2018年7月30日 更新

アウディ「RS7」新型、ロールケージ備えニュルで過激テストを開始!ポルシェ技術で初の電動化へ

アウディ「RS7」新型の最新情報をお届けします。

アウディ「RS7」新型、ロールケージ備えニュルで過激テストを開始!ポルシェ技術で初の電動化へ

最新情報!

アウディのラグジュアリー・サルーン、「A7」に設定されるハイパフォーマンスモデル、「RS7」がニュルで高速テストを開始しました。キャビンには、ロールケージをそなえ、本気の高速テストを開始したようです。
 (37911)

昨年テストミュールを目撃していましたが、ついに市販型ボディ「RS7」新型が姿を現しました。三角に偽装された大口コーナーエアインテークには、ブラック・ハニカムメッシュを備えるほか、フェンダーエクステンション、20〜21インチホイール、楕円形ツインエキゾーストパイプも確認出来る市販型プロトタイプです。

最大の注目はそのパワートレインです。ベントレー「コンチネンタルGT」新型にも搭載が予想される、4リットルV型8気筒を搭載します。

現行モデルの最高出力は、560psです。その上の「パフォーマンス・パッケージ」でも605psですが、新型では650psへ向上すると見られています。

8速スピードSトロニックATと組み合わされ、AWDクワトロは標準装備されるでしょう。

さらに、ポルシェ「パナメーラターボS-Eハイブリッド」から流用される、「RS」初のPHEVモデルでは、リチウムイオンバッテリーと電動モーターによる150psと、内燃機関の550psにより、最高出力は700psを超えると予想されています

サイド

 (37915)

リア

 (37917)

今後情報

ワールドプレミアは、2018年内に行われる可能性が高いと言われています。
10 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部