2019年3月4日 更新

メルセデスベンツが、SLCファイナルエディションを販売開始!

メルセデスベンツは、現行SLCモデルのファイナルバージョンを販売開始しました。SLC180、SLC200、SLC300、そしてAMG SLC43でのラインアップです。このモデルをご紹介していきます。

メルセデスベンツが、SLCファイナルエディションを販売開始!

ベンツSLCファイナルエディションの概要等

メルセデスベンツは、現行メルセデスベンツSLC(Mercedes-Benz.SLC)の最終モデルとして、ファイナルエディションの販売を欧州で発表しました。

SLCは、メルセデスベンツの中で小型オープンスポーツカーというモデルに当たります。同モデルは、先代となるSLKの後継モデルとして登場しています。車名のSLCは、Cクラス車格にSL(メルセデスベンツの最上級ロードスター)を組み合わせて名づけられています。

https://www.netcarshow.com/ (56668)

via https://www.netcarshow.com/

ベンツSLCファイナルエディションのエクステリア等

エクステリアでの最大ポイントは、「サンイエロー」を落とし込んだボディーカラーです。鮮やかなこのカラーは、初代SLKのエクステリアカラーである「イエローストーン」をオマージュしたものとなっています。

今回のファイナルエディションには、SLC180、SLC200、SLC300と最上級グレードとなるAMG SLC43の4グレードが展開される予定ですね。

SLC180、SLC200、SLC300のモデルには、2種類のエクステリアバージョンが設定されています。エクステリアにブラック・オプシディアンブラック・グレーをチョイスした場合は、AMGスタイリングフロントバンパーにシルバークロームのトリムストリップ仕様となります。

サンイエロー、ポーラーホワイト、ダイヤモンドホワイトを選択した場合は、トリムストリップ下部が、黒く仕上げられています。ドアハンドル、ミラー、リアブレースは、明るいエクステリア色に生える様に、対極となる光沢度の高いブラック仕上げとなっています。

両カラー構成での共通項目は、クロムメッキ加工のファイナルエディションのバッジが、インストールされている点です。


https://www.netcarshow.com/ (56119)

via https://www.netcarshow.com/
最高グレードモデルとなるAMG SLC43は?
サンイエローを落とし込み、光沢のあるブラックでパーツを整えたパフォーマンスロードスターに仕上げています。

特別仕様として、フロントスプリッター、エアインテークとウィングフィン、グリルセンターに鎮座する専用スターベース、リアフェイシアトリム、サイドミラーキャップ、そしてドアハンドルが採用されています。
https://www.netcarshow.com/ (56120)

via https://www.netcarshow.com/
今回のファイナルエディションモデルは、AMGをベースにしていることから、AMGスタイリングバンパーを装着しています。さらに前後のサスペンションは、スポーツサスペンションで、ブレーキもドリルドローターに大型ブレーキキャリパーが採用されています。
https://www.netcarshow.com/ (56123)

via https://www.netcarshow.com/
ホイールは、18インチ5スポークAMG軽合金製です。フロントに235/40R18、リアに255/35R18のタイヤを装着しています(グレードにより違い有り)。
https://www.netcarshow.com/ (56121)

via https://www.netcarshow.com/

ベンツSLCファイナルエディションの内装等

オートマチックトランスミッションのセレクターレバーは、カーボンレザーで覆われています。シルバーSLCレタリングも刻印されています。インストルメントパネルとセンターコンソールのトリムは、明るいアルミニウム仕上げです。

スポーツステアリングホイールは、グリップ部分に滑らかなナッパレザーを使用し、上下にはカーボンレザーを組み合わせて仕上げています。

内装の特別装備では、ロゴが刺繍されたブラックフロアマットに、AIRSCARFネックウォーマー、シートヒーターなどが搭載されています。
https://www.netcarshow.com/ (56124)

via https://www.netcarshow.com/
AMG SLC43の内装は?
上部と下部にカーボンエンボス加工のレザーを使用し、グリップ部にナッパレザーを採用したAMG Performanceステアリングホイールが特徴的です。AIRSCARFネックウォーマー、シートヒーターに、ステアリングコラム設定用のメモリーパッケージなどの快適装備が施されています。
https://www.netcarshow.com/ (56125)

via https://www.netcarshow.com/

ベンツSLCファイナルエディションのパワートレイン等

SLC180のパワートレイン
直噴1600㏄直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載しています。最大出力は156hpです。最高速度は、226km/hとなっています。

SLC200とSLC300のパワートレイン
直噴2000㏄直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載しています。SLC200は、最大出力184hpです。最高速度は、240km/hとなっています。一方SLC300は、最大出力245hpで、最高速度は250km/h(リミッター作動)の性能です。

AMG SLC43は、直噴3000㏄V型6気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載しています。最大出力390hpです。最高速度は、250km/h(リミッター作動)となっています。
 (56671)

まとめ

現行型SLCの販売開始は、2016年となっています。最終SLKモデルのビッグマイナーチェンジ版として販売され、ネーミングもその際にSLCに変更されました。と言うことは、実際にはモデルスパンの長い車両であると言えるのではないでしょうか?

現行型SLCは、このファイナルエディションをもって最終モデルとなりそうです。注文受付も開始されています。日本円で約530万円からのスタートとなっています。日本でサンイエローSLCが、走り始めるのが楽しみですね!
22 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me