2018年10月11日 更新

フォルクスワーゲンで1番小さな車「up!」どんな車??

「up!」フォルクスワーゲン中で軽自動車より大きく、日本車の1ℓコンパクトクラスよりやや小さいです。この車は低価格での販売重視して作られているため、パワーウインドはフロントのみであったり、ドアミラーは手動格納式であったりと、現代の先進技術が取り入れた車を全体的に比較すると機能の面では利便性にかけるところがあるかとは思います。しかし、フォルクスワーゲンの安全性やコンパクトなスタイルでの小回りの効く走りに優れています。廉価なモデルとしても、とても満足のいく機能性や走行性能を持っていると言えます。

フォルクスワーゲンで1番小さな車「up!」どんな車??

「up!」という車が作られた目的とは??その歴史など

up! | ハッチバック | フォルクスワーゲン公式 (46428)

「up!」はドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲンが製造・販売するAセグメントのハッチバック型乗用車です。製造国はスロバギアというヨーロッパの国です。

位置づけはフォルクスワーゲン・フォックスの後継モデルとなりますが、日本を含めて導入されていない国ではフォルクスワーゲン・ルポの後継モデルとなっています。

ボディの高剛性や軽量化の両立させる技術を採用し、使いやすく安全な車となりました。

そして、廉価な価格とは思えない程の高い質感と、4人でも乗れる室内スペースを確保した上で、1万ユーロという金額から購入できることを目指して開発されたとのことです。

中古車を購入できるサイトのカーセンサーネットなとでは、高くても150万円くらいで購入ができます。

「up!」のスペックに楽しい走行性能など

up! | ハッチバック | フォルクスワーゲン公式 (46431)

「小さいけど、しっかりとしたフォルクスワーゲン」と呼ばれる「up!」は、車両重量が1トンを切っていて、1.0リットルのエンジンを採用しています。そして、その軽さと小さな車体とは思えない程の加速で快適なドライビングを実現させているのです。

また、「クルーズコントロール」により、アクセルを踏まなくても一定の速度を維持し、ドライバーの疲労を軽減します。高速道路などで活躍し、ストレスを軽減した快適な走行をすることをサポートする機能と言えます。
また、22.0km/Lを実現しています。

新感覚 まるでATのように使いやすい「MT」モード

up! | ハッチバック | フォルクスワーゲン公式 (46433)

シフトノブを左へ動かし、下へと下げることで「M」モードに切り替わり、クラッチペダルは踏まなくてもMT車のコツを掴めるような走行ができます。

おそらく「M」モードに設定をしてからシフトノブを上下に動かすことでクラッチの段階を上げ下げすることになるのだと思います。よって、MT車に乗っているような感覚をしっかりと得られることであると思います。

フォルクスワーゲンの基本的な安全性

up! | ハッチバック | フォルクスワーゲン公式 (46437)

車が安定して走っている時に事故は起こりにくく、不安定な状態になった時に事故の確率は高まるそうです。基本予防安全性能により、どのモデルでも安全性に長けているので、大勢の方が安心して運転を楽しむことができます。

フォルクスワーゲンの車には、危機回避のテクノロジーとして、全モデルにESC(エレクトロニック・スタビリゼーション・コントロール)を標準装備しています。

ESCはセンサーにより車両の不安定な挙動を感知すると、多くの電子制御機能をコントロールしてブレーキやエンジン出力を統合制御するシステムになっています。

更に、ドライバーのブレーキをしっかり踏めていない場合でも、その足りない分の踏み込み量を援助してくれるシステムになっています。
up! | ハッチバック | フォルクスワーゲン公式 (46440)

そして、冬シーズンで活躍すると思われる、ABS(アンチロック・ブレーキング・システム)EBD(電子制御式ブレーキ圧配分システム)も搭載されていることから、滑りやすい路面などで急ブレーキをかけた場合でも、タイヤをロックしないように前後輪の制動力を適切に配分し、タイヤのグリップ力を失うことなくスリップを防ぐことが可能となっています。

よって、雪道などや凍結した路面の滑りやすい状態でも安定した走行をすることができるのです。
up! | ハッチバック | フォルクスワーゲン公式 (46442)

また、「up!」には「シティーエマージェンシーブレーキ」という安全機能が付いていて、安全面の現状で考えると、「よそ見」「視界不良」などによる事故が多いと感じているので、このような技術はこれから必須の安全機能となってくると思われます。

特に夜間での追突事故や、視界不良による事故は多いと聞いているので、安全性の強化に越したことはないと感じます。

まとめ

「up!」は、小さな車体と廉価な価格に納得のいく性能であり、しっかりとしたパフォーマンスを怠らない技術は多くの方が納得する車であると思います。

また、MT車としての感覚を味わうことができることから、使い勝手の良い丁度良い楽しい車として、お気に入りの一台となりそうです。完璧ではない性能や利便性が逆に可愛いと感じる使い勝手の良い車とも言えるでしょう。

小さい車に乗りたいと考えている方や軽自動車に乗りたいと考えている方に、この「up!」という車を知っていただきたいと思っています。

そして、輸入車には乗りにくいというイメージを払拭する一台となるのが「up!」であってほしいです。
18 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

tatsuyantyan tatsuyantyan