2019年8月12日 更新

パガーニ Huayra Roadster BCが公開、ハイパーカーの戦闘能力は如何に?

パガーニ・アウトモビリから、新型となるHuayra Roadster BCが発表されました。V12エンジンの最高出力は、800psとのことです。このハイパーカーのエクステリアや内装、パワートレインをご紹介します。

パガーニ Huayra Roadster BCが公開、ハイパーカーの戦闘能力は如何に?

パガーニ Huayra Roadster BCのエクステリア等

パガーニ Huayra Roadster BCのエクステリアには、空力特性やエクステリアディテールなどに、先進の複合材料が組み合わされて製作されています。またユーザーには、本物の感情を呼び覚ませるように設計されています。

洗練された時計細工の様に、パガーニHuayra Roadster BCでのコンポーネントには、パガーニ・アウトモビリ究極の設計、技術、エンジニアリングの専門知識が、1,250 kgの車両重量に集約されています。“BC”の名は、ベニー・ケイオラという、幾年もの間オラチオ・パガーニに多大な影響を与えてきた人物のイニシャルです。

満足感があり、滑らかな運転特性を犠牲にすることなく、極端なパフォーマンスを発揮できるようにディテールされていますね。軽さと安全性、デザインと優雅さと融合することこそが最大のポイントになっています。完璧さと独自性を求めることで、手作業の技能や職人の技能を通して成し遂げられています。
https://www.netcarshow.com/ (64600)

via https://www.netcarshow.com/
パガーニ Huayra Roadster BCは、ドライバーが最高の状態で運転することを可能にする地上高にしながら、280km/hで500kgのダウンフォースで、空力荷重を生み出すように設計されています、公道やサーキットでその力を発揮できるようにディテールされていますね。

公道やサーキットでの最高の走行を可能にする為に、チームはすべての運転条件下で、内部のエアフローシステムと外部の空気力学的を最適化し、さらに洗練されたシルエットを作り出しています。

フロントは、パガーニ V12エンジンに必要な熱交換を完璧に行う事と、効果的なダウンフォースを発生させるように設計され、リアでは、空気抽出を目的にし、車両の圧力中心を一定に保持するようにディテールされています。
https://www.netcarshow.com/ (64601)

via https://www.netcarshow.com/
ブレンボとパガーニは、常に安全性、技術、性能、軽量設計などを、共同開発していくことでお互いを信頼し、切磋琢磨してる関係です。パガーニ Huayra Roadster BCは、フロントには、Brembo4ベンチレーテッドCCMディスクブレーキユニットに6ピストンモノリシックキャリパーを搭載し、リアは、4ピストンモノリシックキャリパーを採用しています。

ホイールには、APPと一緒に開発されたホイールで、リムは鍛造されたアビオナル合金仕様です。軽量の手仕上げ14スポークデザインで、一目でパガーニ Huayra Roadster BCのキャラクターと優雅さを表現するデザインとなっています。ロードスターBCに合わせて作られたピレリPZero Trofeo Rタイヤは、ピレリとパガーニが過去10年間共有してきた緊密な協力関係のもと製作されています。

https://www.netcarshow.com/ (64603)

via https://www.netcarshow.com/

パガーニ Huayra Roadster BCの内装等

パガーニ Huayra Roadster BCのキャビンは、先進機能と現在機能を備えたモータースポーツやグランツーリスモの要素を組み合わせた官能的なディテールになっています。上品なスタイルは、カーボウッドと細かいエンボス加工された革質感の材料に、レーシングスタイル、4点式シートベルト、9チャンネルオーディオシステムのような洗練されたアクセサリーなどで仕上げられていますね。
https://www.netcarshow.com/ (64602)

via https://www.netcarshow.com/

パガーニ Huayra Roadster BCのパワートレイン等

①エンジンは、パガーニ V12 36バルブ5,980ccツインターボチャージャーエンジン搭載です。
Mercedes AMGによる同社用に特別に開発されたユニットになっています。
②最高出力は、5,900RPMで590kW(800ps)を発生。
③トルクは、2,000から5,600RPMまで1,050Nmです。
④駆動方式は、後輪駆動です。
⑤トランスミッションは、電気機械式差動を備えたXtrac7スピードトランスバーサルAMT
⑥ブレーキ Brembo4ベンチレーテッドCCMディスクブレーキユニットに6ピストンモノリシックキャリパー付、リアは、4ピストンモノリシックキャリパーです。
⑦ホイール APP鍛造モノリシックアルミニウム合金仕様で、フロント20インチ、リア21インチです。
⑧タイヤ Pirelli P Zero Trofeo R、フロント265/30R20、リア355/25R21を装着。
⑨サスペンション コイルばねと電子制御ショックアブソーバーを備えた鍛造アルミ合金独立二重ウィッシュボーンサスペンションを装備しています。
⑩乾燥重量 1,250キロ

エンジンは、メルセデス・ベンツのノウハウ、伝統、125年以上の技術、さらにパガーニ V12を生み出すための同社とメルセデスの20年間の密接な協力関係によって設計されています。ドライバーを席に密着させるほどのレベルのパワーと弾力性を誇る、まったく新しいエンジンとなっています。

トルクは、2,000rpmで、1,050Nmとなり、このカテゴリーで最も優れた重量出力比です。パガーニ V12は、2つの新しいターボ、革新的なハイドロフォームマニホールド、2つのスロットルボディ、インタークーラーを含むシステムで、技術革新させた仕様にアップデートしています。最大限に活用するためにボッシュが設計した洗練された電子システムによって稼動します。
https://www.netcarshow.com/ (64604)

via https://www.netcarshow.com/

パガーニの日本での販売店など

パガーニ東京(株式会社エフジェイ)は、2018年1月14日に東京都千代田区にパガーニの正規ディーラー販売店として、「パガーニ・東京ショールーム」をグランドオープンさせました。東京ショールームは、パガーニのCIに準じ、モデナの街並みを再現しています。またオリジナルグッズの展示もしているようです。

パガーニモデルを日本でも購入することが、昨年から可能になりました。新モデルのHuayra Roadster BCも東京ショールームで購入できることになりそうですね。

場所
〒100-6190
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワーアネックス棟 1F
Tel. 03-5511-1888
Fax.03-5511-7723
info@pagani.jp
 (64605)

まとめ

イタリアに本拠地をおくパガーニ・アウトモビリから、パガーニ Huayra Roadster BCが公開されました。日本でも2018年から東京でショールームが置かれ、パガーニモデルを購入できるようになりました。同スーパーカーが、街中を走るのが楽しみですね。
18 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me