

via https://www.netcarshow.com

米トヨタ カムリ 新TRD仕様の内装等

内装では、トヨタTRDカムリのドライバーは赤に染まった仕様に心躍るでしょう、トリムや内装装飾では、赤をモチーフにしたステッチ等がふんだんに使用されています。キャビンは、ファブリックインサート、赤のアクセント、赤ステッチのTRD刺繍ヘッドレストを備えたBlack SportSofTex®でトリミングされたフロントシートが採用されています。

レザーハンドルにも赤いステッチがあり、シートベルトも赤色です。エンボス加工されたTRDロゴの付いたシフトノブ、独自のTRDフロアマット、トランクマット、およびTRD MIDの視覚的な起動によりキャビンが構成され、レッドマインド満載ですね。

スポーツモードとパドルシフターを備えた、トヨタの有名な301馬力DOHC 3500㏄V6エンジンと8ATを搭載しています。V6は、特別にチューニングされたキャットバックデュアルエキゾーストによって排気容量がアップされ、同モデルに、よりスローなアイドル音と加速音を奏でます。
https://www.netcarshow.com (66368)

via https://www.netcarshow.com

まとめ

TRDエンジニアは、トヨタアリゾナ試験場・TMC東フイジ試験場(日本)・MotorSport Ranch(テキサス州)の3試験場にて、広範囲なテストを行い、同モデルを開発しています。この新TRDモデルが、現時点で日本に導入されるかは、まだ未定ですが、現行のTRDカムリ用TRDパーツの設定が行われていますので、日本登場も期待できるのではないでしょうか。

日本のTRDカムリ用パーツ等

 (66400)

20 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me